聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

前回からの続きです!

皆さんこんにちは!
そこにレベルがある限り、力の限りレベル上げを続ける伊達あずさです。
前回、調子に乗ってゲシュタルト崩壊する勢いでレベル上げを行ったため、早くもレベルがカンストしてしまいました。
つまり、後はもうクリアまっしぐらってことです!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
パスワードを入力してゲーム再開!
む・・・240まで回復させたはずのダメージが130まで落ち込んでますね。このゲームのパスワードって本当に再現率が悪いですね。文字数多いくせに・・・

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
とりあえずは前回と同様の方法でダメージを240まで回復させます。
さ~今までは逃げるだけだった公園前の敵といよいよ本気で戦いますよ~~

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
ゲーム上では何ら説明がありませんが、彼はギャラクシアンウォーズの会場から黄金聖衣を盗んだ鳳凰星座(フェニックス)の一輝の手下である暗黒聖闘士の1人なのです。確か。
そして、暗黒聖闘士達は黄金聖衣をバラバラにしてそれぞれ持ち去っていったという話だったはずなのですよねぇ・・・

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
レベル上げのおかげもあって、ペガサス彗星拳一撃でした。やっと必殺技らしくなってきましたね!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
彼を倒すことで手に入れた部位は・・・アームとレッグ!結構沢山持ってましたね。原作では右腕、左腕、右足、左足は全部バラバラだったんですけどね。(確か星矢、紫龍、氷河、瞬がそれぞれ奪還したはず・・・)

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
城戸邸に戻ると沙織から一輝が残りの黄金聖衣を持っていることを知らされます。
そして、一輝は富士の風穴にいるとのことです。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
沙織から一輝の居場所を聞いたことで、メニュー画面の移動から行ける場所が一新されていました。
富士の風穴は今聞いたから良いとしても、五老峰とムーの館については何の情報もなかったのに・・・(それと原作ではムウの館だったような)

え~と・・・確か、ギャラクシアンウォーズで破損したペガサスとドラゴンの聖衣を修理するために、五老峰にいる老師(紫龍の師匠)からムウに関する話を聞き、ムウの館へ向かうと言う流れだったような気がします。

原作通りに進むとするならば、五老峰→ムウの館→富士の風穴という順番で進んだ方が良さそうですね。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
そんなわけで、五老峰にやってきました。滝の下に降りろってことかな?

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
下に降りると洞窟らしきものがありました。そして、その洞窟の中はめちゃめちゃアクションゲームです!それにBGMからして、老師から話を聞くだけでは済まなそうな雰囲気が漂っています。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
・・・奥まで進んでみるも誰もおらず。外したか・・・
原作でも紫龍は何かと五老峰に帰るので、この五老峰はムウの館へ向かう前の五老峰ではなかったのかも。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
というわけで、次はムウの館へ移動しました。
移動するなりスケルトンっぽい感じの何かが話しかけてきました。そういえば原作でもムウの館までの道は亡霊達が守っているという設定でしたね。
確か老師はムウの館へ向かおうとしていた紫龍に対して、「何があっても一直線に進め」とか何とか言っていたような気がします。まあ、このゲームの性質上、左右に避けてしまうことは心配しなくても良さそうですけど!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
足元が穴だらけの上、亡霊達が空を飛び絶え間なく襲い掛かってきますが、攻撃を受けたとしてもノックバックが発生したりはしないため、敵の事はあまり考えず、移動に集中した方が良さそうです。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
心もとない足場を乗り越えて先に進むと・・・岩が宙に浮いている!
いや、今更そんなことで驚いたりはしませんが・・・確かこれはムウの弟子の貴鬼によるテレキネシスだったはずです。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
ゲーム的には何の意味もありませんが、恐らく原作の演出を忠実に再現しようとしたのでしょう!そんなわけでお目当てのムウ登場です!
いや、勢い余って、お目当てのとか言ってしまいましたけど、原作のように星矢の聖衣が壊れているわけではないので、何のために来たのか自分でもいまいちよく分かってないのですけどね。

でもって、ムウは原作通り聖衣の修復には貴方の命が必要だと言ってきます。本当であればムウに聖衣の修復を依頼するのは紫龍の役目だったんですけどね・・・
そして、ムウの問いかけにはいはい答えていると何故かダメージが240まで回復しました。「命が必要だけどいいか?」っていう問いかけに「はい」と答えたはずなのに何でこんな結果になるのか全くよく分かりませんが・・・別に悪い事ではないので細かいことは良しとしましょう。
結局、五老峰にもムウの館にも特に用は無かったみたいですね・・・

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
仕方ないので、当初の目的通り富士の風穴にやってきました。五老峰にあった洞窟にそっくりですね。
洞窟内に出現した雑魚敵を倒すと「ブラックフォーに勝たぬ限り、一輝様の下へは行けぬ・・・」と言われます。
ブラックフォー・・・多分ペガサス、ドラゴン、キグナス、アンドロメダの暗黒聖闘士のことですね。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
最初の穴の先には暗黒聖闘士らしき人が居るのですが、この暗黒聖闘士は公園の前に居た暗黒聖闘士と見た目が変わりません。これはブラックフォーではないのかも。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
そして、やることも一緒!

さてさて・・・富士の風穴の構造があまりにも複雑な上、ブラックフォーと言えど、最強まで育て上げられた私の星矢の前ではペガサス彗星拳1発で沈んでしまうため、ブラックフォーの討伐はダイジェストでご紹介しちゃいます!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
まずはドラゴンの暗黒聖闘士です。
富士の風穴の入り口から、右に進む → 最初の穴に入る → 右に進む → 2番目の穴に入る → 左に進むで到着します。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
次にキグナスの暗黒聖闘士です。
ドラゴンの暗黒聖闘士が居た場所から、右に進む → 穴を出てから左に進む → 最初の穴に入る → 右に進む(行く手を阻む柱は壊せる)で到着します。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
次はアンドロメダの暗黒聖闘士です。
キグナスの暗黒聖闘士が居た場所から、左に進む → 2番目の穴に入る → 右に進む(途中、髑髏マークの穴を飛び越え、行き止まりに見える柱を壊して進む)で到着します。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
髑髏マークの下に隠されている穴は、上に見える鍾乳洞の先から髑髏マークの間3マス程度分の広さがあります。
聖衣を装着すると移動速度やジャンプ力が上がるので、装着した状態でジャンプするとより安全ですね。ちなみに落ちた先は上に上がるまで継続ダメージを受け続ける変なゾーンに繋がっていました。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
そして最後、ペガサスの暗黒聖闘士は、メニュー画面から移動で一度富士の風穴の入り口まで戻り・・・
右に進む → 3番目の穴に入る → 左に進む(途中、髑髏マークの穴を飛び越える)で到着します!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
そして、この事件の首謀者である一輝はペガサスの暗黒聖闘士が居た場所から、右に進み、穴を抜けた後もひたすら右へ進み続けた先に居ます!(途中髑髏マークの落とし穴があります)
しかしまあ、随分と面倒臭いことをしてくれましたね!っていうか、原作でもそうなんですけど、いまいち何のために黄金聖衣を盗んだのか良くわかんないんですよね。城戸光政(沙織の養父)への復讐と言う意味であれば、沙織を狙った方が良かったんでは・・・
まあ、一輝は自分の中に流れている光政の血を嫌って自身の消滅を願っていたらしい(瞬の言)ですから、聖闘士同士のトラブルさえ起こせれば内容は何でも良かったのかもしれませんけどね・・・(でも、素直にギャラクシアンウォーズに出場して戦うのは嫌だったんでしょう)

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
というわけで、開幕早々ペガサス彗星拳ど~ん!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
勝利!!

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
一輝を倒し、黄金聖衣のパーツを全て集めたことで城戸邸に帰れるようになりました。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
城戸邸に居た沙織に黄金聖衣の奪還完了報告をすると、疲れただろうからヨットハウスで休めとのこと・・・帰って休めではなく、わざわざ休む場所を指定してきました。

聖闘士星矢 黄金伝説のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
如何にも行った先のヨットハウスで何か起こりそうですが、とりあえず今日はここまでかな~

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です