ファミリーコンピュータ ~名前で検索:せ

ファミコンソフト一覧へ

名前で検索:す名前で検索:そ

タイトル
ジャンル ファミコン評価サンプル
販売元
発売年
プレイ人数
プレイ日記
コメント

聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲
アクション ファミコン(未評価)
CBS/SONY GROUP
1986年
1人
なし
編集中

星霊狩り
アドベンチャー ファミコン(未評価)
HUDSON SOFT
1989年
1人
なし
編集中

聖鈴伝説リックル(LICKLE)
アクション ファミコン(未評価)
TAITO
1992年
1人
なし
編集中

聖闘士星矢 黄金伝説
アクション 聖闘士星矢 黄金伝説_ファミコン評価
BANDAI
1987年
1人
伊達あずさ
少年ジャンプに掲載していた「聖闘士星矢」を基にしたアクションゲーム。主人公の星矢を操って、原作の冒頭から黄金聖闘士との戦いまでに相当するストーリーを辿って行く。ジャンプやパンチを駆使して戦うアクションゲームらしい「移動モード」、ロールプレイングゲームのようなコマンド入力方式の「シミュレーションモード」という2つのモードで敵を倒していく。星矢は戦闘によって得た経験値を使って、7つある星矢の能力値を自分好みに高めていくことが出来る。パスワード形式でゲームの進捗を保存するが、このパスワードを持ち寄れば、自分が育てた星矢を使った対戦(シミュレーションモード)をおこなうこともできる。

聖闘士星矢 黄金伝説完結編
アクション ファミコン(未評価)
BANDAI
1988年
1人
なし
編集中

赤龍王
アドベンチャー ファミコン(未評価)
SUN SOFT
1989年
1人
伊達あずさ
本宮ひろ志先生の漫画「赤龍王」を原作とするアドベンチャーゲーム。劉邦を主人公とし、秦の滅亡から楚漢戦争の終結までを描いている。非常にシンプルなコマンド式のアドベンチャーゲームで、ストーリーを左右するような選択肢は少なく、誤った選択をした場合にはほぼ即ゲームオーバーとなる。一定間隔で途中再開するためのパスワードが発行され、選択肢の誤りにより、ゲームオーバーとなってしまった場合には、パスワードを用いて再開する必要があり、ちょっと面倒くさい。原作漫画が短命だった影響か、後半に進むにつれ原作の原作「史記」とはかなり異なるオリジナルの展開となっている。

セクロス(SECCROSS)
シューティング ファミコン(未評価)
NIHON BUSSAN
1986年
1-2人
なし
編集中

ゼビウス(XEVIOUS)
シューティング ファミコン(未評価)
NAMCO
1984年
1-2人
なし
ソンバルウ(自機)を操作して超知性体「ガンプ」率いるゼビウス軍と戦う縦スクロール・シューティングゲーム。ソンバルウは地上用攻撃兵器ブラスターと空中用攻撃兵器ザッパーを搭載しており、それらを使い分け敵と戦う。交互プレイで2人まで遊ぶことが出来る。

戦場の狼
アクション ファミコン(未評価)
CAPCOM
1986年
1-2人
なし
編集中

全米!!プロバスケット
スポーツ ファミコン(未評価)
VIC TOKAI
1989年
1-2人
なし
編集中

名前で検索:す名前で検索:そ

ファミコンソフト一覧へ


投稿日:2015年2月18日