ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
何が何でも今回で決着を付けようと心に誓う伊達あずさです。
今回はプレイ日記的には短くなりそうだけど、プレイ時間的には相当長い戦いになることが予想されます。
マッピング作業って凄まじい時間がかかるのですよね・・・たったの絵1枚なのに。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
憂鬱な作業になるだろう・・・そう思いつつ、宿屋で目を覚ました私。
今日は長い一日となりそうです。

とりあえず、ベイグへ戻り、幻の塔攻略でたまりにたまったお金を使って、ボウガンと鉄の盾を購入します。
どうせここが最後の村で、もうこの先お金を使う所もないのでしょうから、魔法の詰め替えなども買えるだけ買っておいた方がいいかもしれませんね。
まあ、最終戦となるであろうvsドラゴン戦ではジャンプが必須みたいだし、最近は通常戦闘時も実在眼鏡とジャンプしか使わないので、弓や魔法の出番が果たしてあるかどうか。まして、爆弾なんて試しに1度使ったきり全く使ってないや・・・
使用回数が0、あるいは装備から外せば、アイテムを選択時にカーソルが止まらないとかいう仕様だったら、余計な物は全て外しちゃうんですけどね。何で意味のない場所にもカーソルが止まっちゃうのやら・・・自分に甘く、他人には厳しい世界ですね、ほんとここは。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
とりあえずこんな感じになりました。遠距離武器が弓からボウガンに切り替わりましたが、矢は同じ物が使えちゃうみたいです。
一応、魔法の使用回数も250まで上げたけど、どうせ使わないだろうなぁ・・・爆弾は買いに行くのが面倒くさかったので増やしませんでした。爆弾しか効かない敵とかでなければいいけどね・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
ベイグの村の先は随分と寒そうな土地に繋がっています。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
幾つかの橋を渡った先には衝撃の光景が・・・何これ・・・沢山の洞窟と、奥に塔が見えるよ・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
当然、洞窟内はこの明るさ・・・うんざり・・・しかも、めちゃくちゃ階段がありますよ。
さてこれ、どうマッピングしたら良いものか・・・

地下迷宮

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6

全ての洞窟を1枚にまとめるとこんな感じになりました。もちろん、それぞれの洞窟の相対位置は適当です。
アルファベット(と、「入」&「出」)が階段を表していて、同じアルファベットが割り振られている階段の先は、洞窟の外で繋がっています。
色は洞窟から出た際の穴の位置を表していて・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
階段を上がった先に4つの入り口があった場合は、右から赤、黄、緑、紫です。3つなら右から赤、黄、緑、2つなら右から赤、黄です。

綺麗にマップを描こうとすると大変な作業になりますが、地下迷宮を抜け、塔へ行くだけなら大した道のりではありません。
赤の入(入り口も実は2つあるのですよね) → 赤のA → 黄のA → 黄のC → 赤のC → 黄のE → 赤のE → 出で抜ける事ができます。
しかもこのルート、結構早い段階で見つかっちゃったんですよね。無理に全部の地図何て描くんじゃ無かったかも。250あったライトのバッテリーを村に戻って、3度ほど完充電し直す羽目になったし・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
完璧な地図さえ作らなければ楽勝だった地下迷宮を抜け、名も知らぬ塔にやってきました。一応、最後の塔って名前にでもしておきます。
何の情報もありませんでしたが、多分、この塔の中にドラゴンと一体化した魔導士レビュアが居るんでしょう。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
あ~もう、連続で地図描くの面倒臭いな・・・でも頑張ろう。これが最後だと信じて。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
魔導士は余程の綺麗好きなのか、この塔の床は殆どつるつるです。鏡面仕上げです。これまでの塔であれこれ試してみたけど、一番うんざりする罠だけ残したってことでしょうか。
しかし、慣れって恐ろしいものですよね。もうこの程度のウザさでは動じなくなりました。こんなの幻の塔の凶悪さには遠く及びません。

最後の塔1F

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
[01:16]:ガーネット
[04:13]:治療薬
[10:04]:回復の薬
[13:19]:回復の薬
[19:10]:治療薬

ヒールの指輪のおかげで、塔内では常時HPが回復しますが、何気に毒を与えてくる敵がまじってるみたいなんですよね。
念のため、アイテム枠いっぱいに毒消しを持って行った方がいいかも・・・

最後の塔2F

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
[01:10]:治療薬
[10:01]:傷薬
[10:22]:エメラルド
[19:10]:傷薬
[22:22]:傷薬

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
これまでの塔ではシュートを地図に表示してなかったのですが、この塔ではシュート使って階を移動しないと戻って来れなくなるルートがあるため、念のために書いておきました。でもまあ、シュートを使って移動しないとボスに辿り着けないというわけではないので、敢えて落ちる必要もないんですけどね。

最後の塔3F

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
[01:01]:治療薬
[04:13]:ガーネット
[10:19]:全快の薬
[13:04]:ルビー
[19:10]:全快の薬
[22:22]:全快の薬

[19:22]の部屋の北に塔外への扉があるのですが、ボスを倒すと開く系のやつです。
何時もはボスの部屋の奥にあるのですが、今回は下にあります。ま~詳しくはボス戦を見てもらえばわかりますよ!

最後の塔4F

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
[22:01]:治療薬
[04:10]:治療薬
[13:19]:250本の矢
[19:13]:エメラルド

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
4階にはドラゴンに乗り移った魔導士が居ます。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
流石にファイナルバトルだけあって、しれっと戦ったりはしません。

魔導士「我が城へようこそ。お前の勇気には敬服した。お前の勇気に敬意を表して、苦しまずにあの世に送ってやろう」

でもたったこれだけ。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
そんなわけで、最後の戦いが始まりました。
ドラゴンとなった魔導士は口から火を吐いて攻撃してきます。ジャンプでかわすついでに攻撃しましょう。早い話がA+Bボタンってことです。
今までのボスと比べると攻撃力が高い分、まあまあボスらしいかも?

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
どういうわけか、やられ方がギャグっぽいです。まあ、セリフもギャグっぽいと言えなくもない・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
どういうわけか、魔導士が石になってしまいました。入ってきた扉も閉まっているので下に落ちるしかありません。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
魔導士を倒したことで、下の階に宝箱が出現しました。宝箱の中身は古の剣。装備できるけど・・・弱い。
ちなみに魔導士を倒す前に下に落ちても、宝箱は出現せず、左から抜けて戻る羽目になります。(1度試した)

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
これまでの塔同様、脱出と共に崩壊しました。さて・・・お城に戻ればいいのかな?

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
ペガサスの羽根を使って、エドへ戻り、そこから徒歩で向かうことに・・・

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
私「王様!魔導士を封じ込めた剣を持ってまいりました」

王様「全てのことが解決した様じゃな。誠にもってめでたい。姫もあずさを好いているようじゃ。末永くここで暮らしてもらえるな?」

私「王様!私は、帰らなければなりません。国の人々が私の帰りを待っているのです・・・・・・」

姫「私もお供します。お父様!あずさ様と一緒に行くことをお許しください!」

王様「そうか、わかった。直ぐに旅立つがよい」

あずさはバタフリーを捕まえた!

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
そんなわけで、国へ戻って、ポケモンマスターを目指すことになりました。

ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
そんな感じで、やっとエンディングです!
しかし、女性だった頃の私って、記憶喪失か何かだったんですかね。
別に魔導士に女にされたからと言って、王子としての役目を放り出して旅の戦士と化す必要も無いと思うんですけどねぇ・・・最初から魔導士を倒して、男に戻るための旅をしていたのだとすれば、最初に王と会った時点で、そういえばよかったのに。むしろなんで、男に戻った途端、ぺらぺらと自分のことを話し出したのか。やっぱり、記憶喪失だったのかもしれませんね。

まあ、いまいち細かく考察する気にもなれないので、「ファリア」これにて終了です!
ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

5 thoughts on “ファリアのプレイ日記10:レトロゲーム(ファミコン)

  1. さらだ伊勢

    大変にお疲れ様でした

    特にワープやループのある塔のマッピングを自力で完成させるって
    すごいバイタリティかと思います

    ゲームの感想としては
    ややロールプレイング色が強いゲームかなと思ったのですが、
    ストーリーが短いというかやっつけ仕事みたいな感じだったのですね

    日記の感想としまては、なんか申し訳ない感じがしました・・・
    が、昔諦めたゲームの仇討ち(?)みたいな感じで楽しめました
    ありがとうございました

    返信
  2. ヒヨドリ

    いつも楽しく拝見させて貰っています。

    ファリアのプレイ、お疲れ様でした。
    小学生の頃、特定の名前で最初から最高レベルでプレイができる裏技を知っていたので、いつかは遊んでみたいと思っていました。
    でも、この日記を見て、それだけでお腹いっぱいになりました…

    今度は、魔神英雄伝ワタル外伝とかジャストブリードとか、見てみたいです。
    RPGじゃなければジーザス恐怖のバイオモンスターとか、子供の頃怖くて挫折したので、見てみたいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください