サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
偶にビスケット(クッキー)が食べたくなる伊達あずさです。
ビスケットとクッキーって本来同じ物なんですよね(呼び方が違うだけで)。日本では一応、切り分けがあるみたいですけど・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
そんな無関係な前置きからアクパーラの世界へGO~♪
何時もの様に街の入り口で目を覚ます私ですが、もうそんなの慣れっこです!
今日は、イクシュの踊り子ターラさんから教えていただいた情報を元に、北の半島にあるというルズを目指してみたいと思います。でも折角北に行くわけですから、北の果てにあるという遊牧民の村シャクンタも観光したいものです。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
本当はハワプールを経由して北へ進むつもりだったのですが、らんまる連れの私は少し気持ちが大きくなっていたようで、イクシュがハワプールの北東にあるわけだから、このまま西に進んじゃったらいいじゃない!とかなり険しい道を強引に突き進んでしまいました。
そして、険しい道を強引に西へ突き進んだ結果、建物らしきものを見つけました。でもこれシャクンタじゃない・・・もしやルズ?
しかし、ここには建物が1つあるだけで、特に何もありません。何でしょうここ・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
唯一ある建物の中も空・・・過去の経験から不吉な予感がしたため、念のため全マス踏破を行う私・・・さすがに考え過ぎだったみたいです。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
流石にこの辺の敵は強い・・・らんまるのHPが怪しくなりつつも、何号店かのはらたまを発見。ちょっと腹ごしらえをすることにします。
はらたまの店員さんもルズのことを調べてくれていたみたいですね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
はらたまから更に西(北西)に進むと遊牧民の村シャクンタを発見!らんまるのHPの回復が追い付いていなかったので、これは本当に助かりました。
とりあえず2食付で3泊ぐらいして、十分に体を休めてからシャクンタ観光に興じる事としましょう!

  • ソーマの実は竜を腑抜けにする木の実
  • ノラ竜が畑を荒らして困っている
  • ソーマの木はシャクンタのずっと北西にある

観光がてら交流した村の人からこんな感じの話を聞きました。
今のところ特に竜を腑抜けにするらしいソーマの実を必要とはしてませんが・・・ここまで言われると取りに行ってみたくなる。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
シャクンタの周りではノラ竜による被害が結構あるみたいですね。確かにこの村の付近って敵強いもん。
むしろ、良くこんなところに住みますよね。っていうか、遊牧民と言う割に定住してません?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
シャクンタには何故か私のことを知っている人が・・・だ、だれ?何で私の名前を知ってるの?しかも何か懐かれてるけど!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
・・・む、娘って誰だ。ターラさんはミーナの村出身のはずだし、他にこの雰囲気の人で知ってる人がいるとするならば、ハワプールで酒場を経営していた双子の人達・・・特にシャクンタ出身とは言ってなかった上、取り上げる程の話もしてなかったので、彼女との出会いを割愛しちゃってましたけど・・・それ以外にこの村の人達みたいな雰囲気の女性に覚えがない・・・

そんな状態なのに私には何の選択肢も無く強制的に泊まらされてしまいました。仕方ないので適当に話をあわせて何とか一晩やり過ごしましたが、特にお金を取(盗)られたりするでもなく、純粋に善意で泊めてくださった手前、非常に心苦しい!!
娘って一体誰の事よ!

薬屋
サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
この村にも薬屋さんだけはあったので、新しい獲物の売却額を調査してみました。

獲物1体当たりの価格
さんばガラス90ルピー
しょうじょう80ルピー
とうてつ80ルピー
ちょんちょん5250ルピー
せんざんこうのウロコ200ルピー

結構新種の敵を倒したような気がしていたのですが、獲物としての数はそう多くありませんでした。
ちょんちょんはこれまでの最高値ですね。とうちゅうかより250ルピー高い!

さて・・・結局シャクンタではルズに関する話は聞けませんでしたね。
まあ、観光目的で寄っただけですし別に良いんですけどね!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
ルズの泉を探して更に北へ進むと怪しげな場所を発見しました。が・・・ここってもしかするとソーマの木?
でも今はまだ実が熟していないようでソーマの実を採ることができませんでした。残念。
しかし、もう大分北まできちゃったんですよね。まさかとは思いますが、北に来過ぎじゃってる??

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
その後も進んだり戻ったりしながらルズの泉を探し求めてさ迷い歩くも、まったくそれらしいものが見つからず、自分が一体どの辺にいるのかわからなくなるぐらい歩き回った果てに、新しい建物を見つけました。
う~ん・・・結局ここって途中で寄ったはらたまの北東ぐらいの位置なのかな?
しかし、見た感じ泉がありそうな雰囲気にはとても見えません。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
建物の中に居た人に話を聞いてみると、どうやらここがルズみたい。
でも、肝心の泉の水は大分前に枯れてしまったみたいです。このお婆さんによると私の他にも女性の竜使いもここを訪れていたとか・・・って、あ!!!!もしかして、シャクンタで私を泊めてくれた人の娘って、雨の草原であった先輩竜使いのこと!?
言われてみれば、竜使いになるためにシャクンタの村を飛び出したって言ってました。私あの人、男性だと思ってたよ・・・女性だったのね。

でもって、この泉の水を最後に浴びたのはアル・シンハの竜だったそうで、そりゃ相当昔に枯れてますね。今やそのアル・シンハ本人が枯れちゃってるぐらいですし。しかし、そういう大事な情報はもっとちゃんと流布して欲しいものです。今までよくこの話が竜使い逹の間に広まらなかったな・・・
ちなみに先輩竜使いのアムリタさんはルズの泉を諦めてイクシュに戻って行ったそうです。

完全な無駄足の挙句、またも旅の目的を失ってしまいました。
特に用はないけど、アムリタさんにでも会いに行ってみようかな・・・当時の私はらんまるを連れていませんでしたし、ちゃんと竜使いになったと報告(自慢)しに行ってもいいかと思って・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
そんなふわっとした動機でイクシュへ向かっていた途中・・・遭遇した敵が紅珊瑚のかんざしを落しました。
こ、これってイクシュにいたターラさんの探し物じゃん!ちゃんとイクシュに向かう理由が出来ましたよこれで!
しかし、まさかモンスターが持っているとは・・・予想外でした。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
偶然手に入れた紅珊瑚のかんざしをターラさんに返してあげるべく、イクシュの酒場までやってきたわけですが、タイミングが悪く不在みたいですね。
アムリタさんもターラさんに会いに来ていたみたいです。そして、アムリタさんは温泉に向かったとのこと。・・・私も行ってみよっと。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
温泉の脱衣所らしき場所でアムリタさんを発見。
アムリタさんによると、ターラさんはハワプールの酒場に行くと言って出て行ったそうです。
え~イクシュの酒場の人に何も告げずに行っちゃったの!?まあ、どうせ私もいずれはハワプールに戻ろうと思っていたから丁度良いけど・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
途中、自分が何処に居るのかわけわからなくなってしまい、結構戻るのに苦労しましたが何とかハワプールに帰還!
あ~疲れた・・・とりあえず宿、宿!!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
宿で疲れを十分に癒した後、双子の姉妹が経営する酒場を訪れると、今度こそターラさんに会うことが出来ました。
彼女はこの紅珊瑚のかんざしが帰ってきたことをとても喜んでいたのですが・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
そこに突然、ターラのひもを名乗る男が乱入・・・私がターラさんにちょっかいを出していると因縁をつけてきたんですが、え、どういうこと?ちょっかいってなに!?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
問答無用で襲い掛かってきました。

「ひとつ、やられたらやり返せ」
「ひとつ、やられる前にやれ」

というわけで、やらせて頂きます。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
一撃死でした。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
確かにメーザー砲で脳天を打ち抜いたと思ったのですが、残念ながら彼は死んでいないようです。
紅珊瑚のかんざしのお礼と私に襲い掛かってきた自分のひものお詫びということで、調理セットを貰いました。
調理セット・・・もしかして、私もらんまるみたいに倒した敵を食べられるようになるとかそういうもの??
そんなわけで、ミッションコンプリートです!

・・・しかし、これでいよいよ本当に目的が無くなっちゃいましたよ?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
外で敵を倒してみると、本当に私も敵を食べる事が出来るようになってました・・・でも、何を食べても私のステータスは伸びないんだろうなぁ。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
とりあえず、過去の教訓を活かして「困ったらはらたまに!」ということで、オリッサ – ハワプール間にある手近なはらたまにやってきました。
すると、はらたまの店員から師匠アル・シンハからの伝言を受け取りました。

「シャクンタに行け!」

何とも分かり易く短い言伝ですね・・・しかも、シャクンタに行く理由とかは一切なし。
まあ、他にやりたいこともありませんし素直に従いますけどね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
はらたまのトイレから1号店に飛ぶとシャクンタには直ぐでした。今まではらたまのトイレを使ったことが無かったけど、これは便利・・・
ちなみにオリッサ – ハワプールのはらたまは4号店でした。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
師匠に言われてやってきたシャクンタにお住まいのアムリタさん一家にちょっとした問題が起こっていました。
何でも、アムリタさんの弟(ですよね?さすがに)がソーマの実を採ろうと、怪物が蠢くソーマの木に1人で行ってしまい、帰ってこないらしいのです。
う~む。居なくなってからまだそう長い時間は経っていないみたいなのに、何故師匠はこのことをご存じだったのか・・・っていうか、自分で助ければいいのに。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
同業者(アムリタさん)に貸しを作っておくのも悪くはないかな、ということで、ソーマの木に向かう私達。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
アムリタさんの弟さん(だよね?)はちゃんと生きてました。しかし、しっかりソーマの実は全て摘み取られてしまってます。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
そんな私達の再開を遮るようにモンスターが出現。アムリタさんの弟(であってるよね?)さんは一人逃げ去ってしまいました。
大丈夫なの?一緒に帰った方が安全だったと思うんだけどなぁ・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
敵を倒して私も彼の後を追います。ちゃんと村まで帰れてると良いけど・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
彼は無事に村まで帰ってこれたみたいです。しかし、ソーマの木で助けてあげた出来事が無かったかのような振る舞い・・・(助けてあげる前と後でなんらセリフが変わってない)

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
御両親の方はそんなことありませんでした。
でもって、アムリタさん・・・今度はアケルナル(何処??)に向かったんですね。これって、私も行った方が良い感じ?場所わからないけど・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
ともあれ、今夜は泊まっていきなさいと、アムリタさんの御両親から勧められたので、今日はここで休ませてもらうことにします。
しかし、竜使いになってからというもの、私の旅って物凄く消極的な感じになっちゃってるのですよね。自分の目標が無いと言うか・・・
こんなことで良いのかなぁ・・・まあ、難しいことはまた明日考えよう・・・おやすみなさい。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

2 thoughts on “サンサーラ・ナーガのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)

  1. スィッピ

    こんばんは(*・ω・)
    調理セットが登場して、竜使いまでモンスターを食せる様になるとはΣ(゚ω゚ノ)ノ
    ダンジョンもののグルメ漫画を連想してしまいます(^-^;
    愛竜と食卓を共にするというのもなんか微笑ましいのかもしれませんね(●´ω`●)
    みじんこ、どんな味がするのやら……顔が気になって私は食えないㅇㅁㅇ;;

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください