ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
予想以上にすんなりと記憶を取り戻してしまった伊達あずさです。
少しずつ記憶を取り戻すきっかけのようなものを見つけて行くのかと思ってたのに、まさか薬で一気に記憶を取り戻すことになろうとは・・・完全に予想外です。しかも、思い出せたのが子供の頃の思い出少々と名前だけって・・・どんな結末になるのかちょっと不安になってきました。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
さて、私が賃借しているオフィスからの再開です。目の前には見知らぬ人の銃殺死体が転がってますし、そりゃ~不安にもなりますね。
前回、鍵のかかった私のオフィスに不法侵入していたという理由だけで、銃殺しちゃいましたけど・・・どうしようねこれ。

とりあえず、自分で作った死体の事は忘れることにして、全てを思い出すためにもオフィスの中を調べて自分に関係していそうな情報を集めることにします。
目の前にある机から調べていくと・・・引き出しの中から弾丸ケースを発見しました。私って探偵なんですよね?探偵ってそんなに銃を使うシーンとかに遭遇するものなの?怖いなぁ・・・まあ、一応拾っておきましょう。

次は左に見えるキャビネットを開けてみます。中にはファイルが3つほど入っていました。

ファイル5

「エース。お前に頼みがある。ある太った女をさらってきて欲しい。まあちょっとした誘拐だな。上手くいったらお前への借金は帳消しにしてやる。そればかりかいい金儲けになるぜ!!だが、失敗したら罠にはまるかも!!お前は俺の言う通りにすればいいのだ。断ったら・・・ただでは済まないぜ!!」

ファイル6

――ジョー・シーゲルとシュガー・ショックの関係――
シュガーはシーゲルの店の客だった。

ファイル7

――アルターマン強迫事件――
シーゲルの協力でシュガーが犯人と分かった。シュガーは刑務所に入った。

相変わらず全貌が見えてこない上、シュガーとかいう新しい人物まで登場しちゃいましたけど、この手紙(ファイル5)に書かれていることが本当だとすれば、私は誘拐犯ってことになっちゃいますね。
しかし、この手紙を読んだ私は「これはまずい!こんなものを見られたら俺は誘拐犯と間違われてしまう。これを人の目に触れさせないためにどうすればいいだろうか・・・」とか言い出しちゃうんですよ。
いやぁ、バーの前に停めてあった車の中に残されていた形跡から察すると、実際に誘拐しちゃってそうにみえますよね。
なるほど、だから警察は私を探してたのか・・・

まあやってしまったことは仕方ないとして、わざわざ私が「このファイルをどうにかしなければ・・・」と言い出してるわけですから、実際にこれはどうにかした方がいいってことなんでしょうね。
手持ちの品を改めて確認していくと・・・コートのポケットの中にライターが入ってましたね。これで燃やしちゃう?

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
ライターをファイル5に向かって使用したところ、ちゃんと灰になりました。証拠隠滅っと・・・

ついでに心を落ち着けるためにたばこも吸ってみることにしました。結構本数があるのか吸っても無くなりませんね。
更に自分が警察に追われる身であることを再確認したので、顔を隠す意味で、コートの中からサングラスを取り出してかけようと思ったんですけど、サイズが大きすぎるらしく上手くかけられません。うわ~~これもっと早くに試しておけばよかった。そうすれば自分がこのコートの所有者ではないってことに気づけたのに!!

さて・・・とりあえずこれで、ここでやれることは全て終わったかな。
後はもう、マーサのバンガローで見つけた紙切れに書かれていた数字がバーの壁金庫を開けるための暗証番号であることを祈るぐらいしかやれそうなことがありません。一先ずペオリア通りへ戻りましょう。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
いつも通り75セント支払ってペオリア通りまで戻ってきました。とりあえずバーへ戻ります。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
イエローキャブを降りてから真っすぐバーまで戻ると、バーの前で銃を持った男に金を出せと脅されてしまいます。金を出せと言われても、私の全財産って25セント硬貨7枚だけなんですけど・・・

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
仕方ないので、素直に全財産を手渡したのですが・・・容赦なく撃たれて死亡。なによこれ・・・いわれるがままに全財産を差し出したっていうのに理不尽過ぎる。1つ手前の新聞売り場からやり直しになってしまいました。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
ならばこちらも銃で応戦してはどうか・・・と、ピストル3を手に取ったのですが撃ち負けて死亡・・・一体どうすれば?

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
3度新聞売り場からバーへと移動すると・・・あれ?今回はピストルを持った男が出てきません。どうやら出たり出なかったりするものみたいですね。っていうか、次に会ったときはどうしようね。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
2階の死体があるオフィスまで行き、マーサのバンガローで入手した紙切れに書かれた暗証番号を壁金庫に入力してみます。(紙切れ1を壁金庫に向かって使用する形で開きます)

壁金庫の中にはマニラホルダーと小物入れが入っていました。マニラホルダーって何よって思ったので調べてみたのですが、書類などを入れるバインダーみたいなやつのことなんですね。(原材料にマニラ麻が使われていることが名前の由来なんだそうな)
マニラホルダーの中には借用書が1枚、小物入れの中にはベンツのトランクのキー(鍵4)が入っています。
借用書にはエース・ハーディングがジョー・シーゲルに1000ドルの借金をしたと記してあるみたいですが、記憶を取り戻したはずの私にもこのような借用書にサインをした記憶はないみたいです。う~ん・・・もしかして、何者かが私に罪を擦り付けようと工作してるのでしょうか。例えば、私のオフィスに侵入していた人も例の手紙(ファイル5)をキャビネットにこっそり入れておくことで、私が誘拐に関わったかのように工作しようとしていたとか?

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
何にせよ本当に身に覚えもなく、捏造された借用書なのであれば、例の手紙同様ライターを使って灰にしてしまいましょう。

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
記憶を取り戻した今、改めて確認すると、この死体の人物がシーゲルだとわかりました。何となくですけど、シーゲルを殺したのは私じゃない気がするなぁ・・・

ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13ディジャブ(DEJA Vu)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
壁金庫の中から見つけたベンツのトランクのキーを試すべく、バーの前に停めてあったシーゲル所有のベンツのトランクの前までやってきたのですが・・・トランクの中を確認するのは次回!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください