オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

皆さんこんにちは。
説明書がないゲームの初回は毎回苦労している伊達あずさです。
今のゲームであれば円盤むき出しで保存する人も少ないので、中古で購入しても説明書が入っている率は高いですが、ファミコンの場合は中古だとカセット単体で売られていることがほとんどなんですよ。
そんな前置きから始める今回のゲームは「オバケのQ太郎 ワンワンパニック」です。
オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

このゲームもその例にもれず、カセット単体なんですよね。
仕方ないので、インターネットの力を借りて、このゲームのストーリーに関する情報などを調べようとした際に偶然知ったのですが、このゲームのカセットには金色のバージョンなんてものが存在するのですね。当然ですが、私の手元にあるのは黄色くて、カセットの両サイドにあるギザギザの感触が楽しめる普通のタイプです。
でも、金色のカセットにはプレミアがついているらしく、オークションなどにかければ結構お高くなるみたい。私、そういう珍しい一品みたいなのって手に入れたことないな~うらやましい。

でもって、肝心のストーリーなんですが・・・私の探し方が悪かったのか、インターネットの力を借りても、それっぽいことを書いてくれている人がみつからない!
私の遠い記憶では、毎日異なる人に何かしらのお届け物をするオバケの宅急便みたいなゲームだったような気がしますが・・・困りましたね。それ以外には何もわからない。

ま~アクションゲームですし、いっか。

では、ゲームを始める前に、私が書くプレイ日記のスタイルについてはこちらを予めご確認ください!

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
というわけで、早速オバケの宅急便としての営業を開始したいと思います。
1日目の顧客はハカセという方らしいです。って、実をいうと私、原作のオバケのQ太郎に関しては何の知識もありません。
いや、もちろん名前は知ってますし、かの有名な藤子不二雄先生作の漫画だということも知っているのですが・・・
あ~後、確かQ太郎は犬が嫌いという設定でしたね!だから、このゲームのサブタイトルはワンワンパニックということなのでしょう。
・・・だめだ、薄っぺらい。オバケのQ太郎に関する私の知識は多趣味な某元アイドルのコメントぐらい薄っぺらい!

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
かといって、無言でアクションゲームをプレイしたら書くことなんて何もないんですよ!
私のプレイ日記には神業プレイとかないんですから、無意味なトークが無ければコンテンツとして成り立たないのですよ!!

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
さて・・・主人公のQ太郎はオバケなので飛べます!
しかも、同じ飛べるでも鉄腕アトムの時とは異なり、Bボタン(ジャンプ)を押しっぱなしにするだけで飛べるという簡単仕様!
こういうところからも、実際のアトムが如何に苦労しながら飛んでいたのかを推し量ることができますね。いやまあ、鉄腕アトムの方も原作を見たことないんですけどね・・・

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
オバケが実体を保つためには相当なエネルギーを必要とするようで、Q太郎はただそこに立っているだけでもPOWERが徐々に減っていくのです。その上、飛んだりすると更にPOWERの消耗が激しくなるので、それを補うために終始食べ物を食べねばならぬのですが、食べかすの中から偶にこんな感じのQマークが出てくるんですよね。これを取ると、一定時間透明の無敵モードになります。(その原理について、現代科学ではまだ解明されていません)
後は、そのすぐ下にあるぺろぺろキャンディーを取れば、ガウガウ砲なる飛び道具が4回分チャージされるみたいです。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
こちらのガウガウ砲に対し、Q太郎の行く手を阻む犬達もワンワン砲なる飛び道具で応戦してきます。犬が苦手なQ太郎は犬に直接触れるのはもちろんのこと、このワンワン砲に触れるだけでも命を落としてしまいます。ってか、この町野良犬多過ぎでしょ・・・

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
別に犬に触れただけで命を落とすQ太郎(いやもうオバケなんだから既に命を落としてるのかもしれないけど)でなくても、こんなに町に犬が溢れてたらワンワンパニックだなと思いつつ進んでいくと、急に画面がスクロールしなくなりました。
そう、ここで今日のお届け物を受け取らねばならぬのです。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
その場に浮かんでいた食べ物を片っ端から食したところ、画面左端に今日のお届け物が出現しました。
ちなみにこれ、マイコンらしいです。マイコンというのはマイコンピュータの略などではなく、マイクロコンピュータという物理的に小さいコンピュータのことらしいですよー

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
道中、人相・・・いや、犬相の悪い犬がいたので、意味もなくガウガウ砲の餌食にしてやりました。
ここは目が合ったが最後、即、命のやり取りに発展する殺伐としたワンワン世界なのです。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
その後も特にこれといった出来事もないまま、ひたすらに空を飛び続けながら、その辺に落ちているものを食べまくりながら進んでいきます。Q太郎が居れば食品ロス問題も多少は改善されるかもしれません。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
遂に本日のターゲットの近くまでたどり着きました。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
ビルの窓の近くを浮いている食べ物を食べることで、中を確認する仕様だったみたいなのですが、偶然にも一発でターゲットを発見しちゃいました。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
というわけで、意外にあっさり1日目の配達業務が完了してしまいました。
そういえば、今更ですけどオバケの宅急便はまずいですね・・・オバケの宅配便にしないと後々大変なことになっちゃいます。(商標権的な問題で)

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
2日目のターゲットは神成さんらしいです。神成さんって確かドラえもんにも出てませんでした?窓ガラスや盆栽の破損率がやたら高い人ですよね?

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
1日目とは違い、高低差もなく開けた土地のため、飛ばずにはやってられません。地上では犬達が我が物顔で闊歩しているのです。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
更に加えて、若干食べ物の間隔が広がってきました。雑に飛んでいると、途中でPOWERが切れてしまい地面に落ちてしまうことも。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
とりあえず、目つきの悪い犬は片っ端からガウガウ砲の餌食にしていきましょう。人口・・・いや、犬口がちょっと多すぎるんですよ。犬好きの蘭丸さんには悪いけど今回ばかりは駆除しないと。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
2日目のお届け物は花束らしいです。何で神成さんのお家に花束を?そこにどんなドラマがあるのかもっと詳細な情報をプリーズです。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
住宅街に入ると、それなりに食べ物の間隔が狭くなってきました。ガンガン犬を駆除していきます。

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
遂にお届け先までたどり着いたみたいなんですが・・・あれ?神成さんって庭付き一戸建てに住んでいるイメージだったのですが、マンション住まいなの?
ひょっとして、今回のお届け物って、例の如く庭先に飛んできたボールかなにかが運悪く神成さんに直撃し、入院することになった神成さんへのお見舞いの花束とかだったのかな。
ここがマンションではなく病棟なのだとすれば、全てのつじつまが合う!

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
途中、窓から犬が出てくるというトラブルに見舞われましたが、何とかお届け物の花束を神成さんに渡すことができました。
しかし、病棟から犬が出てくるとは。何だこの病院!SNSで管理状態のまずさを言いふらしてやる!!

オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
病院とひと悶着あったものの、2日目のお仕事も無事終了です。
そして、この続きはまた次回!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

2 thoughts on “オバケのQ太郎 ワンワンパニックのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

  1. ほうじ茶大好きマン

    ホホー!オバキューですか!これまた懐かしいですね〜!!!
    昔、近所のジュン君ちでやった事ありますよ。ワンワン砲で死にまくって全然先に進めませんでした。
    果たせなかった全クリの夢、あずささんに託します…

    うろ覚えですが、落し穴に落ちるかなんかして犬だらけの真っ暗な隠しゾーンに行ってしまい、友達みんなでパニック状態になった記憶がございます。
    何卒お気を付けて…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください