女性の浮気癖は治らない?:応用心理学

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

みなさんこんにちは、久しぶりの応用心理学の話題です!本当に…今何月何日なんでしょうね、季節感がないこと山の如しです。

正月より後でバレンタインデーよりは前なんじゃないの?という観測でこの話題逝ってみたいと思います。題して「女性の浮気癖は治らないらしい」です。一度でも浮気をした女性は、ほぼほぼ繰り返すってことですね。「女性の」とわざわざ言っているということは、「男性の浮気癖は治る」とも言えます!「治る場合もある」かな!

昔から「浮気は男の甲斐性」などと言います。つまり、浮気できるほどその人は稼ぎがあるとか、頼りがいがある人であるということですね。本命の彼女(本妻)を満足させるだけの経済力(愛情)もありつつ、浮気相手にも好かれるだけの余力がある、ということです。ダメ男の場合は本命彼女(本妻)に不満が貯まり、浮気状態が終わってしまうため成立しません。だからこそ、浮気を成り立たせている男はすごい人だ!というような、言い訳のようですが、こんな言葉が生まれたわけです。
それに、生物学的に見た場合でも男性は妊娠しないので、「子孫を残す」という意味ではたくさんの女性と関係を持てば、本妻が子供を産むのと同時進行で浮気相手にも子供を産んでもらうことが出来ます。現代で実際にそんなことになったら昼ドラのようなことになってしまいますが、昔は「世継ぎ」が生まれないと困ったので、身分の高い男性は複数の女性に同時進行で子供を産んでもらってました。現在は一夫一婦制ですが、「子孫をたくさん残したい」という本能は今も昔もあるので、男性は後のこともろもろはともかくとして、「種」だけは撒きたいものなのです(´・ω・`)

対して女性はどうでしょうか。女性の浮気が素晴らしいことと誉めそやされたことは古今東西聞いたことないですよね。まぁこれは、男性がたくさんの女性と関係したい本能と表裏一体の現象かもしれませんね。DNA鑑定もない時代、自分の血を引いている「世継ぎ」に財産を残したいのに、女性が自分以外の男の子供をいつの間にか妊娠していたら恐ろしいことです。そのため、女性の浮気は素敵なものなんていう格言を残すわけにはいかなかったのでしょうね。女性の浮気ははしたないもの!と決めておくことで、血筋を守っていかなければいかなかったのです。

まあ正直、浮気というのは性別に関係なく死罪に値すると個人的には思っておりますがそれはおいといて。

男性の浮気と違って女性の浮気が何故治らないのか?という問題は、やはり本能に関係があります。さっき申し上げた通り、男性は同時進行で何人もの女性に子供を産んでもらうことが出来ますが、女性は妊娠したら決死の覚悟で1年もかけて子供を産むことになります。なので、なるべく良い人との子供を残さなければならないのです。言葉が悪いですが、男性が「人海戦術」方式だとするなら、女性は「少数精鋭」方式。
「この人と付き合おう」と決めた次の日にだって、もっと良い男に出会ってしまったら、本能的にそっちと関係を持ちたい、と思ってしまうわけです。生物としては、移り気な女性のほうが良い子孫を残せそうということになります。そして、その女性が完全に満足できる相手と巡り合うまでは乗り換えは繰り返される、というわけなんです(実際はそんな相手はいるわけないんですが)。どの女性も同じ本能を持っていますが、当然それを理性で抑えられる人と抑えられない人がいます。抑えられる人は浮気をしないし、抑えられない人は浮気するしかないというわけです。

ところで男性の浮気は治るのか?という話ですがそれは「治る人も中にはいる」という程度のお話です。男性の本能には「種をばらまきたい」というのと他に「家族を守る」というものがあります。そちらにスイッチが入ると、男性はいくら学生時代に遊び人で知られていたとしても、結婚したらすごい良いパパになったりすることがあるのです。

しかし女性にはそのような本能はありません。子供を守る本能はありますが、その「より良い子供」を求める本能が抑えられなくて複数の人と関係を持ちたくなってしまうのであって、ひとりの男性を愛し抜くぞーという機構は特にないのです。生物としては。一生添い遂げるというのは素敵なことだと現代の価値観では言われますが、本来の動物としてのヒトはそのような生き物ってわけではないのです。

アメリカのウェストワシントン大学のティーチマンという教授が行った調査によりますと、一般的な既婚女性の離婚のリスクが50%程度だったのに対し「過去に浮気をしたことがある」と回答した既婚女性の離婚のリスクは、何故か160%もありました。100超えてるやん!つまりこれは1回は確実に離婚した上で、その中の何割が再婚するのかは分かりませんが、その再婚で離婚するリスクが60%ってことですか?(◎_◎;)どのくらい再婚するかの数字が分からなかったので何とも言えませんが、実にヨハネスブルグを思い出す結果です。

というわけで、女性で浮気したことがある方は、誰かと結婚したいと思っているのなら決して浮気をしたことがあるとは人に言ってはいけませんね!絶対また浮気すると思われたら厄介です。そして男性は、浮気をしたことがあるという女性に出会ったら、どんな凄い同情的な事情を彼女から話されても、結婚相手に彼女を選んではいけません。リスキーすぎます!

人間は本能を理性で抑えて生活しています。が、このようにたまに本能が理性を勝る人もいます。そういう時、現代の価値観に照らし合わせると良くないことであったりするわけですが……異常とかそういうわけではないんですよね。だから仕方ないとは思います、が、自分は貧乏くじを引きたくないのも事実。恋人、結婚相手は気を付けて選びましょう(´・ω・`)

…あれ?あんまり心理学が関係なかったかな…(´・ω・`)
ではではでは!ではでは!

女性の浮気癖は治らない:応用心理学_挿絵1

心理学記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ