バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
ダルネリア、ウルフェン、北部辺境地帯、クォーラス、サーラス・・・次々と権力者達に貸しを作りまくっていく伊達あずさです。
来るべき最終決戦に向けて、ちゃくちゃくと人脈を作り上げていますね。皆が貸したものを返しに来てくれると期待しています。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
さ~そんなわけで、次はデュエル王を説得するため、デュエルファン王国へ向かいます。
デュエル王は以前私にお小遣いをくれた人です。誰とでも気軽に面会してくれる王なので、面会自体は容易です。後は、皇帝の末裔という降って湧いたような権威が何処まで通用するのかどうかだけですけど・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
デュールへは、ダールを経由し、そこから船で向かいます。
しかし、ダルネリアにはデュエルファンに恨みを持つ人が多いのですよね。そんな中、デュエルファンの軍隊が都を空けたら、厄介なことになりそうな気がします。できれば、セダンテス(ジャール)にも話を通しておきたかったなぁ・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
予定通り、特に何の邪魔もなく城内に入ることができました。
しかし、玉座の間が近づくと、突然フェールがデュエルファンは得意だから任せて欲しいと言い出しました。何が何だか良くわかりませんが、なんだか凄い自信なので任せてみることにします。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
普通にデュエル王とも顔なじみなのですねぇ・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
ふっつ~に吟遊詩人としてのフェールのファンみたいです。吟遊詩人としての活動もちゃんと上手く行ってるんですね。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
では、早速、フェールのお手並み拝見と行きましょう。

フェール「私、遥か東の果てザインの裁きの塔より、40日の道のりを10ではせ参じました」

騎士達「おおっ、10日とな!」

国王「して、公明な詩人殿を10日で走らせたとは!そは如何なる危機か?」

フェール「ベラニード族がイアルティス中を火の海にせんと策しているのです」

国王「なに!ベラニードとな!」

騎士達「騎士の時代の再来か!」

国王「しかし、ベラニードは封印されているはずだが・・・」

騎士達「むう、確かに」

フェール「お疑いになるも無理はありませんが、この聖戦を前にザインの信託はガゼルファン帝国の皇帝を蘇らせました。この方こそ、ガゼルファン帝国の正当なる後継者あずさ様です!このガゼルのティアラをご覧あれ!」

国王&騎士達「おお、では貴方が!」

フェール「皇帝陛下は途中、サールにお寄りになり、サーセスの皇帝に声をかけられました。陛下のご威光に平伏したサーセスの皇帝はベラニードに対するため、10万の兵を約束しましたぞ。ディールの騎士陛下は、この戦いに加わりましょうや!」

国王「戦いを逃げるは騎士ではない!女子供のすることよ!直ぐに軍団を招集せい!」

騎士達「ただいま!ただいま直ぐに!!」

急にフェール劇場が始まっちゃいましたよ。
何かもう、デュエルファンの騎士達って、何かしらの理由をつけて戦いたいだけなんじゃ・・・騎士って皆ロマールみたいな感じなの?

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
デュエル王はノリが良いだけで、愚鈍ではないみたいです。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
ベラニード族との闘いが始まると知って、デュエルファンの騎士達は興奮しまくってます。もしこれで、ファル神が「な~んちゃって!」とか言ってきたら、私はどんな目に遭わされてしまうのか・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
デュエル王とはネーリアで落ち合うことになったのですが、その前に私達は一度セラスへ戻ることに。
というのも、ネーリア行の船に乗ろうとしたら、フェールが「セラスへは船を使った方が早い」とか急にわけのわからないことを言い出すんですもん。
まあ確かに、ネーリアで落ち合うのであれば、必然的にネーリアの大司教とも会うことになるでしょうから、先にセラスへ戻り、魔術師長にも話を通しておいた方が良いでしょうね。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
しかし、セラスの玉座には何故かナッシュが・・・って、ナッシュがセラスの魔術師長だったのね。魔術師学校に入ってから大分経つのに、ナッシュを全く見かけないからおかしいと思ってたんです。ってことは、あずさ計画とかいうダサい名前の計画の首謀者はナッシュってことですか・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
その後、私を騙していたナッシュにロマールが噛みつき、玉座の間にやってきた騎士団長のオルフェアにそれを叱られ・・・とかいうお約束のパターンを経た後、やっとナッシュから事の全貌を説明してもらえる様です。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
しかしまあ・・・ナッシュから聞かされた話は私もびっくりのお話でした。
まず、ガゼルファン帝国は「バズー!」によって奇跡の魔法文明を誇っていたのだそうです。大災厄によって都が失われた時も私の祖先はちゃんとバズー!の欠片を携えてラルファンに逃げてきたほどなのだとか。そして、バズー!の欠片に触れられるのは皇帝の血を引くものだけなのだそうです。(それ以外の人が触ると命を奪われるそうです)

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
ベラニード族の女王が盟約を結んでいる魔王オルヘスを倒すにはバズー!の欠片で作った最強の魔剣グランイストールが必要となるのですが、グランイストールを唯一鍛えることのできるエルフ族は人間がこの剣を手にすることを嫌うのだそうです。そこで、ナッシュはサリア姫をさらい、それを私達に助けさせることでエルフ王に借りを作らせたみたいです。サリアをさらった人間って、ナッシュだったのですか・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
これらの計画は本来、父リカルドが全て担う予定だったみたいなのですが、リカルドを失ったことで、娘である私に白羽の矢が立ったようです。でも、何故祖父ではダメだったのでしょうねぇ・・・
何となく腑に落ちない点はありますが、ナッシュからこれが父リカルドの夢だったと言われ、断れなくなってしまいました。
そんなわけで、このバズー!の欠片を持って、クォーラスへ行き、グランイストールを作ってもらうことになりました。その間に各国の軍備も整うだろうということです。
クォーラスに行くにあたって、バズー!の欠片と共にヴェルファの巻物も一緒に手渡されました。これは精霊魔法の最高位呪文で、スピアの精霊の力で敵全体にダメージを与えるらしいです。何かどの系統も最高位呪文は全体攻撃魔法ばかりですね。(生命は全体回復だけど)

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
クォーラスへ向かうために、とりあえず適当な船に乗ろうとすると、ロマールから魔術学校に寄って行かなくても良いのかと尋ねられてしまいました。え?今更、魔術学校に何の用が・・・あ、もしかして、ランダル先生から神の眼を貰って来いってこと?確かにファル神が「右手にグランイストール、左目に神の眼を携えて戦え」って言ってましたっけね。私ですらすっかり忘れていたのに、よく覚えてましたね。

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
ランダル先生の元へ行くと、最後にクリストローゼを伝授してくれるというのですが・・・要らない!

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19
クリストローゼの伝授を拒まれたランダル先生は、もうお前に教えてやれることはないと肩を落とし、弟子卒業となっちゃいました。
・・・って、それはいいんだけど、神の眼は??

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
ランダル先生からは弟子卒業を言い渡されただけで、神の眼を貰うことができませんでした。え!何で!?

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
結局、神の眼も持たないまま船でネーリアへ・・・

バズー!魔法世界のプレイ日記25:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
クォーラスには宿屋がないので、一先ず今日はネーリアで休むことにします。
しかし、神の眼を貰えなかったけど、本当に大丈夫なのかなぁ・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください