ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
エドの道具屋さんからお城の様子を見て来て欲しいとお願いされましたが、最初から何もかもがおかしいと思っていた伊達あずさです。
淡々と民衆に毒見させるカシス王もおかしければ、救出してきたキャタピー姫の言動もおかしかったし、お城の構造(ワンルーム)だっておかしかった!むしろ、あのお城にはおかしさで出来ているおかしの城です!!

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
・・・私までおかしなことを言いだしたので、傷口が広がる前にさっさとお城の様子を見に行きます。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
颯爽とカシス王が居るワンルーム城にやってきました。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
城内に居た兵士から事情を聴くと、王様が石にされてしまったらしいです。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
確かに石になってる。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
うん、知ってる。今見たからね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
っていうか、一体どういう状況でこうなっちゃったの・・・
まず、このワンルーム城には8人もの兵士がひしめきあってるわけですよ。だがしかし、王が石にされたというこの状況ですら、誰1人として怪我1つしてない。それに、理由は未だ不明ですが、1度は敵の手に落ちたキャタピー姫も無傷。
まさかとは思いますが、玉座に座った状態のカシス王が皆の前で突然石になったとかなの?つまり、敵は城の外から超遠隔でカシス王に石化の魔法をかけてきたってこと?っていうか、こんな異常な状況でも、誰かが魔法をかけたことによるものだと瞬時に原因が特定できてしまうほど、この現象がこの世界で常識的なことなのであれば、対策ぐらいしておきなよ!ウインディアレベルの呑気さですね。

しかしながら、キャタピー姫をさらったり、毒入りキャビアを売りつけたり、カシス王を石化させたりすることに何ら戦略性を感じないんですよね。まさか同一組織による犯行じゃないの?正直さ・・・敵の目的が全く見えない!
今のところ、純粋に意地悪をしてるだけの様にしか見えないんですよね・・・得体が知れなさ過ぎて物凄く気持ち悪い。

そんな絶望的な状況で、カシス王の石化を解くため、魔法をかけた相手を探すことになってしまいました。
っていうかさ、果たしてそんなとんでもない魔法を使う敵を一介の戦士でしかない私がどうにかできるのでしょうか。近づく前に石にされてお終いな気がします。
そもそも、こちらは敵の正体すらわからないわけですしね・・・
っていうか、どっちみちエドを救ったら、住民達を扇動して反乱を起こし、カシス王を王座から引きずりおろそうと思ってたぐらいなのですから、むしろこの状況は好都合なのでは。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
個人的には、暗君カシス王が石となり、ファリアに平和が訪れました。おしまい・・・で、エンディングとなって欲しかったのですが、非常に残念ながらそう上手くは行かないようなので、とりあえず情報収集がてらエドに戻ります。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
エドの守衛と世間話すると、今度はソムサで何か起こったみたいです。他の人にも話を聞いたところ、どうやらソムサで金が採れたらしいですね。別に悪い事ではなさそうですけど・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
そんな、ゴールドラッシュに沸くソムサへ行ってみる事にしました。珍しく私も金欠ですしね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
住人達によると、ソムサで金鉱脈が見つかったとか言う話ではなく、湖に斧を落した若者が湖の女神から金の斧を貰ったっていう話だったみたいです。な~んだ、ゴールドラッシュじゃなかったのか。

ソムサ(カシス王石化後)

情報
  • 謎の仮面の男は真っ赤な体に2本の角を生やしていた
  • すぐそこの湖で女神を見たと言う人がいる
  • 地下の怪物は黄金の矢が苦手
  • 地下を通った先には緑豊かなフステナの大陸がある

村人の話が一新されていたので、まとめ直してみました。
どうやら次はソムサの東にある例の洞窟の先へ進まなければならないみたいですね。もちろん、必然性があって行くわけではなく、そこ以外に行ける所が無いという理由からですが・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
ソムサの傍にある湖の北側から、湖にアイテムを捨てる事ができるみたいですが、残念ながら今は斧を持ってないんですよね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
というわけで、ソムサの北東にある洞窟にやってきました。
当然中は暗いので、地図を描く必要があるのですが、視界が悪い上、エンカウント率も高く、戦闘は長いし・・・面倒臭いという感情しか湧いてこないんですよね。
しかもこの洞窟・・・なんと見えない敵が3種類も出てくるんですよ。更にその中にはステータス異常を与えてくる敵までいるのです。
プレイ日記中でこんな話をするのは何ですけど・・・無駄に序盤からダンジョンが複雑なのとか、何の意味も無く見えない敵が当然の様に出現するとか、隠し通路をその存在ごとノーヒントにするとか、視界が悪くマッピングしにくい洞窟で、異常なまでにエンカウント率を上げるとか、どういう意図でこんな仕様のゲームを作ろうと思ったのでしょうね。
このゲームの製作者は一体何と戦っていたのでしょうか・・・そもそも、このゲームって別に難易度が高いわけじゃ無いんですよ。肝心のアクション戦闘自体は物凄く簡単ですしね。ボスも凄まじく弱いし。単に全てが煩雑なだけなんです。プレイヤーをうんざりさせてクリアさせないゲームでも目指していたのでしょうか。斬新な試みですね・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
ちなみにヒールの指輪を手に入れたせいなのか、戦闘中にHPが自動回復するようになりました。そのせいで、例え見えない敵から理不尽な攻撃を受け、HPが減ったとしても、見える敵相手に延々戦闘を引き延ばせば探索を継続することはできます。でもまあ、延々と敵を避けながら戦闘を引き延ばす行為が面白いのかと言われれば、もちろん答えはノーなわけですけど・・・
もちろん、姿が見えない敵に対して、適当に剣を突き出して戦うのもまったく面白くありませんけどね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
うんざりするほど広い洞窟を歩いていると、何の前触れも無く、突然ボスっぽい敵が出現しました。
しかもこの敵・・・攻撃が効かない・・・もしかして、これが黄金の矢が苦手だという地下の怪物でしょうか。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
あーあ、死んじゃった・・・
これは適当にソムサで矢を買って、湖に投げ込んで黄金の矢と交換して貰えってことかな・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
とりあえず、30本の矢を購入し、例の湖に投げ捨ててみると、噂通りに湖の女神が出現しました。
女神の問いかけに対し、「はい」と答えると、黄金の矢をくれました。まあ、予想通りですね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
黄金の矢を持った状態で先ほどの怪物に再戦を申し込んでみます。
黄金の矢を持っていると、弓による攻撃が効くようになりました。敵は私より動きが速いので、体当たりを避けるのは難しいですが、もうそんなことは気にせず、とにかく弓を撃ちまくればいいんです!

ボスを倒したことで、ようやくソムサの北東にある洞窟の地図が完成しました。

ソムサ北東の洞窟

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
[35:03]の階段が入り口で、[20:32]の階段が出口です。
[07:33]には黄金の矢を持った状態での弓攻撃しか効かないボスが出現します。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
ライトを使ってさえ、これしか視界が無いというのに、我ながら良くもまあこんなに広い洞窟の地図を描けたもんです。
しかも、これだけ広い割には洞窟内に宝箱1つありませんからね。まあ、仮にあったとしても、所持数の関係上、どうせ捨てるだけでしょうけど・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
やっと明るい所に出る事ができました。
しかし、洞窟の先は緑豊かな土地だって言われていたはずなのに、全然そんな感じじゃありませんねぇ・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
新しい敵も出現するようになりました。これまでも出現していた食虫植物の色違いですけど、めっちゃ速いです。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
少し北へ進むと港を発見したのですが、よそ者は乗せてくれないらしいです。
何て言うか、その言い方がイラッとしますよね。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
とりあえず、村を探すべく西へと進んだのですが、相変わらず緑が豊かになってきません。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
一向に緑が豊かにならないまま、ひたすら西へ進み、こんな感じの細いところを進んでいくと、ようやく村が見えてきました。

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
この村は果物の村テオドールというみたいですが・・・

ファリアのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
村を詳しく調べるのは、一休みしてからにします・・・もう疲れたよ。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください