ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
後2回ぐらいで終っちゃうんじゃないかな~と、また当らない予想をする伊達あずさです。
もう真の黒幕も出ちゃいましたし、終わりが近いことは間違いないんですけどね。
本音では今回で終っちゃうんじゃないかと思ってるんですが、そういう私の予想はかなりの確率で外れるので、敢えて+1してみました。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
早速、黒幕のジュダスを倒しに向かいましょう!

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
ジュダス自ら去り際に今後の予定をべらべらしゃべって行ってくれたので、彼の言葉を信じてパスラの浮島にニーナでばっさとやってきました。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
パスラの浮島の最上階にある建物の入り口には姉セイラが待ち構えていたのですが、何かちょっとおかしなことになってますね。
ジュダスの術に必死に抵抗しているといったところなのでしょうか。でも、そんなことができるのなら、私から鍵を奪った時にもっと頑張って欲しかったよ!

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
姉の様子はますますおかしくなり、最終的には奇声を発しながら二階へと走り去ってしまいました。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
おかしくなってしまった姉を追って上った二階にはジュダスが居ました。縁があるも何も、こうなるように仕向けているとしか思えません。
そんなジュダス曰く、女神の封印は経った今解かれたとのこと。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
いつぞや、私達がスライサーを手に入れたり、ゴールデンキングでレベル上げを行ったりしていた島にあった建造物がにょきにょきと伸び始めました。へ~あそこが女神の封印場所だったんですね。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
ジュダスは復活した女神の顔を拝みに行きましたが・・・この期に及んでもジュダスの目的が分かりません。彼は一体何のために女神を復活させたのでしょうか。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
ジュダスの後を追って、私達もテレポータに入ったのですが、もうジュダスの姿がない!足早過ぎなんですよ・・・
多分ここって、さっきにょきにょき伸びてきた女神が封印されていた塔なのでしょうね。とりあえず、名称不明のままだと不便なので、女神の塔と呼称することにします。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
女神の塔をずんずん進んで行くと、如何にも何か起こりそうな場所で、予想通り何かが起こりました。
姉セイラがこの場所に結界を張っていたようです。しかもこの結界は侵入を防ぐだけでなく、触れた者に即死級のダメージを与えるという凄まじく実用的な代物でした。
結局、正気に戻った姉が結界を解いてくれたのですが、そんな便利な技を持っているなら、ドラグニールが襲われた時、この技でジュダスを閉じ込めるなどといった使い方はできなかったのでしょうか。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
ともあれ、一時的に正気を取り戻した姉の自己犠牲により、先へ進めるようになったのですが・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
結局、呼び止められてしまい・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
戦うことになってしまいました。しかし、シスタードラゴンって凄い名称ですね。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
一応、逃走も試してはみましたが無理みたいです。
(「死んだと思っていた人が敵として現れた」+「敵に操られているけど、偶に正気を取り戻せる」から導き出される答えはどう考えても「死亡フラグ」ですよね・・・)

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
戦うしかない様なので、最後の力で力押しします。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
セイラ「ありがとう、あずさ。ようやくジュダスの術が解けました。貴方達と戦ったのは私の邪悪な側面です。今それも消えました・・・涙を見せてはダメ!あずさ!貴方は正しい事をしたのです。さあ、胸を張って行きなさ・・・い、私の弟よ・・・竜の戦士・・・よ」

セイラはそう言うと、微笑みを浮かべながら(天へと)去って行きました。

敵が使う都合の良すぎる術には毎度腹が立ちますね。
人の心を操る技とか使えるなら、ゾーゴンとか私とかにも使えばもっと楽なのに。もしかして異性&竜の一族にしか使用できないとかなの?ほんと都合良いなぁ・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
女神の塔の奥にはモグの夢の中にもあったような、道が見えなくなる仕掛けが・・・この仕掛け嫌い・・・(でも今回は前回ほど大変ではなかった)

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
女神の塔の最深部にはジュダスが居たわけですが、妙な威圧感で押し戻されてしまいます。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
ジュダスは私の顔を見るなり全力でタウントしてきます。そりゃ~もう、相当感じ悪いです。私に一体何の恨みがあるの??
そして、ジュダスは女神を復活させたことで、何やら強大な力を得たらしいです。

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24
その力というのがコレ・・・(何だか良く分からないけど大爆発しました)

女神の塔

宝箱
  • ガラスのドミノ(防御力42、重さ7、兜)
  • オーラの衣(防御力84、重さ8、鎧)
  • スピードの鎧(防御力92、重さ0、鎧)
  • トラップガード(防御力40、重さ4、盾)
  • ファイアダーツ(攻撃力74、重さ7、片手用)
  • 石頭(防御力48、重さ16、兜)

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25
そして気が付くと何故かドラグニールに。
長老曰く、姉が夢枕に現れ、弟を頼むと言い残して消えたのだそうです。
それを聞いた長老が慌てて目を覚ますと、家の外に私が倒れていたのだとか。え?私だけ??他の皆は!?

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵26
他の仲間も無事みたいですね。何でいつもいつも私だけ皆より長く気を失っちゃうんだろう・・・
ニーナ曰く、姉の魂が私達をここまで連れてきたのだとか。霊体になってからの方が強くなっちゃたんですね・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵27
私とニーナがそんな話をしていると、ダンクが血相を変えて飛び込んできました。
浮遊要塞ですか・・・やっぱり、どの世界でも封印されているものは全て復活する定めにあるのですね・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵28
ギリアム「あずさ殿・・・敵はあまりにも強力です。正直言って、勝ち目があるとは思えませんが・・・」

ビルダー「少しでも可能性があるのは俺達だけなんだ」

モグ「僕達がやらなきゃね!」

マニーロ「いきまひょ!ニーナはんが外で待ってるで!浮遊要塞は今帝都の辺りにいてるはずや。鳥に乗ってひとっとびや!」

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵29
ニーナ「さあ、行きましょう皆!ジュダスの好きにさせるわけにはいかないわ!」

(直前にダンクは出番があったのでまだいいとして、かなり無理やりセリフを割り振った感があるのに、それでもディースにはセリフが無い・・・っていうか、マニーロちょっと目立ち過ぎなんですよ!)

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵30ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵31
ジュダスが動かしたと思われる浮遊要塞が旧帝都上空に今も居るというので、ニーナに乗って現場に向かいました。
しかし、この浮遊要塞って一体何なんでしょうね。ジュダスが得た力との関係性も良く分からないし・・・何の説明も無くあれこれ要素を増やし過ぎなんですよ!

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵32ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵33
浮遊要塞の入り口っぽいところから、中へ入ろうとしたのですが、中に入るには穴を掘って侵入するしかないとかわけのわからない話に。
じゃあ、ジュダスは何処から出入りしてるのよ・・・いちいち変な入り方をしないといけないなんて、ジュダスにとっても相当不便なんじゃないの??

ブレスオブファイアのプレイ日記33:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵34
段々、理不尽になってきた話の流れに多少うんざりしつつも、今日はここまでです。
やっぱり、今回では終わらなかったか・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください