ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
かなり今更ですが、6つの鍵が全て揃っちゃってることに気付いてしまった伊達あずさです。
この鍵って、ひょっとしたらパスラの浮島の最上階にあった変な建物で使うものなんじゃ・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
今日こそ帝都強襲と言いましたけど、強襲する前にちょっとパスラの浮島で鍵が使えないのかどうか確認しておきたいな~

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
というわけで、パスラの浮島にやってきたのですが・・・例の場所で浮島が下りてきてくれない!
あ、謎の石版を預けちゃってるからか。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
預り屋さんから謎の石版を取ってきてまでやってきたパスラの浮島の最上階・・・
目の前に鍵穴はあれど、鍵は使えず・・・確かに装置は6つだし、女神の鍵の使用先って絶対にこれだと思うんだけどな。
やっぱり、女神を復活させる動機も無しに鍵は使えないという事なのでしょうか。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
やはり、私達にとっては鍵が6つ揃っても何の意味も無かったと再確認したところで帝都へ向かいます。
そういえば、帝都っていう割には、全然都っぽくないですよね。どうみても城塞にしか見えません。もしや、地下都市なの?

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
正々堂々正面から入ってみました。
って、通行書を見せたら普通に入れちゃったんですけど・・・ゾーゴン自ら抹殺指令を出すぐらいだから、てっきり指名手配レベルになっているものとばかり思っていたのですが、私達の存在って一般兵士レベルには知らされてないのかも?

帝都

情報
  • 昔、春の村から来た人がこの塔に上ったが、今は装置が壊れているので上れない
  • 皇帝の城は高い塔の上にあり、周りには強力な結界が張られている
  • ここの下に何かを発掘している場所がある
  • 浮遊要塞の発掘作業をさせていた土喰い族が団結して逃げた
その他施設
  • 宿屋(1泊400ゼニー)

帝都とは名ばかりで、宿屋以外の施設もないし、他の町や村から連行された人が何人か住まわされているだけで、都感ゼロです。
もしかすると・・・この帝都って呼ばれている建造物全体が黒竜族の兵士達が言う浮遊要塞というやつなのかもしれませんね。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
宿屋にたんすがあったのですが、中身は薬草・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
皇帝の居城へ繋がっていると思われるエレベータ的装置のスイッチは現在破損している様子。
これって結構やばめな状態だと思うのですが、周りの兵士達は特にこの状態をまずいと思ってる様子もないんですよね。地上の人が皇帝に会いに行くことも無ければ、皇帝が地上に降りてくることも無いってことなんでしょうか・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
最後に土喰い族が発掘作業をしていたという現場にやってきました。
発掘作業を行っていた土喰い族は全員逃げてしまったらしく、もぬけの殻です。

帝都はこれで以上となります。
折角通行書で潜入できたというのに何もできませんね。もしや私達で皇帝の居城へと繋がるエレベータを修理しろってこと?
エレベータの傍にいた人が無駄に「春の村から来た人が~」って言っていたので、春の村で何かしら情報が得られるってことでしょうかね。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
春の村に行ってみると・・・貴方のことですか!?
いやですね、彼は天の塔に上ったまま帰らぬ人となっていた(ジグムトの悪夢の世界に捕えられていた)人だと思うのです。確かジグムトを倒した時に彼も一緒に出て来れていたような気がしなくもないのですが、二度とお会いすることも無いと思っていたので省略しちゃってた・・・んだと思います。(よく覚えてない)
で・・・肝心の帝都の塔についてなのですが・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
お前が犯人か!!こういう人が歴史的建造物に落書きしたりするんです。
とりあえず部品は返してもらいましたが、壊れちゃってるようです。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
工房都市に持って行けば直せるかもしれないということだったので、ガンツにきてみたのですが、以前、私のブーメランを修理してくれた長老はまだ寝ているみたいです。以前はこの状態に対する認識が甘いとお婆さんを責めましたが、もしかすると鉄鬼衆の生態を私の常識で考えてはダメなのかも。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
長老に用があると言ったら、お婆さんが長老を叩き起こしてくれました。
そして、長老は多少寝ぼけつつもエレベータの部品を一晩で修理してくれました。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
修理された部品の取り付け自体は私達のような素人でも可能だったみたいです。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
エレベータで上った先にある皇帝の居城の入り口には、これまでヒントをくれたり、通行書をくれたりした謎の人物が。
帝都に入るための通行書をくれた辺りから、黒竜族側の人間だとは思ってましたけど・・・貴方、ジュダスでしょ。

謎の男「どうした、俺がここに居るのが不思議か?お前達にゾーゴンを倒させてやろうと思ってな。俺が何を企んでいるかだと?フフフフ・・・検討はつくだろう。いいことを教えてやろう。ドラゴン・ソウルを知っているか?ドラゴンを倒すという伝説の武器だ。あれが音楽の国にある」

何故この場で斬り殺せないんでしょうね。
結局、専守防衛の私達は攻撃してこない敵をどうにかすることはできず、大人しくドラゴン・ソウルを取りに行く羽目になってしまいました。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵23
きっと、そんな大層な物を所持しているのは王族だろうということで、音楽の町の王宮へ行ってみたのですが・・・あれ?違うの?
ゾーゴンに裏切られたショックで王女は未だ寝込んだままみたいだし・・・しかし、良くそんなに長い間眠っていられるなぁ・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24
結局、ドラゴン・ソウルは民家でゲットできました。っていうか、ドラゴン・ソウルって歌だったのですね。
この方の御好意で、ドラゴン・ソウルを瓶詰めにしてもらいました。
そして~か~がや~く、ドラゴンソウル!

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25
ドラゴン・ソウルの瓶詰めを持って皇帝の居城へ戻ると、恐らくジュダスと思われるフードの男は居なくなってました。
あ~あ、もうゾーゴンを倒しても終わりじゃないってことが確定しちゃったじゃないですか。
ちなみに、帝都内は通行書であっさり侵入できましたが、皇帝の居城内は流石に無理みたいです。(歩いてると警備兵らしき敵に襲われます)

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵26
何やかんやあって、玉座に辿り着きました!
既に彼の他に黒幕が居る事は明らかなので、いまいちテンションが上がりませんが、折角ですから彼の言い分をノーカットでどうぞ。

ゾーゴン「ここまでくるとはな・・・お前の様な強い者がいる事を同じ竜の一族として誇りに思うぞ・・・強い者にこそ価値がある・・・そうは思わんか?あずさ。この世界は誰かが統一すべきだ。皆を1つにまとめなければ、これ以上の発展はできない・・・そして、強い者だけが世界をまとめる事ができる!この俺のようにな・・・あずさ・・・俺は世界の王になるぞ。誰にも邪魔はさせん!!」

う~ん・・・これまでに遭遇した黒竜族幹部の傾向通り、ゾーゴンは筋力至上主義っぽいですね。
しかし、そんな筋力至上主義のゾーゴンが世界統一に女神の力を借りるっていうのもちょっと違和感があるなぁ・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵27
まあ、どうせ黒幕が居るんだし、深く考えても仕方ないか・・・ということで、ゾーゴンとの対決です。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵28
折角なので、最後の力を使って戦ってみました。この状態になると、ゾーゴンから受けるダメージが極端に少なくなるのでかなり楽勝(オート勝てる)かも・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵29
ゾーゴン「ふふふふ・・・俺に勝つとは全く大した奴だよ・・・どうだあずさ・・・俺に代わって新しい竜の時代を作ってくれんか・・・?・・・俺達竜の一族の素晴らしい時代だ」

け、結局、ドラゴン・ソウルを使わずに倒しちゃった!!

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵30
その後、ゾーゴンが大爆発したせいで床が抜けてしまい、塔の下へ落とされることに・・・

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵31
落下の衝撃で気絶していた私が目を覚ますと、目の前には姉セイラの姿が・・・(やっぱり)生きてたのですね!

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵32ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵33
姉の話を要約すると、ゾーゴン亡き今、残る心配は女神の復活だけなので、女神の鍵は自分が責任をもって封印するから、集めた鍵を全部寄こせと、そういう話でした。
しかし何より私が驚いたのは、私が持っていた女神の鍵は5本で、最後の1本は姉の後ろにある宝箱の中に入っていたってことです。
大地の鍵、王の鍵、光の鍵、闇の鍵、天の鍵、時の鍵で6本だと思ってたのに・・・
もしかして、仲間はずれは王の鍵?言われてみれば何か1本だけ毛色が違うような気もする。この流れだと最後の1本は海の鍵とか?(適当)

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵34
で、残りの鍵を姉に渡すと、予想通り裏切られました。そして、フードの男の正体もまた予想通りジュダスでした。
何て言うか、騙されているってわかっているのに、拒否できないのって凄くイライラしますね。
唯一朗報だったのは、姉は自分の意思でジュダスのために動いているわけではなく、ジュダスの術によって操られているだけだったってことです。
一通り私達を馬鹿にした後、わざわざ自分のこれからの行動(パラスの浮島に行き、鍵を使って女神の封印を解きに行く)を全て口に出してから去って行きました。
どんだけ自己顕示欲が強いのよ・・・ダサすぎて引きます。

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵36
その後、帝都から脱出しようと穴を掘っていた土喰い族と偶然合流し、何だかんだあってこの場から抜け出す事ができました。(結局、帝都から逃げ出すための穴を掘っていたのに、帝都の採掘現場に戻っちゃってましたけどね)

皇帝の居城

宝箱
  • 会心丹
  • 氷河の杖(攻撃力30、重さ10、片手用)
  • 不敗の兜(防御力44、重さ3、兜)
  • ガンナーグラブ(防御力20、重さ6、盾)
  • リフルエキス

ブレスオブファイアのプレイ日記32:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵37
無事(?)帝都まで戻れたところで、今日は終了!
これはいよいよ最後が近いかな?

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください