発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
他のゲームに浮気しても、結局最後はマインクラフトに戻ってきてしまう伊達あずさです。
何か色々と丁度いいんですよね・・・直観的に操作できる上、やれることも適度に多く丁度いいんです。
と、改めてマインクラフトの凄さを実感した所で今日も前回に引き続きThaumcraftを遊んでいきたいと思いますよ!

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵1
前回手に入れた相の研究ポイントを利用して何か有益な魔法を研究したいと思い、Thaumcraftの手引書でもあるソーモノミコンとにらめっこしているわけですが、初期のソーモノミコンには見れない項目が結構あるんですよね。
カーソルを合わせると何か赤字の英語で書いてあります。何か文字が小さくて読みづらいなぁ・・・

多分「You need scribing tools and paper to get this research note」と書いてあるような気がします。
研究ノートを得るためには”scribing tools”と”紙”が必要ってことでしょうね。
scribing toolsというのはResearch Tableを作るときに使った筆記具のことでしょう。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵2
早速筆記具と紙をインベントリに入れ、ソーモノミコンを開いてみると・・・
先ほどの赤字部分が「Click to get a research note for this research」に変わりました。
クリックすればこの研究ノートが手に入りそうですね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵3
言われるがままにクリックしてみると、インベントリの中に「Research Expertise」なる研究ノートが追加されていました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵4
Research Tableの赤枠の部分に今手に入れた研究ノートを追加すると、Research Tableの右側に沢山の六角形が記載された紙が表示されました。
ソーモノミコンの研究のページを読むと、右に描かれている全ての知識ノード(相のこと?)を接続しろと言うことです。
つまり、空いている六角形の部分に相を置いて全部の相を接続すれば研究完了ってことなのでしょうね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵5
というわけで、Cognitioの隣にAlienisを置いてみました。
でも、何か繋がっている様子はありません。というのも、ちゃんと相同士が繋がるとエネルギーの輝く線が引かれるとソーモノミコンに書いてあったのですよね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵6
次はCognitioの隣にSpiritusを置いてみました。すると、2つの相の間に光の線が引かれました。
どうやら相同士が繋がるかどうかは、相同士の構成要素と関係があるようです。
恐らくCognitioとSpiritusは繋がったのは「CognitioがIgnisとSpiritusの合成で出来ているため」と思われます。
また、この相同士の繋がりに方向性が無いことから考えて、Spiritus側からCognitioが繋がっているのは、「Spiritusを使って合成することが可能な相の中にCgnitioが含まれていたから」ということになります。
これらの事から、Cognitioの隣に配置する事が出来る相はCognitioの構成相であるIgnis、Spiritusの他、Cognitioを合成相として使用するHumanus(Bestia+Cognitio)の3つであることがわかります。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵7
そんな調子でCognitio⇔Spiritus、Sensus⇔Spiritus、Spiritus⇔Mortuus⇔Perditio⇔Permutatio⇔Ordoと繋いで全て接続してみました。
残念ながら最短での接続とはいきませんでしたが、まあとりあえず接続できたので良しとしましょう。
全ての相を接続するとResearch Tableに入れていた研究レシピが巻物に変化しました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵8
どうやらこれが研究の成果らしいです。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵9
研究成果を手にもって使ってみると、画面左上にメッセージが出ました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵10
ソーモノミコンを開いてみると、「Research Expertise」の項目が閲覧可能になっていました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵11
早速中を覗いてみると・・・またも英語・・・私あんまり英語得意じゃないんですよね~
まあ例えの意味は良く分かりませんが、とにかく研究がより効率的になるみたいなことが書いてありますね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵12
その証拠にResearch Tableで各相にカーソルを合わせた時に構成相が表示されるようになりました。
これで、今後研究で相同士を繋ぐ際、ソーモノミコンの魔法の相のページを見る必要が無くなりますね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵13
さて、折角ですから研究できそうなものは片っ端から研究して行ってみましょう。
次はResearch Expertiseのお隣にある「Deconstruction Table」です。
Deconstruction Table・・・同名のMod入れてますねそういえば。名前から察するに分解するテーブルってことでしょうか。
アイテムを壊して相を取り出せるテーブルとかだったら良いんだけどな~

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵14
結局今回も最短で接続することができませんでした・・・私の頭が悪いのかな・・・
Cognitio⇔Humanus、Fabrico⇔Humanusと繋いで、Humanus⇔Instrumentum⇔Ordo⇔Permutatio⇔Perditioで全て接続されました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵15
同じように研究成果を使用すると、Deconstruction Tableが解放されたみたいです。さてさて、どうなるのかな?

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵16
ソーモノミコンでDeconstruction Tableのページを見てみると、Deconstruction Tableのクラフトレシピが書かれていました。
また英語ですね・・・うー
まあ、予想通りアイテムを分解して、そのアイテムに含まれている相を得るためのテーブルであることに間違いはなさそうです。
ただ、複数の相で構成されているアイテムであっても、得られる相は1種類だけとか何やら制限があるみたいです。
とりあえず作って使ってみればわかること!

ただ・・・このクラフトレシピってどう考えてもただのクラフトレシピではなさそうです。
だって、下にPerditio(20)とか書いてあるし(通常クラフトでどうやってPerditioの相を入れるの!?)、一番上には「神秘の作業台」って書いてありますもんね。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵17
そんなわけで、魔法具製作製のタブにある「Arcane Worktable」を先に作らなければならないようです。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵18
あれこれ書いてありますが、この神秘の作業台(Arcane Worktable)は通常のクラフト以外に独自のクラフトを行う事が出来るみたいです。
杖についてあれこれ書いてありますが、とりあえず作ってみましょう。
ソーモノミコンのAcane Worktableの記述によると、設置したTableに向かってWandを手に持ち右クリックすれば良いとのことです。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵19
早速Tableを設置してWandを使うと、こんな感じのTableができました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵20
神秘の作業台を開くと、中はこんな感じになっていました。
確かにクラフト台と同じ3×3のグリッドがありますが・・・どうやってPerditioを20入れればいいのでしょうか。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵21
とりあえず、Deconstruction Tableの材料を並べてみたものの、作ったDeconstruction Tableが右側の枠からとりだせません。
何か杖の下に赤字がでてるんですが・・・字が小さすぎて読めない!!

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵22
とりあえず問題がありそうな杖にカーソルを合わせてみると・・・何やら色とりどりの数字が出てきました。
これはソーモノミコンの魔導学のタブの「Basic Wandcraft」のページによると、Visという魔法エネルギーのようです。
でもって、このVisを手に入れるためにはオーラ節なるものを杖で右クリックせよと記載されているのですが、私はまだ杖でオーラ節を右クリックしたことないんですよね~
なのにどうしてVisが微妙に貯まっているのか・・・
どうやらこのVis、杖を持った(インベントリに入れた)状態で敵を倒すと、経験値オーブの色違いみたいなオーブが落ちる事があるのですが、それを取ることで杖にVisを貯める事が出来るみたいです。(オーブの色によって増えるVisが違う)
ただ、どの敵を倒すとどの種類のVisが手に入っているのかまではいまいちよく分からなかったので、とりあえず黒いVisが貯まるまで敵を倒しまくってみました。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵24
ちなみに杖を手に持った状態で画面左上に表示されるゲージでもざっくりとしたVisの量が確認できるみたいです。

発見した相を利用してThaumcraftの魔法を研究する(第48話):Minecraft_挿絵25
黒いVisを貯めてから再度Deconstruction Tableのクラフトにチャレンジしてみたところ、今度こそ作れそうです。
しかし・・・ソーモノミコンにはPerditioが20必要と書いてあったのに、実際に作ってみると22減りましたね・・・何で?消費税?

ともあれ、無事Deconstruction Tableの作成に成功したわけですが・・・この装置の効果の程はまた次回!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください