今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
今日から新しいMod「DrZhark’s Mo’Creatures」に移動もうと考えている伊達あずさです。
このMod・・・何時もならば、かなり高い優先度で取り組むことになるModなのですが、今回は大分遅くなってしまいました。

と言うのもです・・・
このDrZhark’s Mo’Creaturesは俗いう言う所の生物追加系Modで、数多くの動物やモンスターをマインクラフトの世界に追加するものなのです。
つまり、鳥や虫が好きな蘭丸さんのためだけに何時も入れているModなのですよね。蘭丸さんは毎回このModで追加される動物をことごとく捕縛し、何時でも自由に見る事が出来る檻に入れて楽しんでいるのです。

もちろん、そうやって追加された動物達を愛でるというのも間違いなく1つの楽しみ方ではあるのですが、DrZhark’s Mo’Creaturesにはそれとはまた別の楽しみもあるんです。
今回私が挑もうとしているのは、そんなDrZhark’s Mo’Creaturesの楽しみ方の1つである騎乗生物のブリーディングなのです。
DrZhark’s Mo’Creaturesで追加される動物の中には馬やロバ以外にも騎乗できる生物が幾つかおりまして、それら騎乗可能生物はそれぞれ異なる方法でペット化させることができるのです。
そして、それらの生物を飼育、育種して能力を強化、あるいは全く異なる能力を持った生物を生み出す事が出来るんです!

とは言え、今の私には持ち運びが楽で気軽に空を飛べるAir Sledや高所からの飛び降りを楽にするゼファーの剣、そして、記憶した場所に一瞬でワープできるマーク&リコールといったArs Magica 2の魔法などが既にあるため、そこまで騎乗生物に有用性はないのです・・・
そういったこともあって、有用性より見た目や雰囲気を重視する蘭丸さんが居ないこの世界ではDrZhark’s Mo’Creaturesが後回しになってしまったわけなんです。

だがしかし!
この世界は既に便利過ぎる程に便利なので、今更有用性とかどうだっていいんです!!
そこに、取り組める何かがあるのであれば、とにかく取り組んでみるのです!第78話ともなればそんなことになるのは仕方がないのです!!

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵1
ブリーディングを開始する前に用意しておかなければならない物があります。それは厩舎!
いや、この厩舎は何もブリーディングした動物達が逃げ出さないようにするためだけの雰囲気的な建物ではないんです。ちゃんと、厩舎を作らねばならない理由があるんですよ。
厩舎がなぜ必要かということは後で説明するとして、とりあえず厩舎を建ててしまいましょう。
場所は発電所の隣辺りにします。私は残念ながらでこぼこした地形を活かしたおしゃれな厩舎を建てるなどといった建築スキルを持ち合わせていないので、先に整地してしまいます。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵2
整地した所にちょっと大きめの厩舎を作ってみました!
まあ・・・出来る範囲で豆腐建築に抗ってはみました。もちろん、実益だけなら別に豆腐建築の厩舎でも全然問題ありません。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵3
こちらが厩舎の間取りになっています。青い四角がフェンスゲートで、赤い四角は木のドアを表しています。
入り口の幅が1マスだと中に入らないケースがあるので、全て幅2マスとなるようにしてます。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵4
捕まえてきた動物や繁殖後の動物を入れておくスペースはこんな感じのフェンスとフェンスゲートで囲われた4×4の空間になっていて、入り口が中央の通路に面するよう、向かい合っています。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵5
先ほどの見取り図で、一カ所だけ入り口が木のドアとなっていた場所がこちら。ここで動物の繁殖を行います。
他のスペースとは異なり、全面が木材で覆われています。必ずしも全面を不透過ブロックで覆う必要があるわけではないのですが、出来れば何かしらの通行不能ブロック(フェンスとかガラスとか)で覆っておいた方が良いでしょう。ただ、全面を覆う場合、入り口部分の高さは3以上確保した方が良いです。動物が通れなくなってしまうので・・・(今回は木の扉の上にフェンスゲートを設置して開閉可能、かつ、高さ3ブロックの入り口にしました)
また、この繁殖スペースの隣は作業&収納スペースとし、作業台やチェストなどを置いておきます。(それ以外はただのインテリアです)

ブリーディングに必要な繁殖スペースの作成ルールはそう難しくありません。
1つ目は4×4以上のスペースがある閉鎖空間であること、2つ目は繁殖スペースの周囲にある程度のスペースを確保することです。
実は、DrZhark’s Mo’Creaturesで追加される動物の中には「繁殖対象となる動物の8ブロック周囲に繁殖可能な動物が複数匹居ると繁殖モードにならない」動物が存在するのです。
そこで、繁殖スペースとした場所の周囲には動物が存在できないように工夫して建てる必要があるわけなのです。

今回作った厩舎では、繁殖スペースの入り口が面している通路の幅が6ブロックあり、また、繁殖スペースの隣を作業スペースとしたことで、厩舎全てが動物で埋まった場合でも、問題なく繁殖できるような作りにしました。
こういったDrZhark’s Mo’Creatures独自の繁殖ルールを満たすために厩舎を作る必要があったのです。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵6
厩舎が完成したので、次は中に入れる動物を捕まえに行きます。
今回のタイトルから大よそ見当がついているとは思いますが、最初のブリーディング対象はウマです!
1.7.10のマインクラフトにはModを追加せずともデフォルトでウマが存在しますが、DrZhark’s Mo’Creaturesで品種改良することができるウマはマインクラフトに最初からいるウマとは別のウマなのです。
交配による品種改良を実施するためには、最低でも片方のウマがDrZhark’s Mo’Creaturesのウマでなくてはなりません。
そこで、とりあえずリンゴをいくつか持って、DrZhark’s Mo’Creaturesのウマを捕まえる旅に出ましょう。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵7
拠点の近くで1匹目のウマを見つけました。
このウマがマインクラフト(バニラ)のウマなのか、DrZhark’s Mo’Creaturesのウマなのかを見極めるのは非常に簡単。
ウマを右クリックした際、ウマの背に乗るか、乗らないかで判別する事が出来ます。背に乗れてしまうウマはマインクラフトのウマです。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵8
見つけた馬はDrZhark’s Mo’Creaturesのウマだったので、リンゴを与えて(リンゴを手に持って対象となるウマを右クリック)ペットにします。
上手く行くと「Choose your Pet’s name:」と出て、ウマに名前を付ける事が出来るようになります。
残念ながらここでは全角が使えないので「Horse No.1」と名付けておくことにします。まあ、ンマ1号ってことです。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵9
DrZhark’s Mo’Creaturesのウマには普通のサドルを付ける事が出来ません。
その代わりに、こんな感じのレシピでクラフトすることができる「Crafted Saddle」を使います。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵10
こんな感じになりました。じゃあ、Horse No.1を厩舎まで連れて行きましょう。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵11
Horse No.1を厩舎に入れ、再び、ウマを探す旅に。
少し遠くまできちゃいましたが、2匹目のウマ「Horse No.2」を無事ペットにすることができました。
あれですね・・・名前考えるの面倒臭くなっちゃったんですね。うん。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵12
無事、厩舎の繁殖スペースに2頭のウマが入りました!

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵13
DrZhark’s Mo’Creaturesのウマを繁殖モードにするにはカボチャが必要になります。(キノコシチューやケーキでもOK)

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵14
カボチャを繁殖スペースに入れた2頭のウマに使用する(手に持って右クリック)ことで、ウマが繁殖モードに入ります。
この状態で、暫く放置しましょう。(プレイヤー自身もある程度繁殖スペースから離れておいた方が良いかも)

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵15
無事繁殖に成功すると、野生のウマをペット化した時と同様に名前を付けろの画面が出てきます。
マルチプレイの場合は、繁殖中のウマにより近い位置にいたプレイヤーにペットの所有権(命名権)が与えられるみたいです。

今日から馬主!DrZhark’s Mo’Creaturesのブリーディングに挑む(第78話):Minecraft_挿絵16
産まれたてのウマはサドルも着けれず、繁殖させることもできませんが、大人になれば、実の親と繁殖させるという超インブリードも可能です。
こんな感じにウマの交配を繰り返していくことで、ウマのHPやスピードなどを成長させていくことができるのですが、もちろん、そんな取り留めもない交配を繰り返していくつもりはありません!このブリーディングには明確な目標を定めたいと思っています。

その目標は・・・また次回にでも。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください