ドラゴンクエストビルダーズとマインクラフト(Minecraft)は本当に似ているの?

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

皆さんこんにちは。
マイクラ歴約1年の伊達あずさです。

しかしながら・・・マインクラフトを購入してからもう1年近くも経つんですね。オンラインゲームでもないのに1年も変わらず遊ぶとか、冷静に考えるとちょっと異様かもしれません。
そんな未だ変わらず楽しめているマインクラフトなのですが、レベル上げなど「強さの積み上げ」が大好きな私には、冒険面において若干の物足りなさを感じるのですよね~

ま~そりゃ、冒険心はファミコンで解消すればいいじゃない!と言われてしまうと、それはそうなんですが・・・私もたまにはマインクラフト以外の現代ゲームをやりたいのです!
というわけで、マインクラフトに似ていると巷で噂のドラゴンクエストビルダーズを購入してみちゃいました!

まあ、私は蘭丸さんのようにPS4もPS Vitaも持っていないので素直にPS3版での購入となりました。
描写範囲やセーブ速度などは違えど、根本は同じみたいなので特に問題ないでしょう!

と、言うわけで実際に遊んでみた感想から先に申しあげておくと・・・

マインクラフトとは似て非なるゲームでした!

うん。むしろこれって、マインクラフトと同じジャンル(サンドボックス)ですらないのかもしれません。
確かに「地形がブロック化して再配置できる」という点では一緒なのですが、それ以外の根本的な方向性が全然違うのですよね。
どっちかというと、ダンジョンキーパーというゲームに似ているような気がします。
では、私が感じたマインクラフトとの違いをまとめてみましょう。

相違点その1:システム的に明確な目標がある

マインクラフトの場合はゲーム開始と共に何の説明もなくぽ~いと世界に放り出されます。
ゲーム的にはエンダードラゴンを倒すという目標があるものの、特にエンダードラゴンに困らされている人が居るわけでもなく、自分もエンダードラゴンに悩まされているわけでもないので「別に倒してもいいけど、倒さなくても何の不都合もない」というふわっとした目標でしかありません。もちろん、エンダードラゴンを倒したからといってゲームが終わるわけでもなく、何事もなかったかのようにゲームが続けられます。
もう1年もマインクラフトをしている私ですが、実はまだエンダードラゴンと戦ったことないんですよね・・・そりゃ、戦おうと思えばすぐ戦えちゃうんですよ?開始早々エンダーマン狩りをして、エンダーパールを集めたら、今度は地下に潜って鉱石集めをして、ダイヤの装備&道具を作って黒曜石を集め、ネザーに行ってブレイズロッドを少々集めた後に世界を歩き回って要塞を探し、エンドポータルを作ればすぐに戦えてしまいます。まあ、弓作ったり、装備にエンチャントを施したりしたとしても、1日もあれば全部やれちゃうレベルです。
ですが、別にエンダードラゴンを倒したからといって、何か良いことがあるわけでもないので何となく倒さずに1年経っちゃいましたよ・・・

ですが、ドラゴンクエストビルダーズの場合はそんなことはありません。
ゲーム開始早々ジャパニーズRPGの代表ともいえるドラゴンクエストの名を冠しているだけあって、物凄く丁寧に指示されます。
このゲームの目的は失われた街の復興なのですが、マインクラフトのように自分勝手にブロックを並べても復興できません。
街に住み始める人々から指示された通りに決められたステップを踏まなければ復興が進んでいかないのです。
じゃあ、復興そっちのけで勝手に建物でもなんでも建ててしまえばいいかというと、そうもいかない事情があるのですよね。
というのも、復興を進めることで「新たなブロックの製作と土地への移動」が段階的に開放されていくからなのです。
なので、最終的な自由を手に入れるためにはどうしても決められたストーリーに乗っ取って制限された中でのプレイを何度か繰り返さなければならないのです。

なんかこういっちゃうと、物凄く窮屈そうですね・・・
でも、マインクラフトのように何の目的も与えられず、突如放り出されると「何から手を付けたらいいのかさっぱりわからないよ!」という人にとっては逆にとっつきやすいシステムでもあるのです。
それに、段階を追って徐々にプレイ方法が身についていきますので、チュートリアルなど何もないマインクラフトと比べればかなりの親切設計ですね。
が、何と言っても最大のメリットは、ゲームにしっかりとしたストーリーがあるということです。
さり気なくドラゴンクエストビルダーズのストーリーって私好みのストーリーなのです!ドラゴンクエスト1をプレイしたことがあるならより楽しめるストーリーかもしれませんよ?

相違点その2:世界が1つではない

マインクラフトの世界も通常の世界の他にネザーやジ・エンドなど幾つか世界が分かれてはいますが、他の世界に行ったからといって、以前の世界がリセットされたりすることはありません。
しかし、ドラゴンクエストビルダーズの場合はゲームの各章毎に全てがリセットされてしまうのですよね。
つまり、いくら前の章で綺麗な街を作ったとしても、次の章に進んでしまうと前の街に戻ることはできなくなります。
持っていたアイテムも全部失われますし、キャラクターの強さも初期化されてしまいます。まあ要するに、完全な別世界なんですよね・・・
一応、ドラゴンクエストビルダーズにも「フリーモード」なるストーリーに捕らわれない自由な世界があることにはあるのですが、最低でも1回は全ての章をクリアしていないと制限が多すぎて、全然フリーじゃないのです。
本当に全てを自由にするためには、章をクリアする際に章毎に決められた規定の条件を達成することが求められてくるため、何度もその場限りの世界でのプレイを強いられてしまうんです。
何と言いますか・・・マインクラフトのような永遠に続く世界はこのゲームにおけるエンドコンテンツなのです。

なので、マインクラフト感を期待し、「ドラゴンクエストの世界で自由に建設を楽しみたい!」と思って購入すると、自由な建設にたどり着く前に挫折してしまうかもしれません。
ドラゴンクエストビルダーズの主目的は建設ではなく、ゲームをクリアするために必要な手段の1つでしかないのです。

相違点その3:建設には意味がある

マインクラフトの場合、特殊な効果を持つブロックというのはただ地面に置くだけで効果が発揮されます。
ゲームシステムから合理的に考えるならば、凝った調度品も必要ありませんし、家すら別になくても何の問題もありません。
果てしなく広がる平原のど真ん中にベッドと作業台、かまどを配置して暮らそうが何の支障もないのです。

ですが、ドラゴンクエストビルダーズの場合はそうでもないのです。それは、このゲームに部屋という概念があるためなのです。
高さ2以上のブロックで囲われている空間(広すぎるとだめ)に扉と明かりを置くことで、その空間は部屋と認識されます。この部屋の中に決められた家具を配置することでプレイヤーに有利な効果もたらす部屋へとグレードアップさせることができるのです。(部屋の中には敵の攻撃から街を守るための罠なんていうものもあります)
とは言え、街として認識される範囲には制限があるので、どうしても戦略的に部屋を作る必要がでてきます。
戦略的に部屋を作る必要性があるという時点で、自由とは真逆を向いていると言えるかもしれませんね。

相違点その4:敵にもちゃんとした目的がある

マインクラフトの世界では基本的に夜しか敵と呼べるようなものが出現しません。その敵も特に目的を持って襲い掛かってくるわけではなく、単に視界に入ったから攻撃してみちゃったという程度でしかありません。(Modをいれたら別ですよ?)

しかしながら、ドラゴンクエストビルダーズの場合は拠点という概念がシステム的に存在し、敵が施設破壊や住人殺害を目的として定期的に攻撃を仕掛けてくるのです。そこで、部屋や罠といったものを活用して、拠点に攻めてくる敵から街を守らなくてはならないのです。
また、各章にはボスも存在し、普通の敵とはシステム的に異なる戦い方が強いられます。
これはマインクラフトには全くない概念ですね。マインクラフトには守るべき拠点という概念がそもそもないのですけどね・・・自分がここが拠点だと思えばそこが拠点なんです!

相違点その5:街の人がちゃんと生きている

マインクラフトには、「ハァン、フゥン」というだけのコミュニケーション不能な村人しかおりませんが、ドラゴンクエストビルダーズの住人達は、理解可能な言葉をしゃべってくれる上、人毎にちゃんとした個性があります。
さらに、プレイヤーのために料理を作ってくれたり、家具を作ってくれたり、一緒に戦ってくれさえするのです。
まあ、マインクラフトの村人も交易ぐらいはできますけど、もう少し頑張ってくれても良いような気はしますね~

まとめ

と、こんな感じで結構マインクラフトと違う・・・いえ、全然違うジャンルのゲームなんです!
マインクラフトがサンドボックスというジャンルであるとするならば、ドラゴンクエストビルダーズはリアルタイムストラテジー(タワーディフェンス)です。
なので、マインクラフト感を期待して買ったら絶対に後悔します。
このゲームは「ドラゴンクエストが好きな人」、「ストーリーを楽しみたい人」、「タワーディフェンスが好きな人」にお勧めです!

と、ここまで散々色々なことを書いてきましたが、ドラゴンクエストビルダーズをプレイして私が一番痛感したことは、マウスって本当に便利なんだなぁ・・・っていうことでした。うん。

おまけ

ドラゴンクエストビルダーズはカメラワークに結構難があるゲームなのですが、屋根がある場所などでキャラクターが地形に隠れて見えなくなった時は「R3ボタン(右スティックを押し込む)」を押すと幸せになれるかもしれませんよ。

ドラゴンクエストビルダーズとマインクラフト(Minecraft)は本当に似ているの?_挿絵1

エンタメ紹介所記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です