クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
これまでの不穏な空気を払拭できるような新展開に巡り合えそうな予感がしている伊達あずさです。
まあ、正しくは予感・・・というより、希望・・・いや、むしろ単なる願望かもしれませんね。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
ではジェノサイドームの中から再開したいと思います。
これから、ロボの体を使って扉を開けたり、ガードマシンを2体並べて廃棄処分にして、マザーとの謁見に必要な人形を集めなければなりません。急ぎましょう。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
端末横にあるスペースに入ると、ロボが電気を帯びました。ルッカの改造はこの辺の規格をしっかりクリアした上のものだったみたいですね。安心しました。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
そのまますぐ南にある溝にダイブです。すぐ横の扉が開きました。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
開いた扉の奥には・・・箱ですか。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
先ほどの端末の北側にも同じやり方で開きそうな扉があるのですけど、ロボが体に電気を帯びていられる時間ってそう長くはないのですよね。つまり、現状だと電気を帯びたままここまで来ることが出来なさそうなのです。ただ、あてはあるんですよ?

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
途中にあるこの南に向かって流れるベルトコンベアを北に向かって流れるように変更した上で・・・

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
この謎の突起物がへこむなりして無くなれば、ロボの帯電状態を維持したまま先ほどの場所までたどり着くことが出来そうです。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
後は・・・西側にもこれまた同じ方法で開くことが出来そうな扉があるんですけど・・・例の溝が微妙に狭くなっててロボが中に入れないのですよ。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
多分、ここにある3つのレバーを上手く操作することで、ロボが先ほどの溝に入れるようになるんだと思うのですが・・・特にこれに関する操作のヒントなどは今のところないのです。
じゃ~総当たりでやっちゃう?どうせ8通りしかないし。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
どうやら「真ん中のレバーだけONにする」が正解だったみたいです。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
1つ目の人形をゲットしました。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
もう1つの人形は例のガードロボによって守られちゃってるのですよね。これは2体並ばせないといけないらしいので現段階では無理かも。ただ、これを2体並ばせるってどういう意味なんだろう・・・

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
今の段階ではこれ以上の手が見当たらないので、素直に上のフロアに行きたいと思います。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
あっ、こんなところにパワーカプセルが落ちてました。最近、パワーカプセル多いね・・・どうせならスピードかマジックがいいよ!

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
この道を進んでいるとまた謎のメッセージが再生されます。

メッセージ「もう気付いているかしら?アナタ達、人間がいなければこの星は平和なのデス。それでも、あなた達は戦うのデスカ?何のために?」

これって例のマザーが私達に向かって話しているとかなの?それにしては喋り方に違和感があるのですよね・・・
それに内容もかなり変です。人間が居なければこの星が平和になるって一体何を根拠にそのようなことを?そもそも、平和の定義が不明確すぎます。私達はあくまでも人間にとって・・・いえ、私達にとって都合の良い未来を暇つぶしがてら目指しているだけですから、人間が居なけばなどという前提自体が既に論外なんですけど?
私達は人間なわけですから、人間が存在しているという前提以外の平和など意味がないのです。そりゃ~人間以外の生き物にも平和を目指す権利はあるでしょうから、自分達の平和のために人間が邪魔というのであれば排除を試みればいいと思います。ただそうなった場合、私達は人間なので、断固戦うだけのことです。そんなの当然ですよね?これがマザーからの質問なんだとすれば、随分と出来の悪そうなAIですね・・・

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
奥はエレベーターですか。ここは後回しにしましょう。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
行く手を阻むレーザーをいかにも止めることのできそうなレバーが目の前にあるんですけど・・・如何せん位置が高い!!

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
レバーに向かってダッシュしたらロボがジャンプでレバーを下げてくれました。い、いや・・・これは単なるラッキーです。残念ながら狙って発見したわけではありません。せっかちな私はほぼほぼダッシュで進んでいるので、その際、偶然発動しちゃっただけです。

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19
ここでもまた謎のメッセージです。

メッセージ「聞きナサイ、不完全で壊れやすく愚かな生き物よ・・・ラヴォスの子供達は、やがて宇宙に帰って行くデショウ。新たなエサを、星を求めて・・・この星は持ち直シマス。人間さえいなければ・・・そして私達ロボットの新しい世界が築かれるのデス。鉄の国・・・憎しみも悲しみもないユートピアが。私達こそが人間に変わる新しい『種』なのデス。もうムダな事は止めナサイ。諦めて眠りナサイ・・・」

う~ん・・・今回は明らかにマザーっぽい感じの口調でしたね。
で・・・正気ですか?憎しみも悲しみもないと言ってましたけど、以前、うちのロボがそちらのロボットと思われる輩から、かなり悪質な暴行を受けてるんですよね。いったいどの辺に憎しみや悲しみがないのか説明してもらいたいな。
大体、マザー自体が私達人間に激しい憎しみを抱いているように見受けられますが、私の勘違いなのでしょうか?つまり、あなた達にも憎しみという感情・・・いや、所詮はそれもおもちゃかもしれませんけど、そんな感じの思考ルーチンは存在するみたいですよね?それなのに何故自分達には憎しみや悲しみがないユートピアが築けると確信できるのでしょうか。例え人間が消えたとしても、自分達にとって都合の悪い何かしらの存在が現れれば、その相手に対してまた同じように憎しみを抱くわけですよね?例えそれが自分達のお仲間であったとしても。それって人間と何か違う?
明らかに完璧ではないのに、自分達を完璧だと思い込んでいる者ほど滑稽で愚かな者はいませんね。人間とあなた方・・・果たしてどちらが不完全なのでしょう?私達を壊れやすいと称してましたけど、ロボットのくせに論理性すらただの人間である私以下なのであれば、そちらは既に壊れちゃってるのかもしれませんよ?
ま~何れにしてもあなた方は分かりやすく人類の敵みたいですし?ど~せ近い将来私達に壊される運命ですけどね!あっ、でもその前にちゃんと引き出せる情報は引き出させてもらいますけど。じゃないと、ここに来た意味が無くなっちゃいますからね。色んな意味で!

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
更に奥へ進むと・・・ん?ベルトコンベアで人が流されてる!?しかも、ベルトコンベアで流された人が視界外に行った途端悲鳴が。

ルッカ「な、何なのよこれ!?助けなきゃ!!」

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
だがしかし、謎の電流によって遮られてしまいます。

ロボ「キカイを止めマショウ!」

クロノトリガーのプレイ日記92:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
賢明に機械を操作したのですが・・・

ロボ「ダメです。プロテクトが何重にもかかっていて・・・ココのマザーコンピューターを破壊スルしか・・・手はありマセン・・・」

うーん・・・物理的に全てを破壊するのでは何故ダメなの?
世界を破壊しつくせるラヴォスすら凌ぐほどの火力が私達には備わっているのですから、こんな施設を破壊するぐらいわけないでしょうに。
それがダメならダメな理由をもう少し丁寧に作って欲しいものです。
何となく嫌な予感がしてきたので今日はここまでということに・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.