悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
サイファさんを押しのけて強引に出番を作っては見たものの、やはり私らしく名より実を取るべきなのではないかと思い始めた伊達あずさ・・・もとい、ラルフ・あずさ・ベルモンドです。
でも、ヴァンパイア・ハンターなどといった怪しげな商売をやっている内は名も大事かなぁ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
そんなことを考えながらも2つ目の扉前から再開です。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
ライトニングボルトだったらこの位置からでも一方的に攻撃できるのになぁ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
ここだって・・・いや、ここなら聖水でもいけるかな?

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
結局聖水は届かなかったけど、燭台からデュプリケイト三倍速の錬金アイテムがでた!!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
これでショートレンジでの爆発力だけは確保できたけど、それでもやっぱりライトニングボルトの万能性には遠く及ばないなぁ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
これはサイファさんにも同じことが言えますけど、間違って違うアイテムを拾ってしまうと、結構、取り返しがつかない事態になってしまうのですよね。アテナの世界でも同じような問題に直面してましたけど、拾うアイテムぐらい好きに選ばせてほしいものですよほんと。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
3つ目の扉です。そろそろ大物さんが出てきてもおかしくないけど、このエリアには扉と扉の間が短めのところもあったし、もう1つぐらいは大物の前に扉がありそう。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
う・・・足場の見た目はいつも通りだけど、それでも崩れそうな雰囲気がひしひしと伝わってくる。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
ほらやっぱり!!こういう遠景+1ブロックの橋は昔から崩れるって相場が決まってるんですよ!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
そして、こういうところでお決まりとなる空飛ぶ敵・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
やっと足場が安定したと思ったら下から半魚人が飛び上がってきました。なんかアトンランチスでも同じような目に遭ってたような・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
半魚人達を鞭でしばき倒しながら進んだ先には大物の風格(BGM)を漂わせた双頭の竜が!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
水の中から出てきた竜の頭を鞭で殴っていると、まさかの炎!水の中にいるような竜が口から炎を吐くだなんて!や、焼かれ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
ない!
びっくりしすぎて明らかに手遅れ感が凄まじいジャンプを繰り出しちゃったけども・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
その後も鞭で叩いていると頭が1つ壊れました。あ、いやまてよ・・・双頭ではく、単に2匹いるだけという可能性もありますね・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
相手の炎も届かないけど、私の鞭もぎりぎり届かない。しかし、私の鞭より射程が短いとは・・・サイファさんが使う炎の魔法の方が射程長いね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
頭が出てきてから炎を吐くまでの間も結構ゆっくりだから余裕でかわせます。なんか弱くない??

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
結局、双頭なのか双竜なのかは最後まで分かりませんでした。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
ちゃんと1人で大物倒せましたよ!見たかサイファさん!!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
ここからは城内の地図に切り替わります。何だか魔界村っぽいですね。
それはそうと、良く城内の地図なんて入手できましたねぇ。恐らく、少なくはない先人達の血によって描かれたであろうこの地図を信じるならば、ヴラドがいる場所まで後4エリアはあるってことになるでしょうか。そして、この灰色で書かれた部分にそれぞれ大物がいるってことになるのでしょうね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
そんなわけで、いよいよ敵の本陣となる悪魔城内です。ここはブラン城なんでしょうか、それともポエナリ城なのかな?

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
一先ずサイファさんと交代することにしました。ほ、ほら、ヒーローは遅れて登場するものなんですよ!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
リフトを待つ間、縄・・・いや、球跳びです。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
一瞬、全然届かない!!って思ってどきっとしましたよ。遠景(乗れないところ)と近景(乗れるところ)がごちゃごちゃになってしまってわけがわからなくなってきました。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
ハーピーっぽい敵がぴょんぴょんと跳ねるウサギ型の敵を投下してきます。敵の動きが速いせいなのかライトニングボルトの追尾もいまいちな上、凄く頻繁にやってくるのでなかなか上に上がれない。これ、ライトニングボルトなしだったらどうなっていたことでしょう・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
ようやく1つ目の扉です。地図にあった黄色い区画の数から推測するに、恐らく3つ目の扉を超えた先に大物がいると思うんですよね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
ちょっとライトニングボルトの残り弾数が心もとないですね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
しかし、こういった世界の場合、状況によっていくつかのサブウェポンを使い分けて進むことを要求されそうなものなんですけど、最初から今まで見事なまでにライトニングボルト一辺倒なんですよね。まあ、色んな武器を使い分けて戦うよりも、1つの気に入った武器をずっと使い続ける方が現実的なのでしょうけどね。きっと私以外の人がサイファさんを指揮したら、ライトニングボルト以外も日の目を見るのでしょう。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
あっ、匠のシーソー(勝手に命名)です。これを使って右の高いところへ登れってことですか。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
おっこちないように気を付けて・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
よいしょ~

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
相変わらず絶妙な金具の締め具合です。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
なんかさ・・・私、ここが乗れそうに見えちゃうのですよね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
匠のシーソーの先には2つ目の扉がありました。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
私とまる被りの骨が不死身になってしまいました。不死身って卑怯ですよねぇ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
急に難度が爆上がりしてきたのですけど・・・この骨の鞭って何気にスピーディだから嫌いなのです。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
ライトニングボルトの弾が3つではなく1つだったとしたら、きっと歴史は変わっていただろう。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
現実的にはどういう原理なのか分かりませんが、とにかく下に向かって強制スクロールしてます!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
そして、この辺にある足場は乗っているとゆっくりと崩れます。でも、かなり長持ちな上、どうせ下に降りたいのであまり気にはならないかも。これがもし、上に向かっての強制スクロールだったら、大分話は変わったかもしれませんけどね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
最後の区画は扉による仕切り無しでいきなり大物さんがいる部屋と繋がっちゃってました。お相手は前にも1度戦ったことのある例の人魂です。今回は棺が3つありますね。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
中からは前回同様2体のミイラが出てきたのですが、これは流石に・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
今度は右の棺からサイクロプスが出てきました。こ、これもねぇ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45
まあ確かに当たる部分が小さいので当てづらいことは当てづらいですけど。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
止めは調子にのって兜割で決めてみました。ハート温存です。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵47
サイクロプスが燃えている間に元の位置に戻ります。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵48
でもって最後は・・・な、なんか急に強そうなの出てきた!?

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵49
何をしてくるのかと思いきや、ぴょんぴょんと跳ねながらにじり寄って来るだけ!でも、図体が大きいので逃げ場がなくなっちゃう!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵50
最大限まで近寄ってきたところで頭上を跳び越え、向こう側の足場へ・・・

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵51
図体の大きさが災いし、あっという間にライトニングボルトの餌食になりました。

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵52
敵が燃えたのを見たらすぐさまちぇ~んじ!

悪魔城伝説のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵53
まあるい物を拾うのは主人公たる私の役目です!
これで残るエリアは後3つ!そして続きは・・・次回なのです。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.