アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

皆さんこんにちは。
かなりロールプレイングゲームが恋しくなってきた伊達あずさです。
ま~もちろん、スーパーファミコンの方はロールプレイング率が高いですし、そこまで渇望が激しいというわけでもないのですが・・・
テキスト少なめのアクションゲームだと、私の貧相な想像力が白日の下にさらされちゃいますからね。
そう言いつつも今回プレイするのは「アテナ(Attena)」なのです!
アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

どことなく時代を感じさせる女の子が描かれたピンク色のカセット。ふわっとした感じのストーリーと少しだけファンシーな姿の敵。
何処となくライトな雰囲気を醸し出しているこのアテナという純アクションゲーム・・・
そんな装いに反して結構難しいアクションゲームだった記憶が!!
あっ、テキストがないアクションゲームだし、詳細は後に取っておいた方がいっか。
じゃあ軽くストーリーの確認を・・・

ストーリー(概略)

おてんば姫として名を馳せたビクトリー王国の王女アテナは退屈しのぎに異世界(幻想界)へと飛び込み、冒険ついでにその世界を支配している帝王ダンテを討伐しちゃいます。
以上!


特に目立った被害があるわけではないけど、何となくダンテが気に入らないから倒しておこうみたいなノリなんですね・・・
一応、帝王ダンテはビクトリー王国に些細なちょっかいを出してはいるみたいですけど、基本的には暇つぶしを目的とした幻想界に対するビクトリー王国の侵略行為ってことになります。多分、ダンテが行っているちょっかいっていうのも言いがかりに決まってます!

だがしかし、どんな汚れ仕事であろうとも、やれといわれればやるのが私!
今回は侵略国家ビクトリー王国の王女アテナとして、立派に幻想界を滅亡させてやろうじゃありませんか!

というわけで、私が書くプレイ日記のスタイルについてはこちらを予めご確認ください!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
というわけで、退屈なお城から幻想界その1「森の世界(World of Forest)」へと侵攻開始!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
あ、そうそう。
幻想界への侵略という名目ではありますが、私が気軽に単身敵地に乗り込むほどですから、ビクトリー王国と幻想界との戦力差は歴然なのです。
そんな遊び半分でやってきたため、幻想界に来る途中で動きづらいドレスは脱ぎ捨てちゃいましたし、到着時の装備品もバカンス気分の水着(のような鎧)だけです。当然、武器も防具も現地調達です。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
その昔、謎の異国人から教えてもらったカポエラの多彩な足技で幻想界の先兵達を昇天させまくっていると、敵が所持していた棍棒の強奪に成功しました。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
敵から奪い取った棍棒を手にキョンシー相手に培った功夫の技で敵を屠り続けていると、今度は敵がハンマーを落としました。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
かつて、微笑みの撲殺集金天使として名を馳せていた私は、嬉々としてハンマーを振るい、眼前の敵達から金目の物を奪っていきます。あははっ、あははははっ!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
突如地面からお花が生えてきたので、すかさずハンマーで殴り潰すと、この植物産とおもわれる怪しげなハートの成分が空気中に放出されました。
このハートの成分を吸引するととてもいい気持ち(LIFEが回復するという意味です!)になれるので、私はこのお花、結構好きかな?

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
私ぐらいのお年頃になってしまうと、夜の校舎の窓ガラスを壊して回る程度ではもう満足できません。
そこで、真っ昼間からハンマー片手に岩ブロックを壊して回ることにします。幻想界では岩ブロックを壊してもアイテム化しないみたいなので、残念ながら、この岩を材料にしてかまどを作ったりすることは出来なさそうです。ただ、岩を壊すだけでお金がもらえました。ちょっとしたアルバイトですね。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
こうみえて、几帳面な私は撲殺時に飛び散った血糊も綺麗にふき取りますし、眼前の岩だって綺麗に破壊します。
その甲斐あって、岩の中から兜を見つけました。岩の中からお金や兜が出てくるとか、その常識に捕らわれない世界観・・・流石は幻想界です!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
偶々見つけた兜は偶然にも私の頭にジャストフィット!
いや、最初見つけた時よりも確実にサイズアップしてますので、装着対象に合わせて大きさが変わる魔法の兜か、そうでなければゴムゴムの何かだったのでしょう。

兜をかぶったことで、私の見た目が若干(魔界村の)アーサーチックになってしまいました。
そうそう!実は彼とは何気に気が合うんですよ。彼も冒険の際には水着(ふんどし)を愛用してますし。
言い忘れてましたけど、兜をかぶると頭突きでブロックを壊せるようになります。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
その後もところかまわず破壊の限りを尽くしていると、岩の中から鉄球棒が出てきました。
これはリーチが長めの殴打武器なのですが、ちょっと攻撃時の隙が大きすぎるのであんまり私好みの武器ではないのですよね。
そんなことより、私の背後にファンシーな絵柄ながら最大限にきもい姿の何とも形容しがたい敵が!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
彼からも気持ちが良くなるハートの成分を抽出することができます。もちろん、中毒性はありませんのでご安心ください。例え過剰に摂取したとしても体内から自動的に排出されるだけです。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
私がハートの成分に酔いしれていると、木の洞から私の背後を突くようにスライムらしき敵が大量に襲い掛かってきました。
ドラゴンクエストのおかげですっかり雑魚敵の烙印を押されてしまったスライムですが、日本以外ではとても恐ろしい魔物という認識なのです。
あ、でも今私が装備しているのは幸いにして叩き属性の武器なので、スライムに対してもある程度の効果は期待できます。ぷちぷちしましょう。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
更に岩を壊していくと、今度は鎧が出てきました。もちろんこれも幻想界にはありがちな魔法の鎧、あるいは聖衣(クロス)なので、サイズは私にぴったりです。
ふっふ~ん、私も随分侵略者としての風格が出てきたのではないでしょうか。

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
最後は盾です。これだけは出てきたときとサイズ感が一緒ですね。
そして、私ほどの膂力があればこの重そうなハンマーだって軽々片手で扱えちゃうのです!

アテナ(Attena)のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
1つ言い忘れてましたけど、私の目的は幻想界の征服・・・もとい、破壊が目的なので、私が通り過ぎた後の世界は消滅していきます。(要するに1度右に画面をスクロールさせちゃうと左方向には戻せません)
更に目の前には私が愛してやまないキノコが生えています。流石の私もキノコを叩き潰すことはできません。愛ゆえに。
となると、もうここをジャンプで超えねば先へ進めないわけですが・・・あいにくジャンプ力が足りない・・・
キノコへの愛ゆえに捕らわれの身となってしまった私の運命は・・・次回へ続く。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください