エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
スーファミのプレイ日記最長記録を更新してしまった伊達あずさです。
これまでの最長記録はクロノトリガーの99回でしたからね。エストポリス伝記2は、はたしてどこまで記録を伸ばすことができるのか。

・・・では再開する前に、四狂神が神とは思えない理由について述べちゃいましょうか。

多分ですけど、三つの塔に納められているという武具だけでなく、以前ガデスが頼ったパーセライト周辺の土地を海に沈める装置やアモンが頼った精神の神殿も神が作ったものなのではないでしょうか。
確かにこれらを作った神はいかにも神様っぽいですよ。うん。でも、これらを人間と競って奪い合っている四狂神がこれらの神様と同じランクにいるとはとても思えないのです。大体さ、何故神がかけたであろう封印を同じ神であるはずの四狂神は人間と同じ方法でしか解けないのよ。

なんかこう、四狂神には神と呼べるだけの異質な力が無さすぎるのです。
例えばガデスは破壊を司る神を自称しているわけですから、自身の力だけでパーセライト周辺の土地ぐらい海に沈めなさいよ!

今の四狂神って人間の延長上の存在でしかないのですよね。
これじゃ特別な力(デュアルブレードなど)もなしにガデスを倒しちゃってるマキシムさん達だって神ですよ。
でも、そんなほぼ神といっても差し支えないような存在のマキシムさん達ですら、グラッセではスレイ一発で簡単に無力化されちゃうわけですから・・・何かもう神ってなんなのよ!

設定にも演出にもあまりに致命的な問題が多すぎる気がします。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
では再開。
もうちょっとで終わりかな~と思っていたのに、ここにきてクリアせねばならないダンジョンが一気に3つも増えてしまいました。
相変わらず、エストポリス伝記の世界の人は塔が大好きですよね・・・他の世界と比べるとダンジョンの塔率が異常です。

それにしても、現在同伴中のリサさんからは「塔の屋上へ連れて行ってください」としか言われていないのだけれど、一体どの塔に連れて行けばよいのやら・・・

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
やっぱり、ナルビクと同じ島にあるこの塔なのでしょうか。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
む・・・中に入っても塔名が表示されませんね。こういうの困る~~

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
あっ、室内に入ったらちゃんと名前が表示されました。
どうやらここは、シュマン島・封印の塔という名前のようです。韻踏んでますね。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
塔内に出現するブラックドラゴンから手に入れた暗黒の木の実をスプライト状態のモンジャラに食べさせたらユニコーンになりました。
これで残るはラディッツ(SOIL)のクラス5進化だけです。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
あ、セーブできるアレがありました。
ここまで、いくつか敵との戦闘があった程度で、大した分岐もなければ、パズルもなかったのですよね。
これまでと比べると、驚くほどすんなり最深部らしきところまでやってこれちゃいました。でも、後には塔がまだ2本も控えているわけですから、これくらいで丁度いいですよ。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
塔の最上階に着いたら何か出てきました。

ガデス「やはり、キサマ達が来たか」

マキシム「ガ、ガデス!?」

セレナ「そ、そんな・・・なんで・・・」

ガデス「エリーヌ様が島に降り立ったおかげだ。キサマに粉々にされた、私の精神をエリーヌ様が呼び集めてくれたのだ」

マキシム「エリーヌだと?そいつもキサマ達の仲間なのか!?」

ガデス「その通りだ。私にアモン、そして、エリーヌ様とディオス様。我ら四人の神が地上に君臨する時が来たのだ!」

マキシム「ふざけるな!キサマ達の好きなようにはさせん!」

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
というわけで、戦闘になりました。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
よっわ!!

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
ガデス「こ、これで勝った気になるなよ!エリーヌ様がいる限り、何度でも復活出来るのだからな。はーっはっはっは!」

捨て台詞まで弱そうです。
というか、この程度の敵であれば何度蘇っても大した問題にはならない気がします。それほどに弱い!

セレナ「マキシム・・・」

マキシム「どうやら最後に、厄介な敵が出て来たみたいだな・・・」

アーティ「エリーヌとディオス。本当の敵は、この二人みたいですね」

まぁ、何だかんだでまだアモンとも戦った事無いけどね。

ガイ「しかも、そいつらは虚空島にいるのか・・・くそっ!」

アーティ「しかし、その虚空島には、あの気流のせいで近づく事もできないなんて・・・」

リサ「あの気流でしたら、私達がなんとか出来るかもしれません」

マキシム「本当ですか!?」

リサ「マキシムさん。あなたが神の封印を解く事ができればおそらく、大丈夫です」

マキシム「封印と何か関係があるのですか?」

封印を解けば気流を何とかできるって言ってるんだから、関係ないわけないと思うんだけどな・・・何でマキシムさんってそういう頭の悪い質問ばかりするんだろう。

リサ「とにかく、そこに立ってください。神の鎧は、その中にあるのですから」

ほら、面倒くさがられちゃってるじゃん。
頭が悪いやれやれ系主人公とかあまりに残念過ぎます・・・

マキシム「わかりました」

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
マキシム「こ、この共鳴音は!」

絵では全く伝わりませんが、変な音がしています。

リサ「封印が解けます!」

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
突如、鎧が降って湧きました。

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
リサ「この共鳴が起これば大丈夫です」

マキシム「どういう事なんです?」

リサ「私がここに居る限り、この共鳴音は鳴り続けます。そして、三本の塔にある石板がすべて共鳴を始めた時・・・」

マキシム「共鳴を始めた時、どうなるのですか?」

この1ターン要る!?!?

リサ「共鳴は強い波動となります。それをぶつければ、あの虚空島の気流を、ふきとばす事が出来るかもしれません!」

何たるご都合主義・・・
というか、これまですべての塔の封印が解かれた事なんてきっとなかったでしょうに、良くそんな未知の現象まで精密に推測できますね。

マキシム「しかし、そんな事をしたら、あなた達が――――」

リサ「――――その先は、言わないでください。私には、ディオスを倒す事はできません。でも、その手助けをする事が出来るのなら、それをしたいのです。行ってください。そして、ディオスを倒してください」

マキシム「わかりました」

え?何故今の説明だけでマキシムさんはリサさん達の身に危険が及ぶことを理解できたのよ!
マキシムさんって時々エスパーになりますよね・・・

シュマン島・封印の塔

拾得物

リアリングS、ウオムリングS、レギリングS、神授の鎧

エストポリス伝記2のプレイ日記100:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
テザー&徒歩でナルビクまで戻ってきましたが、続きは次回ですね。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.