ショーシャンクの空にを観た感想と評価:映画考察

投稿日:2015年12月9日

↓↓↓ あなたの一票に感謝!
にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析

皆さんこんにちは!
最近いろんなことが思うように行かず自分の運の悪さを再確認中の伊達あずさです。

さて、そんな運の悪さ絶賛発揮中の私が今回紹介する映画は・・・
ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)」です。

いつもの様に作品情報から。

ショーシャンクの空に
原題:The Shawshank Redemption
ジャンル:ヒューマンドラマ
製作国:アメリカ
公開年:1995年
監督:フランク・ダラボン

概要:若くして銀行の副頭取を務める程の優秀な銀行員であった主人公のアンディは、不倫中の自分の妻及び不倫相手の男を殺害した罪で逮捕されてしまう。殺害に関して身に覚えがないアンディは法定で自分の無実を訴え続けるも終身刑の判決が下り、ショーシャンク刑務所に投獄されることになってしまう。刑務所のあまりに劣悪な環境に心も体もぼろぼろになるアンディだったが、不屈の精神と豊富な知識で次第に自分の居場所を作り上げていく。

さすがに私は無実の罪で終身刑になったことはないので、この映画の主人公に比べればまだまだ私の運の悪さなんて大したことはないですね!
何気に私は普段ヒューマンドラマというジャンルに属する映画をみないのですが、この所続いている低評価の嵐にすっかり自分のパッケージ選定眼を疑い始め、自分が普段ならば見ないであろうものを逆に借りてみるという無謀な賭けに出てしまった結果です。
まあ、インターネットの力で予め良さそうな映画を見繕った上の話ですけどね!

そんな、「ショーシャンクの空に」に対するおすすめ度は・・・

おすすめ度(5段階):★★★

う~ん・・・つまらなかったわけではないのですが、なんか違う!
私が思っていたヒューマンドラマとなんか違うんですよね。
私としては、ヒューマンドラマって感動したりだとか共感したりだとかする映画というイメージだったんですが、この映画にはそういう所一切ないのですよね。
何がおかしいかという話をするためには、ネタバレ要素が欠かせなくなってしまうので早速本題に入りましょう!

ここからはネタバレを含みますので、これから観る予定がある人は「ショーシャンクの空に」を見終えてからにしてくださいね!

映画考察記事一覧へ

<以下ネタバレを含みます>

登場人物

主人公:アンディ
調達屋:レッド
刑務所長:ノートン
主任刑務官:ハドレー
ゲイの囚人:ボグズ
老囚人:ブルックス
真犯人を知るこそ泥:トミー

考察・感想(ネタバレ含む)

私が期待していた通りの評価とはならなかったこの映画。
何故こんなことになってしまったのでしょう。

ヒューマンドラマというのは、誰かの人生の全て、ないし一部を描いたお話です。
とは言え、あまりに一般的過ぎる日常なんて、わざわざ映画として観たくありませんよね。
といったことから、誰にでも起こりえる程度の数奇な人生の中に感動や共感を散りばめているというのが、ヒューマンドラマなんじゃないかと私は思っていたわけなのです。

その私的前提条件から、理不尽過ぎる現実に翻弄されながらも、決して希望を捨てず、制限された環境の中でも力いっぱい生きていく主人公を描いたお話なのかな~と推測していたのです。
しかし、結果は全然違うんですよね・・・

そもそもね。
前半のアンディはあまりにも精神力が強靭過ぎて、スーパーマンにしか見えないのです。
最後になって、やっと不屈の精神の原因がわかり、そんな奥の手があったからこそ、耐えられたんだな~とはなりますが、今度は結末があまりにも爽快過ぎて、全く感動できないのです!

結局、アンディは入所当初から脱獄する気満々で、ショーシャンク刑務所でアンディが行っていたことは脱獄の意志を隠すためのカモフラージュだったかのような気すらして来て、何ら心温まる要素もありません。
確かに最後は気分良くハッピーエンドを迎えるものの、結局何のお話だったのかさっぱりわからなくなってしまったのです。

アンディが理不尽な現実を自分の力で打破するお話なんだったら、脱獄に至るまでの描写が少なすぎです。
所長の非道な行為(トミーの殺害等)によってアンディが脱獄を決めたんだとすると、入所当時のアンディがあまりにもスーパーマンすぎるのです。

もうね、最初から脱獄に燃えるお話にするか、最後まで脱獄せずに生きていくか、どっちかになっていたほうが私としては良かった気がします。
何というか程良すぎて、映画に対する印象が全体的に薄くなっちゃったのですよ。

★★★なのにかなり辛口な感想になってしまいましたけど、決して詰まらないわけではないのです。
ただ、名作との呼び声が高かったが故にちょっとがっかりしちゃった感じは否めませんでした。

以上です!

おまけ考察
ショーシャンクの空に vs プリズンブレイク

哲学的なヒューマンドラマだとばっかり思っていたのに蓋を開けてみたら「プリズンをブレイクするお話」じゃないですか!

おかしいと思ったんですよ。
ヒューマンドラマというジャンルなわけですから、主人公にはそれなりに人間味がないと成り立たないはず。
なのに、無実の罪で終身刑になっているアンディは入所当日ため息一つ立てないとか・・・
主人公がそんな不屈の精神力を持ったスーパーマンだったら、観ている普通の人はまったく共感できないじゃないですか。

おかしい・・・名作と評判だったはずなのに、そんなリアリティの欠片もないヒューマンドラマであろうはずがない。
ひょっとすると、アンディは脱獄する気満々で入所してきたんじゃ・・・
と、TVドラマ「プリズンブレイク(2005年公開)」を鑑賞済みだった私はぴんっと来てしまったのです。

そんな私の予想は結果的に大当たりで、最終的にアンディはプリズンをブレイクしてしまうわけですが・・・
何というかTVドラマ「プリズンブレイク」と全体的に似てませんか?
脱獄の描写とか登場人物の構成とか・・・

登場人物比較

改めて考えてみると、登場人物の雰囲気が結構そっくりなんですよね。

ショーシャンクの空に プリズンブレイク
頭脳派主人公枠 アンディ マイケル
調達屋枠 レッド シーノート
同性愛枠 ボグズ ティーバッグ
動物を飼うおじいちゃん枠 ブルックス チャールズ
感じが悪い刑務長枠 ハドレー ブラッド
主人公に裏切られる所長枠 ノートン ポープ

こんな感じでしょうか。
結構主要人物の構成が似ているのですよね。
う~ん・・・やっぱり刑務所という同じ場所が舞台となると登場人物構成って似たような感じになっちゃうんですかね。
でも、この大雑把な枠組み以外にも似てる点があるんですよ?

例えば、
調達屋の2人はどっちも黒人。
ボグズとティーバッグはどっちも暴力的。
おじいちゃん達はどっちも模範囚。
刑務長はどっちも囚人を虐待してる。

と、かな~り似ている気がするのですよね。
まあ、所長に関してだけ言えば、ノートンは悪者ですが、ポープは結構良い人なのでちょっとだけ違いますけど・・・

脱獄の手口

プリズンブレイクは「プリズンをブレイクすること」に焦点を当てて描いているため、脱獄の方法がかなり具体的です。
それに比べ、ヒューマンドラマであるショーシャンクの空にはおまけ程度の脱獄です。
なのに、何となく脱獄方法が似ている感じがするんです。

アンディもマイケルも、自分の牢の壁に穴を開けて脱獄します。
穴を開けたときの破片を運動場に少しずつ捨てている点も一緒なんですよね。

もちろん、プリズンブレイクの方はもっともっと具体的なのですが、何分ショーシャンクの脱獄シーンが少なく、その数少ない描写に一致する点が多いと、全部一緒だったかのように錯覚しちゃうんですよね。

とは言え、全く一緒なわけじゃない

プリズンブレイクの主人公マイケルは、無実の罪で死刑が確定している兄を脱獄させることが目的なので、最初から脱獄のことしか考えてませんけど、ショーシャンクの空にの主人公であるアンディは確かに最初から脱獄するつもりではあったのかもしれませんけど、ショーシャンク刑務所の環境を改善するために努力してみたり、損得勘定抜きで囚人達と仲良くしたりしていました。

「ショーシャンクの空に」が主人公アンディの囚人生活を中心に描いているとするならば、「プリズンブレイク」は主人公マイケルの脱獄の過程を中心に描いている作品といった感じですね。

まあ・・・そうやって考えれば似て非なるもののはずなんですが・・・
な~んか私にはそっくりに見えちゃったのですよね~
プリズンブレイクがショーシャンクの空にから受けた影響はやっぱり少なからずあるのではないかと思うのでした。

映画考察記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

ランキングへの投票よろしくお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析
伊達あずさ
Studio POPPOのプログラム兼システム担当です。 ウォーキング・デッド大好き!ダリルかっこいいよっ!主食はキノコです。

ショーシャンクの空にを観た感想と評価:映画考察」への12件のフィードバック

  1. キティ

    登場人物比較のところですが、感じが悪い刑務長枠の名前は逆じゃないですか?

    返信
  2. San

    今日この映画を観ました。泣けるほど感動しましたよ、うん。よい映画でした。
    でも、伊達さんのような感想があってもいいじゃないですか。
    それを責めちゃいけません。

    返信
  3. りゅう(た)

    この映画は大好きな作品です
    brooks was here , so was red
    とかたまらない

    返信
  4. あか

    面白くないってことをだらだら書いてなんなんですか
    おまけに他の作品と似てるとか似てないとかショーシャンクの空にがプリズンブレイクのパクリとでもいいたいのでしょうか?どっちかといえばプリズンブレイクのほうが10年ほど後です

    この映画をまだ見ていない人に向けて紹介することが目的なら文句ばっかり書かれてるんでこの作品がつまらないという風にとれます
    映画紹介という題名かえたほうがいいんじゃないでしょうか

    返信
  5. るい

    すごくわかります。
    僕も高評価につられてショーシャンク見ましたが、は?っという感じでした。

    これのどこが面白いのかと
    表現に乏しすぎて強調したいところがどこなのかというのがわからないので
    アングラ気取りの映画評論家の一部が過剰に評価しているとしか思えませんね。

    いちいち同感でしたのでコメント残していきます。

    ただまぁこういう好みは一言でまとめちゃうと人それぞれなんでしょうけどねぇ

    返信
  6. 映画コメントする奴はなぜこんなにも偉そうなのか、これ書いてる奴は可哀想な人だ普通に楽しむことが出来ないなんて。

    返信

コメントを残す