晩婚化は若さ至上主義のせいかも?

投稿日:

こんにちは蘭丸です!

先日、少子化がうんぬんと伊達さんが言ってましたが私は「結婚のイメージが悪い」というのは独身で彼女がいない男性にしか当てはまらないと思うので(良い彼女を捕まえていて、幸せな人には関係ないことだから)他にも原因があると思ったのです。

それは…「女性の若さ至上主義

これは男性が「若い女性を求めている」という意味ではありません。まぁそういう傾向はあるかと思いますが、ババアよりは同世代がいい程度の話で、28歳と27歳を比べて「若さ」だけで27を選ぶ人と言うのはまずいないと思うので。この「若さ至上主義」は、女性の女性による女性のための「若さ至上主義」です。

こないだおばあちゃんの家に行きました。娘2人(つまり私のおかん達)を嫁に出し、夫婦2人になったおばあちゃんたちが、北海道やら九州に旅行に行っている写真がありました。服装的には「60~70代」に見えましたが実際これ50代前半なんですよね。で、その時に一緒にいた現在50~60代の姉妹を見ると…若い人とあまり変わらない格好をしています。一人はコンサバ系ワンピを着込み、1人はカジュアルなワンピにスキニージーンズをはいています。髪型も、おばあちゃんの方はいわゆる「おばあちゃんパーマ」に対して2人は染髪ロングヘア。

写真の中のおばあちゃんのほうがむしろこの2人より年齢が若いはず!なのに何だこの差は!!当たり前ですが、「私はもう娘も嫁に行っておばあちゃんなんです」っていう意識の写真の中のおばあちゃんより、今でもガンガンおしゃれをしている娘2人のほうが断然若く見えます。

こういう時代なんですよね今って多分…。
見た目だけでも、行動だけでも、とにかく「若い」ことがモテはやされる時代なんだなと。しょっちゅう「30とっくに過ぎてるのに自分で自分のことを女の子と称する女性」がいます。CanCam(←大学生用雑誌)のファッションを辞めたくない女性のために「姉キャン」なる雑誌まで創設されたことは有名。姉キャンは正式表記「AneCan」。お姉さん系CanCamの略です。30代までカバーしているそうです。大学生のファッションの延長を、30代もする時代ということなのです。下手したら40代、50代も同じようなファッションをします。カジュアルならもう誰でもどんな服でもって感じです。

実年齢はともかく見た目や行動が若くあるべし、という価値観を植え付けられてしまっている現代の女性たち。彼女たちにとって一番の敵と言えば「所帯じみること」。娘が独立したからと「おばあちゃんファッション」に身を包み、自分はおばあちゃんですよーと世間に見た目で知らせるなんて絶対いやだろうと思います。

んで、こういう世相を作り上げたのは若い頃にとにかく楽しく派手に遊べた「バブル世代」であると思われます。というか今の世相を作っているのはバブル世代でしょうしね。バブル時代に若者だった人たちが時を経て現在「偉い立場」になっているのですから。若い時はとても良かった、楽しかったので「若い=良い」に当然なりますよね。若かったから楽しかったわけではなくて、若い時代が楽しい時代だったんじゃないかなと思いますが…。

「アンチエイジング」とか「美魔女」こんな言葉昔はなかったし、無くても支障ありませんでした。エイジングには逆らうものではなかったし、度を越した若作りは失笑されたものだったはずです。が、今、女性たちはそうはいかない状態に追い込まれているんでしょう。メディアがそうはさせぬとばかりに美しい老女をTVに映しまくるから。

見た目が若くあらねばならない。そうすると子供がいたらネイルもできないし、化粧水もグレードを落とさないとならないし、月1の美容院も減らさないといけないだろう。(年収1000万の旦那でも捕まえない限りは)

となると…まだ28だし(あるいはまだ30代前半だし、30代後半だし、40代前半だし、等々)まだ自分磨きしても良いよね?という思考になってしまうのは当然かもしれません。テレビが映すのは決して、清貧なお母さんではなくて「ママタレ」など、ママなのに可愛すぎるような人ばかり。

「子供は育てる」「美容は手を抜かない」両方やらなくっちゃあならないってのが「若さ至上主義の世の中で生きる女性」のつらいところだな。
覚悟はいいか?私は無理!

という感じで、とりあえずのところ現実逃避するのは仕方ないことかもしれません。そういう価値観の世の中にした誰かが悪いということになると思います。

そして男性の方もこのような思考回路を持つ女性を嫁にしたいと思うでしょうか…。「子供は育てる」「美容は手を抜かない」「旦那…ATMが意見を言うな」になりそうでいやですよね…( ;∀;)

ある国を強国に育て上げたとある政治家がこう言っていました「女性が強くなったら国は終わりだ」と。一見すると男尊女卑っぽい発言ですが、実はこれは自然の理にかなったことだと思います。人間は社会性のある生き物なので、群れて生きています。女性は子供を産む大切な存在なので、男性達は脅威から守ります。女性は男性が役割を果たせるようにサポートします。そういう状態であれば絆が生まれると思うのです。
しかし、脅威がない。守ってもらう必要がない。そして経済力も「男女平等」つって、1人で生きていける程度の職業に就くことが推奨される。そしたら、好きなように自由に生きていられたのに今更どうして誰かに合わせたり、我慢したりして生きないといけないのか!?と誰だって思いますよね。男性の方も、数々の便利家電のおかげで女性のサポートは要らないし(家電があるのに家事もできないマザコンは知らないけど…)、守ってあげるべき存在であるはずの女性が自分と同じフィールドで戦っていることも多々ある上、「結婚してない奴はダメな奴」という昔の価値観が否定されて、独身でも全く支障なく生きていけることになりました。

となると…「世間体」「経済面で仕方なく」という結婚が消えます。今結婚する人は、「真に愛し合っている」か「ハメられた」かどちらかということになると思うのです。

現在、生涯独身率が上がっているということは、「世間体」「経済面で仕方なく」の結婚の効果は結構あった、ということになりますね。お見合いとか、よく考えたら、「上等な結婚紹介所もしくは出会い系」だったわけだし。

人1人の人生ですし、好きなように生きていいし、自分の価値観を大切にしていい、結婚しないといけないとか、そういうのは言えませんが、しかし少子化となってくると、種の保存に関する事柄になってくるので個人の自由を尊重していてはマズイ事態になってくるかもしれませんね…。

まあどうでもいいんだけどね(´・ω・`)←大半の人の意見かと思うw
栁澤でした。真面目な記事書いてもつまんねぇ~( ;∀;)菊花賞が楽しみですね~!

晩婚化は若さ至上主義のせいかも?_挿絵1
素晴らしいこととは思うけど必須ではないかもー?

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?