ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
Jet EngineからTurbo Engineに乗り換えたのは失敗だったんじゃないかと思い始めた伊達あずさです。
折角大枚をはたいて購入したTurbo Engineですが、私の操作能力では僅かに速すぎてShotを当てづらく感じてしまうのです。何となくそう感じる程度なので、そこまで顕著な差ってほどでもないのですが、即死につながるシューティングの世界ではこういう微妙な違和感を大事にしていきたい!
よって、次にShopの風船を見つけたら、悲しいけれどJet Engineに戻そう・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
などと考えつつ、ラウンド3のエリアボスとの闘いに挑みます。っていうか、出現するなり凄い速さのビームを撃たれた!もしこれがレーザーだったとしたならば、見えた瞬間には当たっているのでかわせなかったことでしょう。っていうか、このビームだってかわしたというより、偶然当たらなかっただけなんですけどね。あまりにも速すぎて全く反応できませんでした。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
とはいえ、敵が放つビームは恐ろしいほどに規則正しく放たれます。一番上の発射口から始まったビームは、一番下まで順番通り、そして、同じタイミングで放たれていき、一番下まで到達すると今度は上に向かって戻っていきます。その繰り返し。これではいくらビーム自体が速くとも当たる要素はありませぬ。
そして、このエリアボスの弱点はレーザーの発射口!こちらが弾を当てていくと、橙 → 赤 → 青と色が変わっていって最後には壊れます。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
前回の太陽のようなエリアボスと同様に残る発射口が少なくなると体当たり攻撃に転じてきます。最初からこの攻撃方法だったら間違いなく倒せなかったでしょうね・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
今回もなんとか倒せましたが、所詮は敵の慢心が生み出したかりそめの勝機に過ぎないのですよ・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
私、気づいちゃったんですよね・・・特にさっきのエリアボス戦の時、使おうと思えばHeavy Bombを使うことだってできたはずなんですよ。でも、たった3回しか使えないせいなのか、当たり前のように使おうという発想が生まれなかったのですよ。こんなことなら回数制限のないTwin Bombsを装備してた方がまし・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
ラウンド4の敵拠点は地面に設置されています。同じ高さにそろってくれているため、Shotは当てやすいのですが・・・なんか凄く硬い!そして、敵の動きはますます凶悪さを極めてくるのです。やっぱり、こちらが飛行機とは思えないほど自由に動けるせいなのか、敵の動きもやたらとトリッキーなのですよね。しかも、この世界にはバリアすらないのですから・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
幾つか敵の拠点を破壊するとShopの風船が出現しました。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
敵の攻撃が執拗すぎて一瞬風船を見失ってしまいました。でも、視界外に出ちゃったとしてもこの風船ってなくなったりしないのですねぇ・・・敢えて中に入らず温存しておくっていうこともできるのでしょうか。今は兵装を変えたいので試しませんでしたが、次の機会にでも試してみよっと・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
色々と買ってみたけど、結局使うのはJet EngineとTwin Bombsだけなのです。なんだかお金の意味が全くないや・・・多分、私みたいな性格だと、好みのEngineとTwin Bombsを購入した後はExtra Shipを買うぐらいしかお金の使い道がないのだろうな・・・
どうせこんなことになってしまうならお金を稼げるシステムとか要らないよ!!!

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
なんかもう虚無感に包まれてきました・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
事実上、今の兵装が私の最強装備です。いくらお金を貯めようともこれ以上強くなることはありません。敵はどんどん強くなるのにね・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
そんな虚しさに包まれながらのエリアボス戦です。なんかボスのデザインがあまりにも似すぎている・・・これは同じ種族ですよっていうアピールなのでしょうか。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
ただし、見た目が似てても攻撃方法は全然違う!ここのエリアボスは上下から生えた2本の触手をゆらゆらと動かしながら凄い数の弾を吐きかけてきます。触手が遠ざかっているときはよいのですが、触手がこちら側に向かって伸びてきたときに弾を出されるとなかなかにきつい!(弾を視認する前に当たる)
しかしながら、敵の攻撃の要となっている触手が弱点でもあるのです。なんだかちょっとだけ哲学めいてますね。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
触手に弾を当てる度に青 → 橙 → 赤と色が変わってゆき、すべての部分を赤く染め上げることで倒すことができます。ピンチになっても特に敵の行動が変わっている様子はありませんでしたね。
それにしても、画面いっぱいに弾があふれ出すと不思議と集中力が研ぎ澄まされて、まるで画面に吸い込まれていくような変な感覚に陥ることがあるのですよね。多分、その間って息止まっちゃってるんだろうなぁ・・・とても体に悪そうです。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
というわけでラウンド5!今度は雪景色のようにも見えます。早速、目の前に登場した敵拠点もどことなく冷たそうな雰囲気がしてますしね。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
目の前にある敵の拠点を壊そうと近づいたら、急にShop風船が降ってきて意図せず店内に・・・あーあ、お店に入らず放置しておいたらどうなるのか試そうと思ってたのに・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
お金はあるけど特にほしいものもないので、そのまま店を後にしました。虚しすぎる・・・

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
単なる気のせいなのかもしれませんけど、不思議と敵の攻撃が穏やかになったような・・・先に進むほどきつくなると思っていたので、なんだか意外な感じがします。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
残る敵拠点が後2つとなったところでShop風船再びです。今度こそ取らずに放置するよ~

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
・・・気付いたら風船どっかいっちゃってました。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
で、エリアボス戦なわけですけど、これはなに・・・敵の正体もあやふやなまま弾だけ吐きかけられてる。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
どうやら手前に見える小さなペンギン?状のものを破壊すると徐々に大きなペンギンが現れる仕組みのようです。

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
最終的にはこのサイズになります。なんかもうガトリング砲の如く連なった弾を吐きかけてきます。時々、ほんの少しだけ弾と弾の間が空くので、できるだけ上下に動いてその隙間を広げつつ飛び込みましょう。というか、もしその隙間を見逃そうものなら避けられません!

ファンタジーゾーンのプレイ日記4:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
撃破!先ほどの触手と違って弾の出る位置が固定されているからか、大分かわしやすいかも・・・そして、今日はここまでかな。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.