ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
ウィザードリィみたいに防御力(&回避力)の上昇がACの減少で表されるよりも、ダークロードの様に増加で表される方が直感的で分かりやすいと思う伊達あずさです。
あっ、ウィザードリィではACが-10でシャーマン戦車(M4中戦車)並みの防御性能になるらしいですよ?(公式見解です)

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
生け贄にされた村人を救出すべくドラゴン教の総本山となった砦へと向かっていたのですが、その途中で看板を発見しました。
看板にはアルフ・ドラゴンの村と書かれています。アルフ・ドラゴンの村とは谷の村の正式名称でしょう。どうやら、この森の奥に村があるみたいですね。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
折角ですので村に寄ってみました。村は不気味なほどに静まり返っているみたいです。森の番人さんの話だと、一応、人形の様に虚ろな村人達が居るはずなんですけどね。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
村の中で2人ほど人を発見したのですが、小さく「帰れ」と言われたり、沈黙で返されるだけだったりと有益なことは何1つありません。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
仕方ないので村を出て先を急ぐと、スカルガードなる敵に行く手を阻まれてしまいました。
HPが650もある上、厄介なところにいるなぁ・・・この世界では平気な顔で味方にも魔法があたっちゃうのでこういう狭い場所での戦闘は非常に不利です。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
移動するにも味方が邪魔で最初のターンは思うようにいきません。とりあえずぽっぽくんで敵の攻撃を防いでおいてから改めて広い場所へと敵をおびき出します。何というかウィザードがやる仕事じゃありませんよね。
でも、この世界ではファイターもウィザードもそこまで大きな違いないんだもんなぁ・・・ACの差だって、ダメージのブレがあまりにも大きすぎるせいでさほど実感できないし、HPの差だってMPに比べれば全然です。挙句の果てには物理攻撃でのダメージ差もほとんどないんだもん。スキル無しで魔法が使える分だけウィザードの方が圧倒的に有利ですよね。こんなことなら全員ウィザードになっておくんだったなぁ・・・

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
そんな怒りは全てスカルガードへとむけられました。それなりに経験値はもらえましたけど、スカルガードの中からは何も見つかりませんでした。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
でもって、入り口の前にはまたもスカルガードです。も~狭いところでの戦闘は面倒くさい!

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
先頭の人から順番が回って来るせいで広い場所までおびき出すだけで3ターンもかかっちゃいましたよ。酷い!!

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
スカルガードを2体倒したところで、3人の内の誰かがこんなことを言い出しました。
えっ!?スカルガードってどう考えてもアンデッドですよね?デミ・ヒューマンって亜人種のことじゃないの??ここにきてデミ・ヒューマンという概念が分かんなくなってきちゃいましたよ。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
スカルガードの中からはデーモンメイルなどといった如何にも装備できなさそうな鎧がでてきます。なんかこの世界って拾得物に対する喜びがほとんどありません。あ~もっと拾得物に一喜一憂できるローグライクな世界を旅したい!!

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
そんな憂いと共に砦の中へ押し入ろうとするも・・・中に入れない!!
これは困りました。森の番人さんやアルフ・ドラゴンの村の人も砦の中に入れないことに対して何の相談にも乗ってくれません。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
決して短くはない時間を彷徨った結果、何とアルフ・ドラゴンの村の中に進めるところを発見しました。これは分かりづらい!!!

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
しかも、倒すべき教祖様っぽい人がいるし!

ディーム「おや、旅のかた・・・どうしました?この村になにか用でも?私はドラゴン教の教祖!ディームといいます。何か不審なことでもあるのですか?この私めに!」

いや、不審なこともなにも最早、不審が服を着て歩いているようなものですけど・・・

ディーム「用がないのなら、さっさとお引き取り願いましょう!ここは神聖な場!」

どんなに怪しくとも専守防衛主義なんですよねぇ・・・私達って。(ただし、ウルティマの世界は除く)

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
それでもしつこく食い下がったら、向こうから攻撃してきてくれました。あ~よかった・・・と、安心したのもつかの間。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
ふと気が付けば森の番人さんがいた洞窟の中に・・・
森の番人さんの話によると私達は危うく暗黒の世界に飲み込まれるところだったそうです。いまいち状況が飲み込めません。とりあえず、あのディームなる教祖が一撃必殺の魔法かなにかを使ってきたというところまでは理解できるのですけど、森の番人さんはどうやってそこから私達を助けたので?そもそも、森の番人さんって、クエスト毎の分離が激しい一期一会のこの世界において、2つのクエストにもまたがって登場するとか既に扱いがただ物ではないんですよね。まさかとは思いますけど、実は力を失ったアルファーズ神だなんてことはありませんよね?

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
答えてもらえませんでした。
しかしまいりました。まさか敵があんな卑怯な術を使ってくるとは・・・何の対策もせぬまま再戦するわけにはいかなそうです。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
一先ず元居た場所へと戻ってみるも既にディームの姿はありません。まあ、もしいたとしても勝ち目はなかったでしょうけど。

ダークロードのプレイ日記34:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
相変わらず砦の中へは入れなかったので、仕方なく森の番人さんのところへ戻ってしつこく話しかけてみると、よ~やく折れてくれました。

森の番人「儂はアルファーズの神官なのじゃ・・・アルファーズの命によりお前を見守っていたのじゃ・・・」

残念ながらアルファーズ神そのものではなかったみたいですね。

森の番人「まあ、聞け・・・アルファーズがラグメイラを封じた後、この世界に自らをソード、メイル、シールド、ローブ、ロッド・・・これらのアイテムに形を変え、この世界のどこかに隠したのだ・・・再びラグメイラの暗黒が広まる時、そのアイテムを使えるものが現れる・・・それが導かれし者、そして、神の子でもあるのじゃ!」

わ、私達って勇者どころか神の子だったんですね!?

森の番人「お前達はこれから最後の選択を受けねばならぬ運命じゃ・・・この世界を救うのも滅ぼすのもお前達次第・・・よいか・・・人間は心の生き物じゃ・・・決して力や憎しみで生きるのではない・・・それを忘れてはならん・・・」

何か前にいた世界でも最後の方で似たようなことを言われましたねぇ。

森の番人「それともうひとつ。今、この村で起こっているのは・・・ラグメイラの仕業ではないのじゃ・・・ラグメイラは退化と進化を・・・アルファーズは破壊と創造を・・・あのドラゴンは・・・実は・・・い、いや何でもない・・・とにかくこの騒ぎはアルフ・ロッドが関係している・・・あのディームという者・・・ロッドに力を得ている。奴の本体はアルフ・ロッドについた何者かじゃ!ロッドを探すのじゃ!」

なんでそこまでいっておいて止めるんでしょう。しかし、勝手に闇の神とされていたラグメイラは退化と進化をつかさどる神様だったんですね。破壊と創造を司るアルファーズよりもよっぽど光の神様っぽいんですけど・・・だって、破壊と創造の神ってヒンドゥー教でいったらシヴァ神ですよ?既に創造という恩恵を受けてしまった現世の人にとっては、最早そういう神様って破壊一辺倒しかないですからね?
それに引き換えラグメイラから受けられる恩恵は退化と進化ですから・・・アルファーズに比べれば超絶保守派じゃないですか!なんか納得いかない!!

森の番人「砦の入り口は儂が取り除いておいた。何かあったら・・・ここに来い!死ぬでないぞ・・・」

と、なんだか急に話が大きくなってきたところで今日はここまでです!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.