ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
進捗の悪さを気にしながらも、余計なことを始めようとする伊達あずさです。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
フィリス達が長城の向こう側に連れ去られたということで、長城の中を通って、向こう側に出ようとハンスに提案されたのですが、その前にやっておかねばならぬことがあるのです!

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
というわけで、一旦ウインガの外に出ます。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
このバニュルスの長城沿いの東にあるこの町!戦闘中にちらちらと見えてたここがずっと気になっていたのですよ。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
独特なしゃべり方をするおじいさんが町の名前を教えてくれました。

メッサリア

情報
  • 空を飛んで長城の向こうにあるカッサリアに遊びに行きたい
  • 壁の向こうにあるカッサリアの町にはクリスタルの司祭リナがいる
  • 壁の向こうにカッサリアの町があることは皆知っているが誰も見た事はない
  • 長城の壁の前に並んでいるのは町長の銅像
防具屋
名称価格
銅の胸当て100
スケイルメイル320
守護のローブ120
ルーンのローブ620
鉛の盾280
銅の盾520
道具屋
名称価格
薬草並5
薬草上30
ライフハーブ160
キュアハーブ10
ストリムの本30
その他の施設
  • 宿屋
  • 病院

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
この町には動物愛護をモットーとした人がいます。下手に逆らうと酷い目にあわされそうな雰囲気がするので、無難に答えておきましょう・・・(同意したところで特に何もありません)

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
ここメッサリアには唯一の伝書鳩屋さんがあります。ここの伝書鳩を使えば壁向こうのカッサリアと連絡が取れるらしいですけど・・・私達、今から壁の向こう側に行こうとしてるのですよね。むしろ、私達が届けてあげますけど、手紙。

結局、スケイルメイルと銅の盾を売っていた以外は、広いだけで大した情報も手に入らないし、完全な無駄足でした。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
ハンスの強い勧めもあって、抜け道探しのために再び長城の中へ・・・ロランもオルロフも抜け道の存在に関してはかなり懐疑的なようです。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
するとそこに、フィリス達に化けていたガープの生き残りが。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
結果、バニュルスの長城は大爆発・・・爆発に巻き込まれた私達は上空に吹き飛ばされてしまいました。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
吹き飛ばされた先は、なんとさっき訪れたばかりのメッサリアの町。爆風はおろか、落下ダメージすら無効化する自分の体に感心しつつ状況を確認すると、どうやらロラン、オルロフとは別の所に飛ばされてしまったみたいです。最近、指揮しなければならない部隊が増えすぎていて面倒だなと思い始めていたので、丁度良かったかも・・・
しかしまあ、どうしましょ。さっきの爆発で長城が壊れ、向こう側へ行けるようにでもなってればいいけど・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
そんなわけで、ウインガまで戻ってみたのですが・・・バニュルスの長城には傷1つ付いていません。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
挙句の果てには操縦室からバニュルスの長城内部へ侵入するためにあった道まで閉ざされちゃってます。え~どうするのよ。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
仕方ないので、メッサリアへ戻って情報収集してみると、ロランとオルロフが壁向こうにあるカッサリアの町へ落ちていくのを目撃していた人がいました。別に急いで合流する必要もありませんけど、どうやって向こう側へ行ったらいいものか・・・
とりあえず、2人が向こう側に居ることはわかったので、伝書鳩を使って、向こうにいる2人と連絡が取れないものかと考えたのですが、伝書鳩屋さんが相手にしてくれないのですよね・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
失意のまま伝書鳩屋さんから出てきた私達の前に、突如1羽の鳩が舞い降りてきました。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
吉田くんじゃないので、私は鳩と意思疎通できません・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
だがしかし、鳩の体を良く調べてみると、何と手紙を持っているではありませんか!

我々はオルロフとロランという旅の者である。
爆発に巻き込まれ、カッサリアの町に飛ばされてきた。
もし、そちらのメッサリアにあずさとハンスという人物がいたら、この鳩で手紙を送れと伝えていただきたい。

何と私達宛じゃないですか!早速ハンスと相談して返事を書こうと思ったのですが、いつの間にか何処かへいっちゃうし・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
仕方ないので、1人で伝書鳩屋さんに相談へ行くと、100Gで手紙を書いてくれるそうです。結構高いな・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
手紙の内容が「我々は無事だ」だけとか・・・まるで軍用の電報か何かみたいですね。
しかも、手紙を送るまでで100Gではなく、紙代+代筆だけで100Gなんですけど・・・え!?私達って、文字書けないの?それにしたって高すぎですよね。ひょっとして、この世界では紙が凄く貴重だとか?
だって、100Gって24人が宿屋で1泊するより高い値段なんですよ?日本円に換算すると、10万円ぐらいにはなると思うのですが・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
100Gもする貴重な手紙を外にいた鳩に結び付けると、鳩はオルロフ達の元へ戻っていきました。この鳩、めっちゃ賢いね・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
鳩を飛ばした後、適当に町をうろついていると、直ぐにオルロフ達から返事がきました。

我々が出会うためには長城を破壊するしかない。
それには爆薬が必要だ。ここカッサリアなら石油から爆薬が作れるのだ。
石油を手に入れてこちらに送ってくれ。
オルロフ、ロラン。

いやさ・・・鳩が飛んでこちらに来れてるんだから、どうして、はしごか何かをかけて壁を乗り越えるという発想が最初に出てこないの?
全体的にこの世界の人は考え方がおかしすぎるんですよ。ついていけない!
しかし、石油から爆薬って、オルロフ達は燃料気化爆弾でも作るつもりなのでしょうか・・・良くわかんないけど。でも、手に入れた石油をどうやってオルロフ達の所に送れば良いのやら。
ストリムなんていう集団で空を飛ぶ魔法が存在するのに、鳩が飛び越えられる程度の壁1つ超えられないだなんて、本当におかしな世界だ・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
石油と言えばスサンドナだろうということで、早速スサンドナの長老と話をしてみると、石油なら幾らでもあるからと無料で譲ってもらうことができました。
ちなみに、今スサンドナでは水ビジネスが盛んなようで、「スサンドナの美味しい水」という商品を売り出しているみたいです。
長老から本来は30Gだけど、10Gで譲ってやると半ば強引に買わされてしまいました。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
石油を手に入れた私達は、無駄とは思いつつも、一応、伝書鳩屋さんに相談してみたのですが・・・やっぱり無理みたい。
私達がどの程度の量の石油を送ろうとしているのかは分かりませんが・・・伝書鳩屋さんの見立てでは、でっかい鳩なら送れるらしいです。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
でっかい鳩と言えば、例の動物愛護の人です。相談してみたところ、80G寄付すれば石油を送ってくれるそうです。同じ町にある伝書鳩屋さんでは手紙の代筆だけで100Gもとられてしまうことを考えれば、かなり良心的な価格と言えます。(寄付だけど)

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
80G寄付すると、2階からとても鳩とは思えない謎の生物が降りてきました。この謎の生物に石油を渡すや否や、カッサリアへ向かって颯爽と飛び立っていきました。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
暫くすると、ハンスの元に爆薬と手紙を持った鳩がやってきました。

爆薬が完成したが、破壊力が強いので、そちらの町長の許可を貰ってから使う事。
オルロフ、ロラン。

・・・いや、何でわざわざ町中にある壁を破壊しなきゃ行けないのよ。正気なの??

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
我ながら馬鹿なお願いだと思いつつも、一応、メッサリアの町長に相談してみると・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
私達以上に乗り気になってしまった町長・・・もしかして、向こう側にあるカッサリアの町長もこんな感じなのでしょうか。
とりあえず、自分の銅像さえ壊さなければ、むしろ大歓迎と、思った以上にあっさりと町中における爆薬の使用許可が下りました。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
爆薬が仕掛けられるのは、町長の銅像が途切れているこの位置だけみたいです。

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
なんか、かなりあっさり壁が壊れちゃいましたね。壁がこんなに脆いんじゃ、ウインガで体当たりするまでもなかったのでは・・・

ジャストブリードのプレイ日記13:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
これで、長城の向こう側へ自由に行けるようになったのですが、今日はここまでかな。うわ~今回、戦闘すらしてない!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください