黄昏の森(The Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech: Ages#23

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
拠点にこもるのが大好きな、引きこもりの伊達あずさです。
大分長いこと拠点に引きこもり続けていますが、本格的にお外に出なければならない時期が近づいてきてしまってるんですよね・・・
AbyssalCraftの儀式をするために、拠点の隣にある屋根がない場所に行くのだってなんかちょっと嫌なのに!(でもなぜか、Astral Sorceryの儀式をするために屋上へ行くのは平気)

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵1
そんな極度の引きこもり体質な私ですが、この進捗の達成を最後に冒険へ繰り出さねばならぬのです。
だってほら、この進捗の説明文の中にも、そして、この記事のタイトルにもThe Twilight Forest(黄昏の森)って書いてあるじゃないですか~
でもって、説明文を見る限り、SevTech: Agesの世界では黄昏の森へ行くために「Starmetal Ingot」という物が必要となるみたいです。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵2
Starmetal Ingotの作り方を調べてみると、「Starmetal Ore」を製錬して作れとのこと・・・でも、Starmetal Oreなんて、地面を掘ってても見つけたことありませんよね。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵3
それもそのはず、Starmetal OreはStarlight Crafting Alterを使って作られる人工物なのですから!
作成に必要となる材料は「Nocturnal Powder」×4、「Illumination Powder」×4、Stardust×2、石×2、Iron Cluster×1です。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵4
まず最初にIllumination Powderから作っていきます。
材料は「Glass Shard」×4、「Pile of Sand」×4、Aquamarine×1、火薬×1です。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵5
まず最初にPile of Sandですが、砂を単体でクラフトすれば4つのPile of Sandになります。これを8つ作っておきましょう。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵6
8つのPile of Sandの内、半分(4つ)を製錬してGlass Shardにします。(製錬はかまどかStone Grillのお好きな方で)

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵7
Illumination Powderの作成に必要となるStarlightは少量なので、下手をすれば日中でも作れちゃうかも。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵8
では次にNocturnal Powderを作っていきます。
材料はBlack Dye Powder×1、石炭×2、Illumination Powder×1、Lapis Lazuli×1です。Illumination Powderは今しがた作ったばかりですし、特に問題となる材料はありませんね。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵9
Illumination Powderを作ったときには「日中でもいけるかも」なんていっちゃいましたけど、流石に日中ではStarlightが足りなかった・・・

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵10
Starmetal Oreを作るために必要な材料が全てそろったので、早速作ってみようと思ったのですが・・・真夜中になっても作成に必要な量のStarlightが集まりません。というのも、実はStarlightって場所によって集まる量に差があるのですよね。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵11
この「Fosic Resonator」というアイテムがあれば、Starlightを多く集めることのできる場所を探すことができます。
作成に必要な材料はAquamarine×1、Marble×2、Liquid Starlight Bucket×1、「Bronze Rod」×1です。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵12
Bronze RodはStone Anvilの上に設置したBronze PlateをStone Malletで4回叩けば作成できます。
でもって、Fosil Resonatorを作ると「Starlight Geolocation」の進捗が達成されます。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵13
Fosil Resonatorを手に持って(オフハンドでも良いです)、夜に外を歩くと、こんな感じのもやもやが出ている場所を見つけることができます。
このもやもやが出ている範囲内にStarlight Crafting Alterを設置すれば、より多くのStarlightを集めることができるというわけなのです。
では、早速ここにStarlight Crafting Alterを移しましょう・・・って、面倒くさいよ!!
今後もStarlight Crafting Alterを使うっていうのに、こんな拠点から離れた場所にStarlight Crafting Alterがあったんじゃ面倒くさくて仕方ありません。何より、そんな夜中に外を出歩くもんじゃありません!
というわけで、別の方法でStarlightを集めることにします。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵14
実はStarlight Crafting Alterが高い位置にあればあるほどStarlightを多く集められるんですよね~
というわけで、Y=250の位置に祭壇を作ってみました。あ、そうそう。後々のことを考えて、この高台は祭壇より一回り広く(11×11以上)作ってます。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵15
Y軸以外の座標はほぼ同じなのですが、高さが違うだけで、Starlightの集まり方が格段に違います。これだけ集まればStarmetal Oreを作るのに何の問題もありません。
作ったStarmetal OreはかまどなりStone Grillなりで焼けばStarmetal Ingotとなり、これを手に入れることで「Enter the Twilight」の進捗が達成されます。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵16
黄昏の森へ行くためのポータルを作るために、これまでにゲートを設置してきた地下を少し拡張してみました。
いやぁ・・・拠点の地下に渓谷があったため、埋めるのに一苦労でしたよ。SevTech: Agesの世界では渓谷なんて百害あって一利なしですからね。邪魔なだけならまだしも、世界に渓谷が作成される過程で鉱石も消されちゃうし・・・

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵17
4×4の池ができるように水を張って、池の周りに花を植えます。花は別に何でもいいのですが、ちょっとだけ見栄えを気にして、こんな感じに植えてみました。別に花さえ植えてあれば何だって良いです。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵18
何時もならエメラルドを放り込むところですが、SevTech: Agesの世界ではStarmetal Ingotを池の中に投げ込んでポータルを作ります。
上手く行かないこともあるので、その場合は何度か池に向かってStarmetal Ingotを投げ込みましょう。ポータルができる際に(天井があっても)落雷が発生するのですが、そのせいで火事になっちゃいましたよ・・・(火事で折角植えた花が燃えちゃった・・・まあ、植えなおしたけど)

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵19
紫色の怪しげな池に飛び込めば、そこはもう黄昏の森です。Age関連の進捗を進めるためには、黄昏の森をかなり進めないとダメなんですよね~
なので、万全の態勢で挑みましょう。

黄昏の森(Twilight Forest)再び!:Minecraft SevTech Ages#23_挿絵20
広大な黄昏の森を冒険するには馬が必要不可欠です。ポータルの傍に馬小屋を建て、元の世界(Orverworld)から馬を連れてきました。
馬に乗った状態でポータルに入り、その状態で馬から降りればこちらの世界に連れてくることができます。もちろん、連れ帰ることもできるので、その辺はご安心を・・・

後は忘れないうちに、Antique Atlasにポータルの位置を記しておかなければなりません。これを忘れると、本当に帰れなくなっちゃいますからね・・・

さ~これで準備万端!
後は冒険を始めるだけですが・・・次回からかな~

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください