ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

皆さんこんにちは。
蘭丸さんからファミコンソフトの売上ランキングを見せられ、偶にはメジャーなゲームもやりなさいと言われてしまった伊達あずさです。
そんな流れから今回プレイするゲームは「ドラえもん」です!
ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

ドラえもんについては今更説明する必要が無いくらいの超絶有名タイトルですね。
リアルタイムでアニメが放映されてますし、映画だって毎年作られており、間違いなく日本が誇る漫画の1つです。
かくいう私も何故か今年に入ってからドラえもんの映画を観始めていたのです。まあ、そういう事もあってこのゲームを選んだわけなのです。
しかもこのゲームは「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」、「ドラえもん のび太の大魔境」、「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」という3つの映画を基にしたゲームなので、1番古いものから順番にドラえもんの映画を観始めていた私的には大分リアルタイムなんですよね~

ちなみにこのゲームのストーリーというか設定としては、タイムマシンのトラブルによってのび太、しずか、ジャイアン、スネ夫の4人が宇宙、魔境、海底へとバラバラに飛ばされた挙句、事故の影響でドラえもんの四次元ポケットも故障、更にはポケットの中のひみつ道具まで各地へ散らばってしまい、行方が掴めなくなってしまった。というかなり最悪な状況みたいです。

映画の中でも、ドラえもんのひみつ道具はあまりにも強力過ぎて、所有している道具の事を忘れているか、ポケットが何らかの要因で使えなくなるか、ドラえもん自身が壊れるかしなければストーリーが成り立たなくなっちゃうんですよね。
ちなみにドラえもんのポケットに異常をきたすというパターンは中期ぐらいまではあまりなかったんですよね。だって、確かに話の辻褄は合うかもしれませんが、道具が使えないんじゃドラえもんたる所以が無くなっちゃいますもんね。
やっぱり、ひみつ道具はチート級だけど、その所有者であるドラえもんがポンコツであるが故に有効活用できず苦戦するっていう流れの方がしっくりくるのです。
でもまあ、今回は私がドラえもんを操縦するため、ポンコツを理由に苦戦させることはできません。そうなるとポケットを封じるしか術がないため致し方ないでしょう!

初回は私の長い枕話によってちっともゲームが進まないのは何時ものことですからそろそろ諦めてくださいね!
でもさすがにそろそろゲームを始めますか・・・と、その前に。

私が書くプレイ日記のスタイルについてはこちらを予めご確認ください!

というわけで、ファミコンを使ってドラえもんにハッキングをかけ、体の制御権を奪います!(つまりゲームスタートってことです)

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
まずはのび太くんが飛ばされた世界へタイムマシンを使って移動します。幸いな事に皆が何処の世界へ飛ばされたのかだけは分かっているのです。
ちなみに映画では宇宙開拓史も大魔境も海底鬼岩城も現代の話(過去とか未来ではない)なので、ドラえもんがタイムマシンに乗って移動している所から察するに、今から向かうトカイトカイ星やコーヤコーヤ星は映画とは時間軸が異なる世界である可能性が高いですね。
もちろん、タイムマシンには時間軸を移動する機能の他に、どこでもドアの様に3次元軸を移動する機能も付いているらしいので、ドラえもんがどこでもドアの代わりにタイムマシンを使って移動していたとしても何ら問題ないのですけどね。実際、四次元ポケットが故障しているせいで、ドラえもんはどこでもドアを自由に出すことができない状態ですし。
まあ、そもそもコーヤコーヤ星などはどこでもドアの射程外の(地球から10光年以上離れている)ため、どっちみち使えないんですけどね!
ひょっとするとタイムマシンならどこでもドアより遠くまで行けたりするのかも・・・わかんないけど。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
ドラえもん素人の私が下手にドラえもんの道具について言及すると厳しいご指摘を受けてしまいそうなので、これ以上余計なことを考えるのは止め、ここからはのび太くんの捜索に専念します。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
トカイトカイ星に降り立ってすぐ目の前にあった穴から地下に降りると、どら焼きを発見しました。
ほぅ・・・トカイトカイ星にもどら焼きあるんですね。っていうか、こんな場所に落ちているどら焼きなんて私なら食べたくありませんが、ドラえもんはロボットのため、多少どら焼きが痛んでいようとあまり問題ではないのです。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
幸運にも地下空間の奥でショックガンを発見しました。こんな早い段階で武器として使えるひみつ道具を回収できるとはかなりついてます。
のび太くんを見つけたら、是非とも手渡したい逸品ですね。のび太くんって作中ではかなり役立たずの印象がありますけど(いや、中期以降の映画では相当活躍するようになっちゃいますけど)、本来、かなりの攻撃特化キャラだと思うんですよね。
だって、のび太くんってゴルゴ13よりも早打ちが速いんですよ!?しかも、初めて使用する銃でも(魔法チックな風撃ですら)殆ど外しません。(流石に魔法チックな風撃は惜しくも初弾だけ外しちゃいましたけど)

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
まあ、居ない人の事を言っても仕方ないので、ドラえもん自らショックガンを操り、トカイトカイ星の探索を開始します。
早速、何とも名状しがたい1頭身の敵が襲ってきますが・・・一体この敵はなんなんだ。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
初期位置から北へ進み、最初の分岐点を西へ少し進んだ先に謎の当り判定のある怪しげな空間を発見しました。
ここを何度かショックガンで撃つと・・・

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
地下へ続く穴が出現しました。ここトカイトカイ星にはこういった見えない穴が複数存在するんですよね~

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
ここの地下はドラえもんの天敵ネズミの巣窟です。もし私がドラえもんの制御権を奪っていなければ、敵前逃亡すること間違いなしなのですが、私が操縦している限り、物理的に接触しなければ問題ありません。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
ショックガンで3~5発と異常に強いネズミを倒すと、何故かダイヤを落しました。
どら焼きはまだしも、ドラえもんにダイヤ要素なんて無かったと思ったんですけどね・・・まあ、野比家は家賃が値上げされたせいで、相当家計が結構苦しいらしいので、帰ったら家計の足しにでもしてもらいましょう。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
奥には一見すると何もないのですが、例の通りショックガンで撃つと・・・

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
空気砲が出現しました!
早くもショックガンより高威力の武器を手に入れる事ができました。でも、空気砲は発射の際、「ドカン」って叫ばないとならないみたいなので、隠密行動には向きませんね。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
空気砲という頼れる相棒を見つけたドラえもんはその後もひたすらトカイトカイ星を突き進みます。
っていうか、何でこんなに襲われるの!?どういうわけかドラえもんはこの星の生物に物凄く嫌われているみたいです。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
空気砲を見つけた場所から北東へ進んだ先で連射ドリンクを発見しました。これを飲めば武器の2連射が可能となるのですが、これはドラえもんのひみつ道具ではないような気がする。フエルミラーとかじゃダメだったのかなぁ・・・

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
そのまま今度は西へ進んで橋を渡ります。2連射できると敵を倒すのもかなり楽です。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
そのまま川に沿って陸地側の道を北上し、進んだ先にある空き地の真ん中を空気砲で撃てばまたも隠れた穴が出現します。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
ここの地下の奥には空気砲のさらに上を行く強力うちわ(風神)が落ちてます。(ただし例の如く隠れてます)

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
強力うちわ(風神)を取ったら来た道をもどり、今度は川側の道を進みます。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
するとどこでもドアを発見しました。本来であればこのどこでもドアを回収してしまいたいところなのですが、四次元ポケットが故障中のため、サイズ的に携帯できないんだよなぁ~~~
よって、今は据え置き型の道具として使用するしかありません。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
どこでもドアを通った先には・・・何故かどこでもドアがない!

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
大丈夫!見えなくなってただけです。(でも使わないけど)

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
道なりに進んで行くと地下へ通じる穴を発見しました。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
ここの地下は2階層になっていて、一気に最下層まで降りるとドラえもんのパワーゲージを増やしてくれる元気キャンディが落ちてます。
っていうか、これもドラえもんの道具じゃないような気がする・・・がんじょうとかじゃダメだったのかな?(10分しか効果が持続しないからダメ?)

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
来た道を引き返し、この角の所を攻撃すれば隠れたどこでもドアが出現します。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
どこでもドアを通って出た先の直ぐ北東に連射ドリンクが隠れています。連射ドリンクのラベルに書かれている「W」は何を意味しているのでしょうね。

ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
そして、奥へ進んだ北西の端に地下への穴が隠されています。しかし、何で道具や地下への穴やどこでもドアを理由も無く見え無くしちゃったんでしょうね。別に最初から見えていたとしても、ゲームとしては全然成り立ってると思うのになぁ・・・こういう意味の無い意地悪がファミコンゲームっぽい。

でもって、この穴は何故か別の惑星であるコーヤコーヤ星へと繋がっているのですが・・・続きは次回です!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

6 thoughts on “ドラえもんのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

  1. セナ

    今度のタイトルはドラえもんですか!
    子供の頃繰り返しプレイした記憶が蘇りましたよ
    大人になってからプレイしたら逆にクリア出来なくなっていた記憶とともにw
    今回のプレイ日記も楽しみに読ませていただきますね

    返信
  2. roman

    ドラえもん、懐かしいですね。
    スタートのタイムマシンのエフェクトで錯覚を起こし、平衡感覚を無くしてましたね。
    それにしてもひみつ道具という呼び名は誰が考えたのですかね。私の記憶では漫画本編でひみつ道具の呼び名が出てきたことがないのですが…(れ私が憶えてないだけかもしれません)。

    返信
  3. 江藤泰宏

    伊達あずさ様へ、
    然り気無いドラちゃんへの辛口コメントを楽しみながら拝読(克つ愛読)しております
    自分的に大好きなのは、次編の2ndステージのエキゾチックなBGMでしょうか。
    調子に乗って、当リズムに併せてショット→敵を射ち洩らして被弾蓄積→残機損失多発みたいな(笑)
    伊達さんの知略が映え冴え渡る最終編を楽しみに、愉しく、時折黄昏たく存じます。

    返信

roman にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください