サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
未だ竜使いにすらなれていない伊達あずさです。
今回でもう6回目だと言うのに、未だ竜使いになれていないこの状況!(大事なことなので2度言いました)
まあ、竜使いのヘルメットを貰ったので、周りの人には「ひょっとしてあの人竜使い?」と思わせる事ぐらいはできるのかもしれませんが、肝心のらんまるが未だ託児所駐在ですからね・・・育児の大変さが身に染みます。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
そんなわけで、何時もの様に村(ミーナ)の入り口で目を覚ます私・・・また今日も意識を失った直後に外に放り出されてしまったみたいです。でも、毎回そうとなれば、嫌でも慣れてきてしまうもの。

ともあれ、昨日(いや、まだ今日なのかな?)は村について早々宿屋に直行してしまったわけですし、今日は伝説の竜使いアル・シンハを探しつつ、村の人に話でも聞いてまわろうかな。

  • ここは漁師の村ミーナ
  • 村の東に魚竜の巣がある
  • イクシュに行くことがあったら、そこで踊り子をやっている娘のターラに会ってあげて欲しい

薬屋
サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2

やっぱり、ハワプールと比べちゃうと村と言わざるを得ない規模ですね。
村には武器・防具屋などはなく、唯一薬屋だけはありました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
でもって、肝心のアル・シンハは村の入り口から一番近い建物の中に居ました。
早速竜使いの笛の作成を依頼してみると、笛を作って欲しければ魚竜を倒して来いと言われちゃいました。
アル・シンハ曰く、魚竜すら倒せない様では竜を意のままに操る竜使いには到底なれないということです。要するに竜使いの試験みたいなものってことでしょうか。
村の人から魚竜の巣が東にあるという情報を既に聞いていますし、とりあえず倒しに行ってみましょうか。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
ミーナの村を囲む湖の南側から東へ流れ出ている川を泳いで進んだ先に、如何にも魚竜の巣っぽい場所を見つけました。恐らくここでしょう!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
中はこんな感じです。結構広いですね。入ってすぐそばにある穴から奥に進んでいくみたいです。
相変わらず穴の繋がり方が摩訶不思議!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
巣の中は結構入り組んでいたのですが、とりあえず適当に右へ右へと進んでいった結果・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
魚竜らしき影を発見しました。う~ん・・・今までそこそこ分岐があったのに、一度も良きどまることなく着いちゃったけど、偶然正解を引き当てたの?それとも遠回りをしたけど着いたとかなの?1回で正解の道を引き当てるなんて私らしくないから、何となく不安になるよ~~

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
とりあえずお弁当を食べて体力を回復してから魚竜に挑みます。っていうか、これで勝てなかったらもうどうにもなりません!
最悪、かいばりゅうほとうも使う覚悟でいきましょう。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
メーザー砲を3回ほど撃ち込んだところで魚竜が倒れました。メーザー砲1回あたりのダメージはおよそ90・・・
メーザー砲はクリカラの剣のおよそ1.8倍の攻撃力があるので、クリカラの剣で魚竜に与えられるダメージは大体50前後ぐらいのダメージでしょう。つまり、クリカラの剣だと魚竜を倒すのに恐らく4から5ターンはかかる計算になります。
つまり、メーザー砲を手に入れて無ければ最悪後2回ほど魚竜の攻撃に耐えねばならなかったわけなのですが、それだとかいばたいほとうなしでは倒せない計算になっちゃうんですよね。
逆に言うとかいばたいほとうを他で使ってしまっていた場合は詰んでしまう訳で、さり気なく呪いの数珠が如何に重要なアイテムかということを思い知らされてしまうわけです。レベルが上がらないこの世界は本当に厳しい・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
魚竜を倒し先にあった穴に入ると、最初の穴までファンシー接続!!一体これってどういう仕組みなんでしょうね。まあ、私にとっては悪いことじゃないので別に良いのですけれども・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
でもって、帰りも泳ぎです。何か随分と長い間水に浸かりっぱなしですね・・・体がふやけちゃいますよ。そして何より、泳ぐのって何気に疲れるんですよね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
やっとのことでミーナの村まで戻ってきました。アル・シンハに魚竜の討伐完了を伝えると、話の流れも何もなく弟子に誘われました。
え~突然弟子にと言われても・・・嫌っ

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
双方の合意もないまま強制的に弟子とされてしまいました・・・ともあれ、私のために笛を作ってくれるそうで、明日以降取りに来いということでした。まあ確かに、自作なんでしょうから直ぐには作れませんよね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
そんなわけで、今日はミーナの村の宿屋に泊ろうと思います。何気に今日は泳ぎ通しの1日でしたしね・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
朝起きて直ぐアル・シンハの所に行ってみると、そこには見知らぬ男性が。
アル・シンハは私の笛を作った後、この人に笛を預けて何処へと旅に出てしまったみたいです。強引に私を弟子入りさせたくせに、何の面倒も見ず旅立っちゃうってどうなの!?
弟子と師匠の関係って一体何なのでしょうね・・・ほんと・・・まあ、何はともあれ、竜使いの笛をゲットしました!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
竜使いの笛を手に入れた私は、久しぶりにらんまるに会うべくハワプールの託児所にやってきました。
保母さんによると、らんまるは遂に牙が生えだしたみたいです。そこで、らんまるの栄養面を考えたメニューとしてえすかるごんを提案されました。
えすかるごんは確かミーナの村への道中にある湿地帯に居たような気がしましたが、結構強かったような・・・もう、ベビーフードで良いんじゃ・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
ベビーフードを25個ぐらい与えたところで保母さんのセリフに変化が・・・でもなんか、あまり良い報告ではないみたいです。
まさか私がえすかるごんを与えずにベビーフードで育てちゃったせい!?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
更に5個ほどベビーフードを与えると、またも保母さんのセリフに変化が。これは後5つぐらいで生えるかな??

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
それでもまだ足りないみたい・・・何か保母さんに励まされてますね私。でも、下のお店でお金に物を言わせてベビーフードを買ってきてるだけですから!全然大した手間じゃないんです!
何なら来るたびに大量のガラガラまで買ってきちゃってますからね。全然苦じゃないよ?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
そこからさらにベビーフードを20個ほど与えたところで、やっとらんまるに牙が生えました!
結果55個ぐらいベビーフードを与えましたね・・・途中一気に上げちゃったから、多少は余計に食べさせちゃってたかも。しかし、それにしたって、全然もうちょっとではなかった!もしかすると、らんまるは保母さんの経験の上を行くほど成長が遅い竜だったということなのでしょうか・・・つまり晩成型?それはそれで、生涯獲得賞金額に期待が持てそうです。

何はともあれ、牙が生えたことで、遂にらんまるを外へ連れ出せるようになりました!!
最後に保母さんから、ルズの村にある竜の鱗を硬くする泉に入れば更にらんまるが丈夫に育つとアドバイスを貰いました。
今のところ、特にあてもありませんでしたし、最初の目標はルズの村でも良いかもしれませんね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
というわけで、やっと・・・やっと!竜使い・あずさの誕生です!!

アル・シンハ師匠竜使いの掟

ひとつ、常に竜と共にあれ!
ひとつ、正しき者より盗むなかれ!
ひとつ、無益に殺すなかれ!
ひとつ、やられたらやり返せ!
ひとつ、やられる前にやれ!
ひとつ、一日一善!
ひとつ、気を付けろ、甘い言葉と暗い道!
ひとつ、小さな予算で大きな仕事!
ひとつ、崇めよ讃えよ汝の師匠!

何時のまに教えられたのか、アル・シンハが私に残した掟は何ともキリが悪く9つ・・・っていうか4つめあたりから、掟の方向性が怪しくなってますけどね。
本当は3つぐらいしか思いつかなかったのに、無理やり9つまで増やした感が否めません。
何かもう「やられたらやり返す、やられてなくてもやり返す!身に覚えがない奴にもやり返す!誰彼かまわず、八つ当たりだ!(殺さなければセーフ)」みたいな感じになっちゃってますね。そして、そんな酷い行いを続けていても、一日一善だけ守ればチャラみたいな・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
そんな自由(雑)な掟はさておき、外へ出てみると竜使いへとクラスチェンジしたせいなのか、私の姿まで一新していました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
ちゃんと私の後にらんまるも着いてきます(街の中には入ってこない)。が・・・何か見た目が・・・何か・・・何かアレですよ!?

しかし、牙が生えたばかりのらんまるは体力45、力20、守り20と私に比べて大分弱いので、最初のうちはあまり無理できないかもしれません。一度、オリッサの村に戻ってみようかな・・・今ならほら竜使いになってるし、らんまるを育てるにも実家の方が何かと良いんじゃないかな?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
らんまるを連れた状態で敵を倒すと、その場でらんまるに食事をさせることができるようになりました。
らんまるは食べた敵の種類によってステータスが変わっているみたいですね・・・その場でステータスを確認することができないので、何を食べた時に何が上がっているのかわからない!!
とりあえずみじんこを食べると体力が増えるということだけは分かりました。

そして、何度か敵を食べさせていると、らんまるの体はどんどん大きくなっていき、その際に力や守りも上がるみたいです。
今までと違って敵の倒し甲斐がある!!!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
それと、アル・シンハに作ってもらった笛を吹くと、何故からんまるが反省するんですよね。
時々吹かないとらんまるがいう事を聞かなくなってしまうのだそうです。でも、別に反省するようなことなにもしてないんですけどねぇ。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
竜使いにになって初めてオリッサの村に戻ってきました。
あれ?何かおばあちゃんのセリフがいつもと違う・・・ひょっとして・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
恐る恐る村の人に話しかけてみると・・・村の人が襲い掛かってこない!!
どうやら私の隣にいるらんまるに恐れをなしているみたいです!(曲解)

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
村人から襲われなくなった私が大手を振るって自分の村を闊歩していると、長老の家できっちょうのウロコなるアイテムを発見しました。
・・・許されたと思ったそばからまた窃盗を働いてしまいました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
しかも何とその数、脅威の33枚!!「獲物 → その他」に属していることから、これは武具の材料に違いない!しかも33もあれば何かしら作れそう。っていうか、何時の間にかぎょりゅうのウロコなんてものまで手に入れてたんですね私。無意識に獲物から素材を剥ぎ取るなんてハンターの鑑です。
ここでらんまるを少し育ててから、一度ハワプールに戻って武具作成を試みてみる必要がありそうです。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
そんなわけで、意気揚々と実家の周りでらんまるの育成に励む私に不幸が!
ハワプール・下町で購入したメーザー砲が壊れてしまいました・・・そんな落とし穴が・・・でも、一応、使える武器に違いはないわけですから、ここぞ!と言うときのため、また購入するのも悪くはないでしょう。っていうか、今はお金なんて直ぐに稼げるんですから、何個か買っておけばいいんです!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
そんな感じに、らんまるをある程度育てたところで、今日は実家で休むことにします。
う~ん、実家で寝てもらんまるの成長度合いが分からないのですよね。らんまるは何を食べたら何が増えるのか、一度ちゃんと調査したいなぁ・・・
そんなことを考えつつ、おやすみなさい!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です