キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
てんてこ舞いときりきり舞いはどっちも忙しさ的にそう変わらないらしい・・・伊達あずさです。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
もうトリビアも無くなったので、早速スコアメモをシュートしてゲーム再開です。
5戦目は明和東が相手のようです。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
さて、そんな明和東に関する情報はと言うと・・・「明和東は日向の居た明和FCの選手が8人も居るチームだ」だけです。
だから!?いや、だからどうしろっていうところが重要なんじゃないの!?
これじゃあ、「強いから気を付けてね」って言ってるのと何も変わらないよ?

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
試合開始前に滝くんがこんなことを言っていましたけど、監督からの情報はほぼこれと同じ意味です。もう少し情報頂戴よ!

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
そんな滝くんから試合開始です。ドリブルで敵ゴールに攻め入ってみましたが、明和東相手でも4人はドリブルでかわせましたよ。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
ドリブラー滝くんから、これまで全試合で得点をあげている来生くんにセンタリング!!強烈なボレーシュートです。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
しかし、敵のキーパー、来生くんの強烈なボレーシュートをパンチングで止めます。
ボレーシュートが通用しないとか言われちゃってますけど・・・このキーパーはボレーシュートに耐性があるとかなの??

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
そこで、敵キーパーがパンチングで防いだ球を再度岩見くんがボレーシュート!が、これも敵キーパーに防がれてしまいます。
本当にボレーシュート効かないの!?

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
しかし、ボールはまた岩見くんのもとに・・・今度は強烈なヘディングシュートをお見舞いします。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
ヘディングシュートだったことが良かったのか、キーパーが連続シュートによって体制を崩していたことが良かったのか、欲を出してキャッチングに走ったことがまずかったのか、どれが良かったのかは不明ですが遂にゴールを割る事が出来ました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
非プロサッカー選手四天王・岩見くんの活躍によって先制点を取りました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
その後、幾度となく敵に脅かされる南葛ゴール。今の所は何とか森崎くんが頑張ってくれてますが、敵のキーパーと比べると非常に危なげです。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
パンチングの流れ球を中里くんがフォロー。そこから凄い勢いで敵陣に上がっていきます。3人抜いたところで翼くんへセンターリング!
先ほどのゲンを担いでオーバーヘッドシュートではなくヘディングを放ってみました。
すると、これまた敵のキーパーが欲をかいたのかキャッチングを試みたためボールに届かず、そのままゴール!追加点となりました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
2点のリードで前半を終えました。
ハーフタイムでは滝くんに話しかけてみましたが、「油断するな気を引き締めて行こう」と相変わらず他の人と同じことしか言いません。
う~ん・・・本当にこのシステム何の意味があるのだろう・・・

ちなみに今回、敵チームからは何のお言葉も頂けませんでした。アベレージでは強いけど、名前があるような突出した選手は居ないってことなんでしょうね・・・ファイアーエムブレム(外伝も)の世界とキャプテン翼の世界でそれは致命的なことなんです!!

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
後半開始早々、またも敵にゴールを脅かされます。
敵がボールを持ってからシュートするまで、一切の味方選手と遭遇せず、私の介入する余地が一切ないなんてこともままにあるのです。
もうこうなってしまうと森崎くんが1人でゴールを守ってる感じですよ。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
来生くんにもシュートを撃たせているのですが、明和東のゴールキーパーと相性が悪いのかまったくシュートが決まらず、翼くん頼みになってきてしまいました。まあ・・・翼くんが決められるならいいんだけどさ。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
もちろん翼くんならドライブシュートも普通に決まります。
もうあれですね。如何に翼くんのガッツを温存させつつ、ゴール前でボールを持たせることができるか勝負ですね。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
その後もセンターライン付近から放った翼くんのドライブシュートが敵ゴールに突き刺さったりで追加点を重ね、5vs0で試合終了。
何だかんだで翼くん1人で4点も上げてますよ。いや・・・むしろ必殺シュートも無いのに点を取った岩見くんが偉い!

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
休む間もなく第6試合です。
先ほどの勝利で南葛はベスト8に進出したらしいので、後3試合で優勝と言うことになります。
ってことは、トーナメント方式だとして、第16回全国中学生サッカー大会には256校の学校が参加していたことになるわけですが、本大会に出場する数としては、ちょっと多過ぎじゃないですか??
だからと言って、予選を含んだ試合数だとすると、今度はちょっと少ないですよね。(全中学校のサッカー部は6000校ぐらいあるらしいし)
もしかすると、南葛はV2を果たしているということもあり、シード権とかで予選の一部試合が免除されてるとかなのかな?

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
そんなどうでもいい計算をしつつ、試合前ミーティングに挑みます。
次の相手である比良戸は今大会初出場のチームであるにも関わらず、ここまで失点0で勝ち抜いてきたんだとか。それに比べ、南葛はvs花輪戦で1失点しちゃってますからねぇ・・・まあ、失点数だけでは強いかどうかわかりませんけどね!だって、南葛は超攻撃主体のチームですから。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
井沢くん曰く、今までの戦いは夢だったそうです・・・

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
今回は岩見くんスタートです。敵に囲まれないようにほんの少しだけドリブルし、井沢くんへとパス。井沢くんも岩見くん同様、少しだけドリブルしてからゴール前の翼くんにセンタリングです。これはもう南葛の得点パターンですね。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
井沢くんからの低いボールにボレーシュートで合わせる翼くん。見事先制点を取りました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
その後も直ぐボールを奪い取り、比良戸ゴールを散々脅かしているのですが、シューターが翼くんじゃないとちっともゴールできません。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
あれだけの波状攻撃を凌いだ敵キーパーも、翼くん単独のボレーシュートだと・・・

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
あっさりゴールを許してしまうのですよね。こんな攻め方しかできないならCFを来生くんから翼くんに変えた方がいいと思うんですよ。
メンバーチェンジはおろか、ポジションチェンジすらできないサッカーシミュレーションゲームってどうなのよ!!

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
その後も翼くんのダイビングヘッドで更に1点を追加して3vs0となった時のリスタート。何か比良戸の名前がある選手にボールが渡りました。
初出場ということもありノーマークだったため情報が無かっただけで、ちゃんと名のある選手は居たんですね。でも私、この人のこと知らないな~必殺シュートとか持ってるのかな??

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
佐野くんと相対した翼くんがタックルでボールを奪ってしまったため、真相は闇の中に・・・まあ、まだ前半戦ですけどね。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
佐野くんからボールを奪った翼くんのワンツーからのヘディングシュートで更に1点を追加し、4vs0で試合を折り返します。
そういえば、比良戸の無失点記録、あっという間に止められてしまいましたね。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
ハーフタイム時、井沢くんに話しかけてみると、ベスト8まで進んだということもあってか、これまでとは少し違うことを言ってました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
今回は比良戸サイドからもお言葉が頂けるみたいです。比良戸代表は次藤くん・・・あ!何かこの人知ってる!佐野くんは知らないけどこの人は何か見たことある気がします。確か、立花兄弟を空に撃ち上げていた人だったような?次藤くんと立花兄弟って元々違う学校の出身だったのですね・・・

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
後半も佐野くんがパスキャッチして始まりましたが、相対した石崎くんのタックルでこぼれ球となり、それを南葛選手がフォロー。
何やかんやでゴール前の翼くんにセンタリング・・・それを一旦ドリブルで落し、ドライブシュート!後半初得点です。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
その後も、翼くんのシュート(ノーマル)でさらに得点を追加し、6vs0で比良戸を下し、ベスト4に進出しました。
ん~~守りのチームと言うだけあって、翼くん以外のシュートはことごとく止められてしまいましたが、何かもう守りの強さってキーパーの性能だけで決まってるような気がしなくもありませんね、もう。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45
準決勝の相手はふらのです。
ふらのはチームプレイが抜群でキャプテンの松山くんは中学生の中でもキープ力がナンバー1なんだそうです。
松山くん・・・あーーこの人も私知ってます!確かイーグルショットとかいう必殺シュートを持ってるはず!
スカイラブハリケーン同様、これも撃たれたら幾ら森崎くんが頑張ってもおしまいでしょうね・・・

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
準決勝ということもあり、南葛で2番目に有名な石崎くんがチームに喝を入れます。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵47
試合開始早々、短いドリブルとパスを繰り返し、ボールをゴール前の翼くんに。最後はトラップ(コマンド的にはドリブルだけど)からのドライブシュートです。
流石にゴール目の前でドライブシュートを撃てば敵のキーパーは止められません。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵48
試合再開後、松山くんの手(足)にボールが渡るも、南葛選手に囲まれた際、味方へのパスを選択したため、パスを受け取ったふらのの無名選手からボールを奪取。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵49キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵50
翼くんがなかなか上がってくれないため、仕方なく来生くんにシュートを撃たせてみるも、敵キーパーの好セーブに阻まれてしまいます。
来生くんのボレーシュート → 敵キーパーのパンチング → 来生くんのボレーシュートと本当に矢継早にシュートを放ってるんですけどねぇ・・・

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵51
しかし、敵にとっては運が悪く、私にとっては運が良いことに、敵がパンチングで弾いたボールはことごとく来生くんの下へ。
来生くん気迫のヘディングシュートで、やっと敵のゴールを割れました!
3連続シュートでやっとですよ・・・敵のキーパー凄すぎです。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵52
しかし、流石有名人だけあって、石崎くんはなかなか頼りになります。敵チームがリスタートでボールを保持した時の奪還率には目を見張るものがあります。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵53
そんな石崎くんの活躍もあって、その後も翼くんのオーバーヘッドシュート、ドライブシュートで2点を追加し、4vs0で前半を終えました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵54
ハーフタイムで前半大活躍の石崎くんに話しかけてみるも、いつも通りのセリフしか話さなかったため、松山くんのセリフに着目してみました。
まあ・・・松山くんも大したことは言ってないんですけどね。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵55
トークはいまいちでしたが、後半も石崎くんは絶好調!幾度となくタックルでボールを奪います。
石崎くんがタックルでボールを奪い、味方(井沢くんor滝くんor長野くん)へパス、そこからドリブルで上がり、ゴール前の翼くんへセンタリング → シュート(ダイビングヘッド)という流れで更に3点を追加しました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵56
試合終了直前、高杉くんからのロングパスに翼くんがオーバーヘッドシュートで合わせ、ダメ押しの1点を追加して8vs0という準決勝の試合とは思えないような大量得点差で決勝に駒を進めました。

キャプテン翼のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵57
次はいよいよ超有名人・日向小次郎率いる東邦との決勝戦ですが、今日はここまでかな~
あ~あ、レベル上げしたい・・・レベルを上げまくりたい!でも負けたくないよぉ~

この記事をもっと読む
Prev| Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください