スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
スーファミの4つボタンが未だに慣れない伊達あずさです。
気を抜くと、ボタンが4つあったことを忘れ、メニューをスタートボタンで開こうとしてしまうんですよね。
メニューはXボタン、メニューはXボタン!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
ボタン操作の復習も終わったところでゲーム再開です。
え~っと、ユミンパの脅威から解放されたローズタウンで次の目標に関する聞き込み調査をするところからでしたっけ?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
ローズタウンの住人達から感謝されまくりではあったのですが、何ら有益な情報は得られず。
唯一、今度は山に何かが起こっているようなことを示唆している人が居るぐらいでした。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
まあ・・・情報なんて無くても、ローズタウンの左側に新たな場所が出現しているんだから、黙って進めってことなんでしょうけどね・・・でもその前に!!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
ハナチャンの森の十字路にやってきました。
いえ・・・以前、宝物があると教えてくれた人の通りに進んでみたつもりだったのにも関わらず、宝物っぽいものを発見できていなかったことがちょっと気になっていたんですよね。

と言うのも、左、左、真っ直ぐ、右を、画面の方向で言うと、左上、左上、右上、右下と前回の私は進んでしまっていたんですよ。
でも、画面の方向ではなく、マリオが向いて居る方向で考えなければだめだったんじゃ・・・つまり、左上、右下、右下、左上と進まなければならなかったのではと!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
マリオ視点で左、左、真っ直ぐ、右と進んでみると、以前とは全然違った景色が!今度こそ正解っぽい!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
切り株の中は宝箱祭りでした!やったね!ちなみに宝箱の中身はフラワー×3、カエルコイン、キノコでした!
これで心置きなく先に進めます。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
そんなわけで、ローズタウンの西にやってきたわけなんですが・・・何かもっと西に進めちゃうみたいなんですよね。
このパイプダンジョンっていう所は別にクリアしなくてもストーリー的にはいけちゃうってことなのでしょうか。
でも、スルーしても良いよって言われるとスルーしたくなくなりますよね!?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
そんなわけで、パイプダンジョンにやってきました。折角ですから、ジーノのレベルでも上げたいですね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
中はこんな感じです。とてもロールプレイングゲームのフィールドとは思えませんね・・・道とか途中で切れちゃってるし、如何にもジャンプしなさいと言わんばかりです。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
更に、上から降ってくるドッスンをかわしながら進まねばならなかったりと、アクションゲームとしてのマリオさながらですね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
パイプダンジョンを奥に進むと、どういうわけか1回10コインでクリボー叩きをやってる人が居ました。
何かミニゲームが凄く多いですね・・・

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
クリボー叩きはこんな感じに土管から出現するクリボーを踏んで点数を競うゲームで、目標点数に達すると景品が貰えます。
最初は30点で景品が貰えるのですが、徐々に目標点数が増えていくんですよね・・・
何とか46点の景品までは貰えたのですが、次の49点はちょっと厳しそう・・・

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
その後もパイプダンジョンを突き進んでいくと、何やらヨッシーが沢山居る場所にでました。
唯一心が読める緑色のヨッシーによると、ここはヨースター島で今この島ではかけっこが大流行りなんだそうですが、何やら困ったことが起こっているんだそうです。
緑色のヨッシーの背中にのれば、他のヨッシー逹の心も読めるようになるとのことなので、ちょっとヨッシー逹の話を聞いてまわってみましょう。

ヨースター島

  • 皆で一緒にかけっこをすれば、もっと楽しいのにな・・・・・・
  • かけっこしていれば、つまんないことなんてないさ!
  • かけっこが一番早いワッシーがイバっているんだ
  • ヨッシー!今日はワッシーにかけっこで勝てそうかい?
  • ワッシーは1体1でしか勝負をしないから皆でかけっこができないんだ。困ったな

どういう理屈なのかはわかりませんが、ワッシーのせいで皆でかけっこをする事が出来ないみたいですね。
それが困ってること!?単なる内輪もめですか・・・

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
でもって、こちらが噂のワッシー。サングラス何かかけて如何にも悪そうです。
しかし・・・ヨッシーって個体名だったんですね・・・てっきり種族名だと思ってましたよ私・・・
要するにマリオはヨッシー(緑のやつ)としかお話できないってことだったんですね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
彼に今日は勝てそうだと答えると、クッキーを分けてもらえます。
このクッキーを使ってワッシーとかけっこ勝負をしろってことなんでしょうけど・・・またミニゲームなんでしょうね。きっと。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
ワッシーにクッキーを持っていくと、案の定ミニゲーム「ヨッシーレース」が始まってしまいました。

何でも、音楽のリズムに合わせてAボタンとBボタンを交互に叩くことでヨッシーを走らせるゲームなんだそうです。
レースって言いつつ、まさかのリズムゲーですか!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19
BGMに合わせてA、B、A、B♪結構ゆっくり目ですね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
そんなわけで、ヨッシー勝利。何て言うか、マリオを乗せている分だけ重量負担があるのに、それで今まで勝てなかったワッシーに勝てるとか・・・不思議過ぎます。
ヨッシーの背中に乗ったマリオがヨッシーに対して何かしらのドーピング行為を行っているとしか思えません。
ともあれ、ヨッシーが勝ったことで、これからは皆でかけっこをすることができるようになったんだそうです。お礼にヨッシーのクッキーを2つほど貰えました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
ヨースター島の支配者がヨッシーになったことで島内における賭博行為(貰ったクッキーを賭けて4匹レースができる)が解禁となったみたいなのですが、こんなことばかりやっていると話がちっとも進まないのでほどほどの所で止めておきます。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
っていうか、このヨッシーのクッキーってアイテム枠を1個で1枠消費するんですよね・・・そして、レースをする際に賭けることができるクッキーはアイテム枠にあるクッキーだけ・・・正直不便過ぎるんですよ!!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵23
2回ほどレースを楽しんだ所で、ヨースター島を後にするのでした。帰りはちゃんとWorld Mapから戻れます!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25
お次はパイプダンジョンの先にあるドゥカティにやってきました。
おや?目の前に宿屋がありますし、どうやらここは街っぽいですね。

ドゥカティ(宿代:10コイン)

  • ダイナがトロッコ遊びをするために、マイトをおんぶして山に行ったら、山に星が落ちて帰れなくなった

道具屋
スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵26

う~ん・・・皆似たようなことしか言わないため、情報量としては凄く少ない!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵27
このドゥカティの住人はモグラみたいな雰囲気の人々みたいです。
で、山に星が落ちてきたせいで、中が崩れて一部の住人が閉じ込められてしまっているそうなのです。なるほど?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵28
ドゥカティの奥にある広場ではクッパ軍団が会議を行っていました。
どうやら、クッパ城奪還に失敗したみたいですね。っていうか、一体どういう進軍経路を取ってるの!?

クッパ軍団はマリオ相手に戦ったことしかないという兵の練度不足が災いして、思わぬ苦戦を強いられているみたいです。
いや・・・キノコ王国相手にも一応何度か戦ったことあるんじゃないかとも思ったんですが、対キノコ王国戦は戦った内に入らないか・・・
厳しい状況ではありますが、クッパは自分のイメージ保全のためにも、まだ戦いを諦められないみたいです。頑張れ、クッパ!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵29
クッパ軍団を遠くから見送った後、噂の山の中に入ってみると・・・見事に入り口部分が土砂によって塞がれてました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵30
・・・が!何か上の方に別の入り口があるみたいなんですよね。
スーパーなジャンプで有名なマリオなら上の道から中に入れるんじゃって・・・いやいやいや、スーパーなジャンプなんてできなくてもハシゴとか掛ければいいじゃん!
穴の中をこれだけ立派に木材で補強する技術があるなら、ハシゴをかけるぐらい何てことは無いでしょうに!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵31
そんな2人言を展開した後、わざとらしくマリオの存在に気づくドゥカティの住人達・・・これあれですね・・・わざとですね。
本当はハシゴを掛ければ容易に自分達で助けに行けるのに、面倒事はマリオに押し付けようと、わざとやってるんですね。間違いない。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵32
一応、助けに行くかどうか選択権があるのですが、「いや」と答えると、この質問ループから永遠に逃れられなくなります。
要するに、助けに行くと答えるまでここから出さないという住人達による救出強要なんですよね。
何かこの世界ってファンシーな装いではありますが、結構住人達の心はブラックです。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵33
結局、助けに行かされることに・・・っていうかさ、ハシゴどころか肩車でもいけたんじゃんね・・・
それとね?中に居る人達を助けろって言われても、中の人達をどうやってこっち側に連れてこればいいのやら・・・
まあどうせ、マリオが奥に進んでいけば、結局どうにかなっちゃうんでしょうけど、救援物資を持っていくわけでもなく、中の人達が脱出できるような経路を用意するでもないわけですから、普通に考えればマリオが中に入っても何の助けにもならなそうですけどね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵34
でもって、中には珍しいアイテムを探すトレジャーハンターが。ここって炭鉱だったのですね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵35
これまた結構分岐が多い炭鉱を進んでいくと、プチボムがあれば先に進めるのにとぼやくドカチチさんを発見。
だから、中に入る前に救援物資を持っていかなきゃダメだって言ったのに!!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵36
さて・・・行ける分岐は全て試したと思うのですが、先に進めそうなところが無い・・・
残すは入り口付近にあったトランポリンだけ。外に出るための物なのかと思って今までスルーしてたんですよね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵37
トランポリンで天井に頭を打ち付けて失神するマリオ・・・何とこのトランポリンはクロコの罠だったみたいです。
もしかして、クロコは炭鉱の中にあると言われているお宝目当てで入ってきたんでしょうか。さっきのトレジャーハンターはこのための伏線だったのか・・・
結局、盗まれたコインを取り戻すためにクロコを追いかけることになってしまいました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵38
炭鉱のプチボムが全て無くなってしまっていたのってクロコのせいだったんですね。
ともあれ、クロコがプチボムで土砂を撤去してくれたので先に進めるようになりました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵39
ひたすら逃げていくクロコを追いかけ続けていると、逃げ遅れた子分を捕まえる事が出来ました。
戦闘して倒すと、フラワーカプセルを落としましたよ?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵40スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵41
クロコは何故か炭鉱の外へ逃げ出すでもなく延々と反時計回りに逃げ回るだけだったので、待ち伏せして捕まえる事にしました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵42
ある程度ダメージを与えると、クロコは素直に負けを認めて去って行きました。
これまた再登場するパターンですね・・・ともあれ、プチボムをゲットです。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵43
そんなわけで、ドカチチさんにプチボム返却。
ドカチチさんはこのプチボムを使って先に行こうとしてますが、この先に出られなくなっている住人達が居るってことなのでしょうか?
このプチボムで入り口の土砂を破壊するわけにはいかないのかな・・・

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵44
無事プチボムによって土砂は消え、先に進めるようになりました。
本当はドカチチさんも一緒について来ようとしたのですが、足手まといになるからとマリオ自ら同行を拒絶しました。
ドカチチさんは珍しくやる気がある人ですね。でも、ここまで1人で来れたぐらいの人なんですから、足手まといにはならないような気もするんですけどね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵45スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵46
炭鉱の奥には爆弾作りで有名になりたいと思って上京してきたパペットが居ました。ここでマリオを倒して、一気に有名になろうという目論見みたいです。
爆弾作りの技術で徐々に有名になるよりは、マリオを倒した人ってことで先に有名になってしまった方が手っ取り早いってことなのでしょうか。
まあ・・・その考えはわからなくもないかな?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵47スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵48
パペットはダメージを与える度に、召喚する爆弾のサイズを大きくしていきます。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵49
その後も着々とダメージを与え続けると追いつめられたパペットが未完成の切り札を切ろうとします。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵50
結果、自らの切り札に押しつぶされ、自滅してしまうパペット・・・だがしかし、こんな大きなボムが爆発したらマリオ達もただでは済まない!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵51
と、思ったんですがそんなことは無かった!うーん・・・この世界のダメージ判定はほんと良く分からない!
パペットの方は死体も残らないぐらいに消し飛んでしまったのにね・・・なむなむ。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵52スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵53
爆発の衝撃で高い所から落ちてきたスターピースをゲットです!これで3つ目、少しペースアップしてきましたね。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵54
これまた爆発の衝撃で開いた穴を通って先に進むと、トロッコ遊びに行ったまま行方不明になっていたダイナを発見しました。
後ろにある張り紙にトロッコの操作法が書いてある辺りから、帰りはミニゲーム形式っぽいですね・・・

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵55スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵56
トロッコは後方、横スクロールと視点が切り替わりまくるレース形式でした。っていうか、トロッコの線路に意味不明な急カーブ大過ぎ!!

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵57スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵58
最終的にトロッコの線路は途切れていて、大空に放り出されるマリオ達・・・いや、こんな危険な物で子供が遊んだら絶対に駄目だから!(大人も駄目だけど)

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵59スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵60
そして、空を飛んで帰ってくるわけじゃないと言っている両親の下にお約束の着地。本当にマリオ達の落下耐性ってどうなってるんでしょうね。
何はともあれ、ダイナとマイトも無事見つかって新たなスターピースも増えました。

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵61
家の外にでると、ブッカーなる謎の3人組が必死にカブトムシを追いかけていました。話が急すぎますが何かの伏線?

スーパーマリオRPGのプレイ日記6:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵62
何だか良く分かりませんが、大分頑張ったので今日はここまでにしておきましょう。
スターピースが集まる速度も大分早くなってきましたし、少しはペースアップできてるのかな~

今日の何を考えてるんでしょう

バブル:メラメラ
パックンフラワー:最近、いいことがないなぁ~~
マグメット:この前、石ころ踏んで怪我したの、もうイテテ
ボム兵:危ないよ。はじけちゃうよ。痛いよ
バットン:まとまれ!形崩すな!おまえだろ!違うっ!
クラスター:魔法攻撃する人にはサイッ!デッス
クロコ(2戦目):ミーはなんて二枚目何でしょ♡
パペット:粋でゲスなぁ。皆さん粋でゲス
プチボム:ナリはちっちゃくても凄いんだから!
ビックボム:火、付いてます、危ない距離です

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください