ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

皆さんこんにちは。
レベル上げ欠乏症の諸症状が出始めてしまった伊達あずさ。

道(TAO)が予想よりも早く終わってしまったため、微妙な回数分のプレイ日記枠(2回分)が残ってしまいました・・・
別に年跨ぎで長編ゲームをプレイしても何ら問題はないのですが、2回でぴったりプレイ日記を終わらせることにチャレンジしてみたくなっちゃいました。何となく今年を切りよく終わらせたいですしね!

そして、思案の末に選び出したゲームがこの「ハイドライドスペシャル」です!
ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

2回分で丁度終わることを予想して選んだわけですから、当然私はこのゲームをプレイしたことがあります。(さすがにリアルタイムではないのですが・・・)
それどころか、幼い頃の私はちゃんとこのゲームをクリアしているのですよね。(例の如く、内容に関しては記憶が曖昧になってますが)
しかし、このゲームって説明書は別としても、ゲーム内はオール英語なんですよね。それどころか、このゲームってPCゲームユーザー御用達のゲームだったらしいのです。よって、英語どころか四則演算すらままならないような当時の私がプレイしていいようなゲームではないはずなのですが・・・私良くこんな難しいゲームクリアしたな・・・当時の私偉い。

なんて思った所で大人の嗜みストーリー確認!

ストーリー(概略)

広大な緑の国フェアリーランドは人間と妖精が共に暮らす国で、宮殿に祭られていた3つの宝石の力によってその平和が保たれていました。
ところがある日、1人の心無い人間の手によって、宝石の1つが盗まれてしまいます。数が欠けたことで宝石は力を失い、これまで宝石の力によって封印されていた悪魔バラリスが復活してしまいました。
復活した悪魔バラリスによってフェアリーランドの平和は乱され、残る2つの宝石もその混乱の中、行方が分からなくなってしまいます。
更にバラリスはフェアリーランドの王女アンを悪魔の魔力で3人の妖精に変え、どこかに幽閉してしまいました。
そんなフェアリーランドの危機に立ち上がったのが主人公のジムです。フェアリーランドの平和を取り戻すため、彼は剣と鎧に身を包み、冒険の旅に出発したのでした。

概要っていうかほぼ全部になっちゃいましたね。
このゲームはゲーム内にテキストが無いので、ストーリーに関してはこれ以上補完されることはありません。
確か、宝石を盗み出した心無い人間がその後どうなってしまったのか知る由は無かったはず・・・
でも、こういうストーリーの場合って、その心無い人間の末路が語られたりするものなんですけどね・・・まさかジムがその心無い人だったなんていうオチじゃないと良いのですが。
さ・・・あんまり無駄口叩いてると、2回で終わらなくなっちゃいそうなので、余計な話はこの辺にしてゲームを開始しましょう。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
ボタンを押してタイトル画面からゲーム開始画面にやってきました。
バラリスの魔法でアンが3人の妖精に変えられてしまっているのが絵的に表現されていますね。
とりあえず、この3人の妖精を見つけることがこのゲームの目的・・・だったはずです確か。

正直、クリアしたような記憶はあるんですが、中身はまでは流石に覚えてない!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
そんなわけでゲームスタートです。
ファミコンゲームにありがちな展開ですが、何の前触れもなくフィールドに放り出されます。
それどころか、開始早々Slimeに襲われてLifeが減りましたよ・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
というわけで、早速戦闘を行ってみたいと思います。
ハイドライドスペシャルにおける攻撃方法は体当たりオンリーです。ただ、Aボタンを押しっぱなしで体当たりすると「ATTACK」、押さずに体当たりすると「DEFEND」になります。ただ、DEFENDではこちらが受けるダメージが減る代わりに、敵に与えるダメージも著しく減ってしまうので、基本的にはATTACKで敵に体当たりすることになります。
それと、体当たりする際、敵と真正面から当るとこちらの損傷も酷くなるので、出来る限り、横や後ろから敵に当るようにする必要があるのです。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
失ったLifeはぼーっとしていることで自然に回復していきます。
ただ、このフィールドにはSlimeやKoboldが倒しても倒してもひっきりなしに出現するのであまりゆっくり休めませんが!

・・・と、以上がこのゲームの基本的なシステムです!
まあ、その内、魔法を使えるようになったりもしますけどね。(今はMP的なMagicの量が足りないので使えない状態)

さて・・・これからどうしましょう。
とりあえず3人の妖精となったアン王女を救出したいのですが、これまた何の当てもないんですよね・・・
よって、無作為に辺りを捜索するしかないのですが・・・折角ですからその前にレベル上げしたいですよね!?
ちゃんとEXPなんていう項目があるんですから、増やさずにいられるはずもない!
まして、ほっとくだけでLifeが自然回復するわけですから、それはもう倒し放題ですよ!
というわけで、暫くはSlime、Kobold相手にEXP稼ぎです。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
ハイドライドスペシャルには電源を落とさない限りデータを維持できるSAVE機能も備わっているので、適度にSAVEしておきましょうね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
どのくらい倒したかな・・・EXPが満タンまで貯まり、レベルが上がりました。
Life、Str、Magicの量が増えましたね!でも、まだまだこんなもんじゃ満足できませんよ!私は!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
そしてLv3!
何かLv1→Lv2とLv2→Lv3であんまりレベル上げの時間が変わらなかったような気がしますね。
ひょっとして、このままずっと楽にレベルを上げて行けるのかな??

と、思ったら・・・Lv3になった途端、SlimeやKoboldではEXPが一切入らなくなってしまいました。なるほど、そういう形式だったのか。
そんなわけで、遂に最初の画面からの移動を余儀なくされたわけですが・・・
今後のプレイを分かり易くするために、先に周辺を探索しきってしまいましょう!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
というわけで、全体マップを作ってみました!
まだ、中央部分に行けないところがあるので完成ではありませんが、思っていたよりフェアリーランドって狭いのですよね。
ちなみにスタート地点がA-1で、マップの上下左右はループしてますよ~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
無事全体マップも出来たところで、とりあえず南(A-2)に移動してみました。
おや?ここには敵が出現しないみたいですね。Lifeを回復するには良いかも。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
とか思いながら辺りを調べていると・・・木を触ったときにWaspが大量発生しました。これ、蜂の巣か何かが木にあるとかいう設定なのでしょうか?
でもあれですよね。逆に言うと木に触らなければ敵が出現しないってことですから、不用意にこの辺の木に触られたくない理由があるように見えます。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
Waspに襲われること数回、左から2番目の木で1人目の妖精を発見しました。え!?早くない!?まだ1画面分しか移動してないのに!(まあ、実際には地図作ったから沢山移動したけど)
開始早々1/3の目的が達成されてしまいました。展開早っ!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
さて、何の手掛かりも無いので手当たり次第に行ってみるしかありません!
そういうわけでお次はB-1にあるお城にやってきました。入り口ではなく、穴みたいなところから中に入るのでしょうね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
中はこんな感じになっていました。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
でもって、ダンジョンの奥にはVampireが居るのですが、慎重に背後から奇襲攻撃を仕掛けてみても、ダメージを与えられない!!
レベル(Str)が低いせい?それとも銀の武器か何かが要るとか?もう忘れちゃったよ!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
僅かでもダメージを与えられるなら粘るのですが、一切ダメージを与えられないのではどうすることもできません。
仕方なくVampire退治を諦め、今度は直ぐ北(B-5)にある穴に入ってみることにしました。
が・・・真っ暗!!!真っ暗すぎてこれは無理!何かランプ的な物が必要だったような気がするんだよな~そして、そのランプ的なものをVampireが持っていたような記憶がうっすらあるんですよね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
Vampire討伐が新たな目標となった私はE-2近辺にいるZombie相手にEXPを稼ぐことにしました。
いやぁ・・・Zombie凄く強い。正面から戦ったらまず負けるので、しっかり背後や側面攻撃しなければなりません。
まあ、現実的に考えると結構卑怯な戦い方ですけど・・・世界を救うためだもん、そんな綺麗ごと言ってられません。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
墓石が邪魔で移動が制限される挙句、Zombieの攻撃力が凄まじく高く、慎重な戦闘を強いられるためEXP稼ぎは相当難航しました。
でもあと少しでレベルが上がるよ~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
そんなわけでレベルアップ!全体的に1メモリ分最大値が増えました。でも、まだまだZombie相手にEXPが入るみたいですね。
じゃあ、もう1つぐらいレベル上げちゃおう!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
そんなわけでもう1レベルアップ!さすがにもうZombieではEXPが入らなくなりました。
でも、相変わらずZombie強いままなんですよね・・・なのでどんなにレベルが上がろうが卑怯な戦い方は避けられません。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
レベルが2つも上がったということで、Vampireに再戦を申し込んでみました・・・が、やっぱりダメージを与えられません。
やっぱり何か特殊なアイテムが必要なのかなぁ・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
などと考えながらフィールドを彷徨っているとD-1の宝箱からCrossを発見しました。これだ!!!
きっとこれがVampire討伐に必要なアイテムに違いない!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
Crossを持ってVampireに再再戦するとVampireのLifeが減った!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
Vampireを倒すと宝箱が出現し、その中身はLamp!やっぱりね!何かそうだったような記憶があったんですよ!
予想通りの品を手に入れた私は城を後にするのでした。ちなみに、このダンジョンタイルっぽい所だとLifeが全然回復しません。地形によってLifeの回復速度が変わるシステムみたいです。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
さて、Lampが手に入ったことですし、直ぐ北の真っ暗なダンジョンに突入してみるのも良かったのですが、Crossを手に入れた時にフィールド上に展開されちゃっていたこのダンジョンも気になってたんですよね。というのも、このダンジョンの奥にも宝箱が見えていたからなのですよ。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
迷路の奥にあった宝箱の中身はPotでした。何に使うんでしょうこれ。
と、思った矢先、何故か私の左下に今まで無かったはずの穴が突如出現しました。このPotの効果か何かなの?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
Potがあった場所から、すぐ南下しても穴には到達できないので、一度迷路の入り口まで戻って反時計回りに穴のある場所まで回り込みました。
穴の中には宝箱が沢山!でも、何か強そうな敵が居るな・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
ちなみにこのダンジョンの全体図はこんな感じです。宝箱が全部で8つ程見えますね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
ですが、この場所にある宝箱以外は空っぽでした。
さて・・・このKey何処で使う物なのか・・・でも私には1つだけ思い当たる場所があるんですよね~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
とりあえず反対側の穴から外に出てみると・・・お!?これは今まで行けなかった中央付近に行けそうな場所から出ましたよ?
折角ですから全体マップを完成させちゃいましょう!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
惜しい・・・C-4だけ行けませんでした。まあでも、この流れだと、C-4にバラリスが居るとみて間違いないでしょうね~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
無事、マップも完成に近づいたところで、一旦元の場所まで戻り、私がKeyのあてとして予想していた場所に向かってみました。
以前、Zombie相手にEXPを稼いでいた時、ここの宝箱開かないな~って思ってたんですよね!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
見事に私の予想は的中し、宝箱が開きましたよ!中身はJewelだそうです・・・ん?もしや、これがフェアリーランドの平和を守っていた3つの宝石の1つ!?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
次はここ!真っ暗で何も見えなかった洞窟です。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
やはりLampを持っているせいか、中が明るいですね!ちゃんと見えれば何てことないダンジョンです。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
このダンジョンにあった宝箱の中身はSword!入手したことでStrが増えましたね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
Swordを取った帰り際、ダンジョンを彷徨っていたWispに散々やられちゃったので、敵が出ないA-2で一休みです。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
っていうか、妖精1人に宝石1個回収しましたし、今日はこの辺にしておこうかな~ちゃんと予定通り次回で終了できると良いな~

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください