ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
雨が降っても雪が降っても、そしてクリスマスでもファミコン・・・伊達あずさです。

さ!今年最後のファミコンプレイ日記となりました。
幼少の頃の曖昧な記憶を頼りに、このゲームなら今年中に終わらせる事が出来る!と白羽の矢を立てたハイドライドスペシャルですが、果たしてどうなるか・・・
余計な前置きはほどほどにして、再開しましょう!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
パスワードを入力してゲームを再開すると、終了時の座標まで正確に再現してくれました。
でも、ほんの少しだけあったEXPは無くなっちゃってますね。パスワードではEXPは再現されないのか~

関係ない話はほどほどにするとか言っておきながら、急にハイドライドスペシャルにまつわるちょっとした思い出話をしたくなってしまいました!
というのも、当時、このハイドライドスペシャルを使って錬金術が出来たんですよ!
家の近くには2件ほど中古のゲームを扱うお店があったのですが、その片方のお店はハイドライドスペシャルを100円で販売していたのに、もう片方のお店では200円で買い取りしてくれたんですよ。凄くないですか?
当時から欲しい物を定価で買わない我慢強い私は、幼い頃から日々の価格調査を怠らない性格だったのでこれに気づいちゃったんですよね~
しかし、同時に私は物を売らない性格だったため(ゲームどころか、全ての所有物を生まれてから1度も売ったことが無い)、錬金術の実行には至らなかったのですけどね。
って、この雑談が原因で終わらなかったら最悪ですね・・・

さて・・・そういえば、このハイドライドスペシャルには「Turn」、「Fire」、「Ice」、「Wave」、「Flash」と言う5種類の魔法があるのですが、まだ1回も使ったことなかったですね。実はレベルが上がったおかげでMagicが増えたのでFlash以外の4つはもう使えるんですよ。
今度機会があったら使ってみましょう。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
と、そんなことを言っている間にE-4に到着しました。水路の向こう側にある穴には出たことがありますが、こちら側の穴にはまだ入ったことが無かったんですよね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
穴の中はこんな感じでした。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
ここにはGoldam(黄色)、Ladyam(ピンク)という2種類の騎士風の敵がいるんですよね・・・ここに何かあったような気がするんだよな~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
とにかくダンジョン内の敵を片っ端から倒しまくった結果、Ladyamを立て続けに3体倒した時にSheldが手に入りました。
ってことは、Goldamの方も立て続けに3体倒すと何か良いことがあるんじゃ。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
と言うことで早速倒してみると、宝箱が出現しました!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
中身はRingだそうです。これでSword、Shield、Ringと大分装備も充実してきましたね!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
2つも宝物を手に入れ、反対側の穴から外へ出てみると・・・B-2にでました。なるほど、ここにでちゃうのか・・・

砂漠に居るWormを倒してもカスミリ程のEXPしか手に入らないことに絶望した私がそのまま東に進むと・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
D-2で動く木の集団と遭遇。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
この動く木逹は近寄ると凄い勢いで攻撃してくるのですが、4つの内1つの木だけは攻撃してこないんですよね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
そんな無抵抗な木に容赦のない攻撃を仕掛けてみたところ、2人目の妖精を発見する事が出来ました。
うーん・・・もうこれどういう話なんでしょうね。ノーヒント&ノーテキストなのでどういう設定なのかさっぱりわかない!
まあでも妖精後1人だよ!?サクサク進行するのはいいけど、ちょっと展開が早すぎるんじゃ!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
あまりの展開の速さに恐れおののきながらもB-3にやってきました。
もう後、入ってない穴ってここだけなんですよね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
早速穴に入ると・・・どういう訳か水路に出ました。如何にも城の入り口みたいな顔してますが、水路の入り口なんですね・・・だったら、城のグラフィック要らなく無い!?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
水路を歩いたことでようやくフェアリーランド全土を踏破する事が出来ました!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
最終的に完成したフェアリーランド全体マップがこちらです!綺麗に埋まりましたね~すっきり。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
地図も完成しすっきりしたところで、D-3から再び陸地に舞い戻りました。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
水路から出て南(D-4)に移動すると、Wizardなる新種のモンスターと遭遇しました。
でもこの敵、攻撃してもダメージを与えられないんですよね・・・私、装備も整ってかなり強くなってるはずなのに何故・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
FireもIceも効かないので最早これまでかと思いきや、Waveの魔法が効きました!(ちなみにWaveの魔法は横方向にしか撃てないみたい)

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
Waveの魔法でWizardを一網打尽にすると、3人目の妖精が出現しました。ん?Wizardに捕えられていたとかそういう設定?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
3人集まった妖精逹はアン王女の姿に戻るでもなく、突如私の体を宙に持ち上げ始めました。
まさか私を高い所から落として落下ダメージを与えるつもりでは!?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
アン王女の成れの果てである3人の妖精の力によって水路によって阻まれていたC-4の城まで強制連行されてしまいました。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
無謀だろうな~と思いながらも、念のため城の前を雪の日の犬みたいに駆け回っているDragonに攻撃を仕掛けてみましたが、案の定傷一つ与えられません。
これって、Dragonを無視して城に入れってことなのかな~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
と思って、Dragonの隙をついて城に猛アタックするも、中に入れないんですよね。
だってさ、このゲームって穴経由で中に侵入するシステムだったじゃん!そりゃ無理だよね!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
だがしかし、城の裏はこんなんですし、もう退路がないんですよ・・・
ひょっとして3人の妖精は私を殺すためにこの島に連れてきたんじゃ・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
城の前に侵入するための穴が無いのはおかしい!ということで、ゼルダの伝説ばりに木を燃やそうと木に向かってFireを唱えてみたところ・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
本当に穴が出現しました。やっぱり、邪魔な木は燃やして進めってことなんですね。ゼルダの伝説の知識がこんなところでも役に立ちました。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
無邪気に駆け回るDragonの隙をついて穴から城の中に侵入しました。
今度は黒いナイト、Blackamなる新モンスターが居ますね。倒すと経験値が入るみたいなので、倒したかったんですが、ダンジョン内ではLifeが回復しない上、外にはDragonが居るので今は止めておくことにします。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
東に進むと・・・またも退路が断たれてしまいました。Skeltonなる新種のモンスターが出現しましたが・・・今頃Skelton?何かモンスターの強さ関係が他のゲームと結構違いますよね。アンデッド系のモンスターが凄く強めに設定されてる~

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
もう行ける所が南しかないので、そちらに進んでみると、如何にも怪しげな墓石がありますねぇ・・・あれが動いて入り口になるとか?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
狭い所にSkeltonが3体も居て凄く邪魔でしたが、上手くかわしながら墓石に近づくと、墓石が壊れて(壊して?)しまいました。
その他には特に変化が無いですね・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
しかしながら、来た時に通ってきた北側の入り口が復活していたので、一旦外に出ることにします。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
外に出てみると・・・何と水路の水が全てなくなっていましたよ?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
それと、Dragonにかすった際、偶然気が付いたのですが、Dragonにダメージを与えられるようになってました。
水路の水が無くなると弱体化するDragonだったみたいです。
ちなみに、Dragonと戦う際はDefendで当たらないとダメです。ダメージが与えられると思って調子に乗ってAttackしたら即死しました・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
とはいえ、Defendで当たっても相当反撃ダメージを受けるので、休憩しながら気長に戦います。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
何度目かのDefendアタックによりやっとDragonを倒す事が出来ました。勝因は敵が自然回復しなかったことでしょうね。
ジムを勇者たらしめているのはLifeが自然回復するからなのかもしれません。
ともあれ、DragonからMedicinを手に入れました。何でDragonが薬とか持ってるの?ひょっとして、Dragonの死体を利用したりして自作したのかな・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
そして、かつて水路だった所を通って、この死地から脱出できるようになりました。
が・・・既に全体マップを描き終えている私は知っているのです。もう未探索の場所なんて無いんですけど!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
などと思っていたら、何と水路に宝箱が!なるほど・・・そういうパターンでしたか。
でもって宝箱の中身はLuby!ってことはこれが2つ目の宝石ということでしょうか。これで残す宝石は後1つとなりましたが・・・
流石に最後の宝石はバラリスが持っているとかそういう話なんじゃないのかな?
でも、バラリスを封印していた宝石の1つをバラリスに持たれちゃったらお手上げですね・・・大丈夫なのかな。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
バラリスを探す前に、とりあえず城の前にいた邪魔なDragonも居なくなったことですし、Blackam相手にEXPでも稼いでおきましょうね。
やっぱりレベルをちゃんとあげておかないと何かすっきりしませんし。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
通路で敵を待ち伏せして奇襲するという卑劣な戦い方でEXPを稼ぎます。
こんな方法でレベルが上がるのですから、ジムは魔法陣グルグルのニケみたいに盗賊系の勇者か何かなんでしょうか。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
今更なんですが・・・Blackamと長いこと戦っている内に気づいたのですが、ダンジョンの中でもLife回復するね・・・ひょっとして回復速度が遅かったから私が気づかなかっただけなのかな?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
ここがお気に入りの場所になりました。真横からくる敵だけ、下の影に隠れて奇襲すれば、かなりの数をさばけます。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
結構な数のBlackamを倒してここまでレベルアップしたのですが、何か後1回ぐらいレベルあがりそうなんですよね。でも、もはやBlackamではEXPが入りません。ひょっとして、奥に居るSkeltonならまだEXP入るかな?

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45
と思ったら、さっき来た時には居なかった新種のモンスターが居る!!しかも今まで一貫して同じBGMを貫き通してきたハイドライドスペシャルがここに来てBGM変更!
もしや・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
案の定バラリス(Varalys)でした。あっれ~何でさっき来た時は居なかったの!?留守だったの?まさか営業時間外だったの!?

ともあれ、最後の敵というだけあって物凄く強い!Dragon同様Defendで戦うほかありません。
当然それでもLifeが足りなくなるので、休憩しながら戦います。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵47
ラスボスとの戦闘中だというのに、何度も部屋を抜けて(時には城を抜けて)休憩を取りつつ戦い続けていると、遂にバラリスが倒れました!
しかし、戦闘中の休憩を許すラスボスってかなり斬新ですよね。

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵48
バラリスを倒すと、3人の妖精が突如出現し・・・

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵49
合体!!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵50
アン王女は元の姿を取り戻したのでした!!

・・・って、これだけです。スタッフロールすらないという凄まじく硬派なエンディングです。
しかしあれですよね。何でこの手のラスボス達って、王女とかお姫様とかを殺してしまわないんでしょうね。
わざわざ3人の妖精に分けて隠すなどといった手の込んだことをする理由が分かりません。
でも、3人の妖精に分割するっていうのはかなり斬新ですね・・・3人になってた時って人格とかどうなってたんでしょう。
っていうか、あれ?私、宝石2つ(JewelとRuby)か手に入れてないような気がするのですが・・・

謎は深まるばかりですが、これにて「ハイドライドスペシャル」終了です!
ちゃんと予定通り2回で終わらせられたよ!やったね!

ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵51
(そしてスタートボタンを押すと、再び3人の妖精に分割されてしまうアン王女・・・)

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

4 thoughts on “ハイドライドスペシャルのプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)

  1. Roman

    はじめまして!いつも楽しく読ませてもらってます!
    実は3つ目の宝石はRingですからちゃんと手に入れてますよ。というか、宝石3つないとラスボスが出てきませんから。
    良作もいいですが、ファミコンならではの破綻したゲームも今となっては味があっていいですね。次回も期待してます。

    返信
  2. 江藤泰宏

    ハイドラSP 2回(年内)クリアおめでとう御座います。
    自分はかつてクリアを目指して挫折…未達成の部類なので、凄いです。以後、当ゲームの戦闘方式が全体数としては少ないものの、y’s(イース)等の良作を輩出するきっかけでは無いかと実感しております。
    恐らく年明け以降と思いますが、各ジャンルゲームの挑戦とプレ日記コメントが楽しみなので、宜しくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です