インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
レベル上げ大好き伊達あずさです。
やっぱりレベルを自由に上げる事が出来るゲームは良いな~

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
という訳で!今回はもう最初から激しく飛ばしてレベル上げをしていきたいと思います!!
もうね!開始早々レベル上げ三昧ですよ!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
というわけで、早速ファレイの前でレベル上げを開始したわけですが、結構レベルが上がるまでに時間がかかるような気がします。
これはもしかすると、敵によって得られる経験値が物凄く増えていくタイプのゲームなのかも・・・
そういうゲームの場合は、レベル上げよりも装備がものを言うんですよね。
とりあえずは、ファレイで買える最強の装備「銅の剣」と便利と噂の「ランタン」が購入できるようになる程度のお金が貯まるまでは、レベル上げをしてみましょう。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
・・・銅の剣とランタンが購入できるようになるまでって自分で言ったくせに、結局、黄金の弓とガラスの杖が買える程になるまでレベル上げをしちゃいました。
最初こそレベルが上がりづらいと思ったものの、銅の剣を手に入れて、敵の殲滅速度が上がってからというもの、思ったよりレベル上げが楽になっちゃったんですもん!結果的にLv8まで上がりました。

敵を倒していると、結構、いろんなアイテムを落とすんですが、知らないうちに「ヤクソウ」っていうアイテムを手に入れていたんですよね。
ちなみにファレイの街の薬屋さんで売られているのは「やくそう」です。「ヤクソウ」って何なの?

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
どうやらヤクソウには毒が含まれているようでHPが15も減ってしまいました。
HPがあるときに試しておいてよかったわけですが・・・そんなことより、薬草って食べて使用するものだったんですね!!
ほら、ドラゴンクエストの時とかは、「薬草を使った」としか出ず、どうやって薬草を使っていたのか不明だったんですよね。
しかし、薬草が食べ物とは、お腹がいっぱいの時などはHPを回復するの結構大変そうですね・・・

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
それと、話が少し遡ってしまいますが、黄金の弓を道具屋さんで購入した際、何かメッセージが出ました。
この黄金の弓って今まで誰も持ち上げられなかったらしいです。じゃあ、どうやってここまで持ってきたんでしょうね。
っていうか、この弓を作った人は一体どうやって作ったのか・・・そして、そんな弓を軽々と持てる私の腕力って一体・・・
まあ、普通は金で武器なんて作りませんよね。(重いだけで耐久性もないし)

とりあえず、そんな感じでファレイで購入できるものは全て購入できたので、とりあえず先に進みますか~
これだけ長時間レベル上げをしていた割に、まだ街の外はたったの2画面分しか冒険できてないんですよね!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
というわけで、ファレイの街の一画面分下に移動し、前回会った親切な兵士さんの言う通り岩を動かしてみました。
きっと、この下にも宝箱があるんだろうな~

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
予想通り宝箱があったわけですが、西の宝箱より金額が増えてますね。
しかし、宝箱の中から見つかるお金に端数があるっていうのは結構珍しいですよね。
あの兵士さんがなけなしのお金を精一杯入れてくれたのかな・・・何か、感激ですね。
私、頑張って世界を救うよ!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
最後に東の岩の下にあった宝箱を頂きました。
敢えて3ヵ所に分散させて隠したのは、私以外の人に見つかった場合のリスクを避けるためだったんでしょうね。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
無事3ヵ所全ての宝箱を開けた私は、世界を救う手始めに王女の病気でも治そうとドラゴンの牙を探し始めました。
南から反時計回りに進んでいくと、何やら看板を見つけました。
看板には「北:ゼラーナの街、西:ファレイの城、東:ザルザの岬(私有地につき立ち入り禁止)」と書かれていました
ゼラーナってファレイで良い街だと噂になっていた所ですね。でもって、東は私有地ですか・・・何か立ち入るなと言われると立ち入りたくなってきちゃいますね。
というわけで、とりあえず東に進路をとることにします。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
あんなことがあったせいで、岩を見つけるたびに動かしてみたくなってしまう私。
ですが、二匹目の泥鰌は中々現れないようです。
しかし、東に進路をとったのは間違いだったかな~結構広いよ東側!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
海岸線を歩いている時に1人の女性を発見しました。
話しかけてもびっくりされるだけで、話が全く進展しませんが、こんなところを平気で一人歩きできるわけですから、只者ではないのでしょうね。
何て言ってもシンボルがユニークですから、ただものであるわけがありません。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
そんな中、遂に二匹目の泥鰌を発見!!まあ、少額でしたけどね~

結局、東に進路をとったはいいものの、びっくりするだけの女性と、二匹目の泥鰌を得た他には特に何も見当たらず、私には動かせそうにない岩がごろごろしているだけでした。
う~ん・・・先にゼラーナに向かうべきだったのかな。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
一度看板があった場所まで戻り、そこから北に進むと、程なくして(2画面)ゼラーナの街を発見しました。
とりあえず情報収集からでしょうね~

何か良い街ゼラーナ(宿代:15ゴールド/人)

  • ゼラーナの人々は気が優しくて力持ち
  • この街を出たら、北へ北へと進みなさい
  • この街の力持ちチャンピオンはサバだ
  • 光の剣が無いと、北の海岸を通れない
  • 女の子はか弱いから剣や盾は持てない
  • リキュームの街に腕の良い薬屋がいる
  • 黄金の弓がどこかの道具屋で売っていた
  • 秘密の洞窟は岩で隠されている
  • この街では力比べを良くする
  • バベルの山には魔物のの住処がある
  • 力持ちでないと動かない岩が沢山ある
  • 術使いの言葉を覚えたら話を聞いてまわれ
  • リラフの術は魂を墓場で甦らせる
  • 友を亡くしたら礼拝堂の司祭に相談しろ
  • ランタンは暗い所に入る前に火をともせ
  • 神の城の事ならビシューの街の商人が良く知っている
  • ビシューの街には怖い人がいっぱいいる
  • ビシューの街には酒という物がある
販売品
品物 価格(ゴールド) 場所
銅の剣 550 武器屋
銅の盾 450 武器屋
ナイフ 100 武器屋
干し肉 10 食べ物屋
薬草 20 薬屋
ランタン 300 道具屋
ガラスの杖 2000 道具屋
鎖帷子 200 道具屋

どうやら、このゲームでは例え同じアイテムであっても、街毎に価格が異なるみたいですね。
ランタンはゼラーナの街で買った方が安かったな~

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
ちなみにゼラーナの礼拝堂でもお布施を20ゴールド払って司祭の話を聞いてみましたが、本当にどうでもいい情報しか得られませんでした。
きっとこの先も、ずっとこんな感じなんでしょうね・・・

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
そういえば、ファレイの兵士が王女の病を治すための薬を求めてゼラーナにやってきてました。
王様の病気を治すための薬が直ぐ近くにある森で簡単に手に入るのにも関わらず、誰一人として探しにもいかず放っておかれたどこぞの国とは大違いですね。
あ・・・でも、その国も王女が行方不明になったときはすぐさま本気で捜索し始めたみたいですから、病気なのが王様だったらこの兵士も薬を探しに出かけなかったのかもしれませんけど。

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
この街の力持ちチャンピオンのサバさんが2000ゴールドで仲間になってくれました。
力持ちでなければ動かせない岩が沢山あるそうですし、きっと役に立ってくれるでしょう!!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
が、ここでこのゲームの妙なリアリティがまた発動!
新しい仲間のサバさんなのですが、私と歩く速度が違うみたいなんですよ。
私が本気で全力疾走しちゃうと、どんどんサバさんだけ遅れて行ってしまうんです。
サバだなんて如何にも足がはやそうな名前なのに、鈍足とは!!

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
でもって、ゼラーナの街にも2人の術使いが居ました。まあ、相変わらず言葉がわからないのでぶつぶつ言っているだけですけど・・・

インドラの光のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
とまあ、こんなところで今回は終了!
とりあえず、この街で購入できる装備品は手持ちのお金でどうにかなりました。(もちろんサバさんの装備も購入済み)
次回は仲間になったサバさんのレベル上げからでも始めようかなと思っています。
しかし・・・仲間の速度が異なるというのは斬新なんだけど、地味に面倒臭いよこれ!
これらのシステムが後のゲームに引き継がれなかったことから、他の人も私と同じように考えていたことは明らかでしょうね・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください