サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
にほんブログ村 漫画ブログへ

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
竜使いとして生きていく目途が立ったことに安心しきっていた伊達あずさです。
この始まり方だと、まるでこれから私の身に災いが降りかかる前フリみたいになっちゃってますが・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
またも目を覚ますと私は街の入り口に立っていました。
おかしい・・・昨日も確実にベッドに入ったはずなのに・・・でも、流石に2度目ともなれば私も狼狽えたりはしません。
さて、とりあえずは昨日託児所に預けたらんまるの様子でも見に行ってみようかな。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
らんまるに会いに託児所にやってきました。
どうやら奥に居るらんまると会えるだけじゃなく、保母さんから育て方の注意点まで教えてもらえるみたいです。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
早速奥に行って保母さんに話しかけてみると、竜の餌にするためのみじんこを取ってくるよう命じられました。
なるほど・・・預かり賃800ルピーに竜の食費は含まれていないのか。
それはそうと、保母さんから竜ジステンバーなる病気の予防注射を勧められました。何その得体のしれない病名・・・う、う~ん。おいくらなんでしょう。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
300ルピーだそうです。まんだらげ2体分か・・・今となっては大分安く感じますね。
良いでしょう!可愛いらんまるのためです。打ちましょう予防注射!
その結果、保母さん曰く、「これで病気の心配はなくなった」とのことでした。
まあ、らんまるに病気の心配がなくなったのは良いことですが、竜ジステンバーってどんな病気なんでしょうね。全く何の説明もないし、とても気になる。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
奥に居た別の保母さんからは、「竜におもちゃを買ってやれ」とか、「竜はベビーフードで育てても良い」などとアドバイス頂きました。
しかし、以前ハワプールに来た時にドラゴン屋を見てみたけど、オモチャってかなり高いんですよね。とても今の私では手が届きそうにありません・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
ともあれ、らんまるに餌を上げるべく、みじんこを差し出してみると・・・56体も居たのに全部食べられちゃった!
まあ、56体居たっていっても、たかだか56ルピー相当だけどさ・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
らんまるにみじんこを食べさせたことを保母さんに報告すると、今度はおおたまじゃくしを食べさせる時期だと言われました。
え!?今食べさせたばかりなのに?ずいぶんと食欲旺盛だね、らんまる。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
とりあえずオリッサの近くの川で獲れたおおたまじゃくしを4匹ほど食べさせてみたのですが、保母さんからワンモアコールが・・・
目の中に入れても痛くないらんまるのためです。獲りに行きますか!でもその前に・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
薬屋でパイビリカとまんだらげの死骸を売り、更に武器屋で錆びた剣を売って作ったお金で、鋼の剣、革の盾、マントを購入!
流石にこれだけ装備を整えれば少しは私も戦えるようになるんじゃないでしょうか!

準備も整ったところで、おおたまじゃくし捕獲大作戦開始!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
装備が強化されたことで、みじんこから受けるダメージこそ1桁台に下がったものの、それほど安心できるレベルではありません。
宿泊費がかさむハワプール付近で獲物を獲るより、一度オリッサまで戻ってからの方が良いでしょう。
そんなわけで、オリッサの前の川でおおたまじゃくし獲りに励みます。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
川の中にはおおたまじゃくし以外も出現するんですよね。
そしてこのピラルクと呼ばれる敵はかなり強い!1回戦ったら、即休まないと無理!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
ピラルクやナマズ達に邪魔されながらも、やっとのことでおおたまじゃくしを見つけました。何かかなりでないよこのおおたまじゃくし!
やっぱり私が探しちゃってるせいかな・・・何かこういうのって探し始めると出なくなるよね。
とりあえず10匹程度を目標におおたまじゃくしを捕獲しました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
オリッサの近くの砂地でもパイビリカやまんだらげと出会えます。ついでに彼らの死骸も集めておけば、今後お金に困ることは無いでしょう!
オリッサの近くなら自分の家に無料で泊まれますし、これは稼ぎ放題!!よーし!今までの憂さを晴らすべく獲っちゃうよ?獲りまくっちゃうよ?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
レベル上げが出来ない不満を一気にここでぶつけた結果、パイビリカとまんだらげの大量虐殺となってしまいました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
パイビリカ64体×205ルピー+まんだらげ139体×150ルピーで、計33970ルピーの儲けです。
あれ?何かもう竜使いにならなくても十分リッチな生活を送って行けるんじゃ・・・お金に困っていたあの頃が嘘みたいです!
ついでに新種の敵の買い取り価格も調べておく抜かりない私!

獲物1体当たりの価格
ピラルク40ルピー
れいよう60ルピー
バットマン1000ルピー

・・・え、何かバットマンの死骸、物凄い買い取り価格何ですけど。
彼もオリッサの近くの砂場に稀に出現するのですが、私の一撃で死んでしまうくらい弱いんですよね・・・世の中分からない物です。

ともあれこれで、らんまるにおもちゃを買ってあげる事ができます!
そうだ、賢い子に育つようレゴでも買って行ってあげよう!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
ドラゴン屋でレゴを買った後、武器屋で鉄の爪、防具屋で革の鎧とスパイクを購入し装備を充実させました。
しかし、私では鉄の爪を装備できないみたい。ひょっとするとらんまる用の武器だったのかな?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
早速らんまるにレゴを持って行ってあげました。何かとっても喜んでくれているみたい。6000ルピーもするおもちゃを買った甲斐がありましたね!
らんまるが喜ぶ様子をみた私も幸せに打ち震えました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
でもって獲ってきたおおたまじゃくしも11体程与えたのですが、まだ全然足りないみたい・・・何ですとぉぉぉ~
もうこうなったら次は30体捕まえてくる!!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
そんなわけで、再度オリッサに戻り、付近の川でおおたまじゃくしを32体程捕まえてらんまるに与えたところ、やっと食事の段階が進んだみたいです。
次はこつぎょを獲ってこいということなのですが・・・こつぎょ・・・見たことないなぁ。でも、名前的に水生生物だよね?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
私はおおたまじゃくしを捕まえるため、川には相当長いこと入ってます。それで出会わなかったんですから、残すはハワプールの周りの水だけ・・・
何となく深い方は怖かったので、浅目の水から試してみると、早々にこつぎょと遭遇しました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
が、こいつら物凄く強い!!!
何とかこつぎょ2体は倒したものの、かつぎょの方は無理!!だって体力が9しか残って無いもの!
追いつめられた私は苦肉の策としてかつぎょに賄賂を贈ることに・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
言葉が通じない相手だとばかり思っていたのですが、ちゃんと賄賂は通じたみたい。
しかも、倒したこつぎょはちゃんと獲物入りしてます。でも、らんまるはかつぎょ2体で許してくれるのでしょうか・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
必死の思いでこつぎょを2体捕まえてきたのに、保母さんから無情な宣告が・・・辛い・・・
装備は一番強い物を頼んだはずなのに、どうなってるのこの世界・・・
もしかすると私はまた何か間違った道を進んでいるのかもしれません。ちょっと今までのことを振り返ってみた方がいいかも・・・

そう思い過去を回想してみる私・・・

「水の枯れた井戸は通路になっていて、宮殿や下町に繋がっている」
「お城に泥棒が出るらしいが何処から入ってくるのか分からない」

過去を振り返ってみた結果、気になったのはハワプールの人達から聞いたこの2つ。
私はまだ水の枯れた井戸やお城に行ったことがないんですね。井戸に関して思い当たる節はあるのですが、お城なんてあったかなぁ・・・
まあとりあえず思い当たる節がある井戸から行ってみますか。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
改めてみてみると、とても井戸には見えない色合いをしていたのでちょっと心配になったものの、調べることで無事中に入る事が出来ました。しかしこれ、通路?なの?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
この穴みたいなものを通って進んでいくみたいです。どういう仕組みなの一体・・・この世界には驚くほど夢がありませんが、フィールドには多少の夢(非現実感)があるみたいです。あ、別に褒めてませんよ?

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
何かもう異次元の繋がりです。どういうわけか、ここに入ると入り口に戻っちゃう!

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
この不思議な通路にも当然敵が出現するわけですが・・・これがまたびっくりするほど強い。1戦するのがやっとです。
私が一生懸命お金を貯めて買った装備とは一体何だったのか・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
ここの敵とまともに戦ってはいけないことに気付いた私は再び敵から逃走する日々に逆戻りです。
敵から逃げつつ探索を続けていると、宝箱らしきものがありました。中身は「かいばたいほとう」・・・何これ。まったくどんなものなのか想像できないネーミングです。っていうか、形はわからないのに名前だけは分かる私って一体・・・

う~ん・・・「とう」は刀?だとすると武器っぽいけど、でも、確か漢方薬にだるさを軽減する効果がある十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)っていうのがありますよね。どっちかっていうとそっちの方に名前が似てるような。
でも、かいばたいほとう何て言う名前の漢方薬を私は知りません。う~ん・・・まあ、保留で・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
お次は怪しげな太極図のそばでまた箱を見つけました。中身はえすかるごん・・・どうやら死骸(獲物)みたいですね。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
その後もひたすら逃げ続けながら奥へ進んでいくと、右上の方に穴を発見。出口か・・・と思われたのですが、全然出口じゃない!
幾ら逃げ続けているとはいえ、100%逃げられるわけではないので、そろそろ残りのお弁当に不安が・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
と思ったら!ぐるーっと反時計回りに一本道を進んだ先が今度こそ出口でした!助かったよぉぉぉ~~
そして、ここは何処?ハワプールと雰囲気が似てるけど、こんな場所見たことないよ。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
とりあえず、近くの人に話を聞こうと話しかけてみると、突如100ルピーを要求されました。何この人・・・キモイ。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
Noと言えるアクパーラ人の私が見知らぬ人からの金銭要求を断ると、街中であるにもかかわらず問答無用で襲い掛かってきました。
一体この国の治安はどうなってるの・・・井戸から出たばかりで疲弊していたのですが、街中ということもあってすっかり油断してました。
体力が減ったままの戦闘にあわや・・・と思われたのですが、思ったほど強くはなく、結構あっさり撃退できました。
しかし、倒しても何も良いことが無い・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
まさか獲物に!?と、念のため私が所持している獲物を確認しようとすると・・・あれ?何か見慣れない選択肢が。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
「肝/牙」の方は何時もの見慣れた獲物のリストでしたが、その他の方には何か特別なものが。確かに井戸の中でしゃちほこなる敵を倒しはしましたが・・・ひょっとして、これを集めれば武器屋で何か作ってもらえるのかも?
ちなみにさっき倒した人は特に獲物として増えたりはしてませんでした。やっぱり戦い損です・・・まあ、自衛しただけなんですけどね。
しかし、何かこの街は危険な香りがします。体力を回復するまで迂闊に話しかけない方がいいかも・・・

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
人に話しかけない様、気を付けながら街を散策しているとやっと寝泊りできそうな雰囲気の建物を見つけました。
建物内には人が2人居るのですが、どっちが店主だろう・・・とりあえず手前の方の人に話しかけてみると、宿代割り勘で一緒に泊まろうと妙な誘いをしてくる男性が・・・ちょ、何か今までの流れからもそうだし、そうでなかったとしても常識的に考えてあり得ない!
そういうわけなので、丁重にお断りしておきました。

サンサーラ・ナーガのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
でもって、こっちが正解だったみたいです。
1泊50ルピーとは大分安いですけど、本当に大丈夫なんでしょうか・・・多少の不安はありますが、体力も少ないし、今日はここで眠ることにします。
何だか今日は人間不信に陥りそうな一日でした。あ~今日は夢見が悪そう・・・
では、おやすみなさい・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
にほんブログ村 漫画ブログへ
伊達あずさ

Studio POPPOのプログラム兼システム担当です。
ウォーキング・デッド大好き!ダリルかっこいいよっ!主食はキノコです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です