シムアントの如く、大量の蟻が絶え間なく我が家に侵略してくる

投稿日:

皆さんこんにちは。
我が家に大量の蟻の侵入を許してしまった悲しき戦士伊達あずさです。

最近、台所にかなりの確率で蟻が居ます。
それこそちょっと前までは、台所に置いてあった砂糖の箱(蓋付)に物凄く群がっていたんです。
なので、砂糖の箱だけは冷蔵庫の中にしまうようにしたことで、長いこと蟻を見かけることは無くなったわけなのですが、ここ最近、また蟻が急増してきたんです。

蟻と言えば思い出すのがシムアントという古のゲームです。
シムシティやシムアースと同じ系列のゲームで、黒蟻として赤蟻逹と戦うゲームなんですよね。
このゲームはとある家の庭からスタートするのですが、赤蟻との戦いに勝利し続ける事で版図を広げ、やがては家に住んでいる人間すら追い出し、その地帯を制圧することを目的としたゲームなのです。

そう考えると・・・家にまで侵入を始めたこの黒蟻逹は、外で赤蟻逹との戦いに勝利し、次は我が家を狙っているのではないか!
これは非常に危険な状況です!!早めにしかるべき対処をしなければ、黒蟻によって家を占拠されてしまう・・・

しかし、本当に不思議でなりません。
私は窓とかを開けるのが大嫌いなため、どんな真夏であろうとも、絶対に窓を開けることはありません。
窓を開けると幾ら網戸があったとしても、必ず部屋に虫が入ってきちゃいますからね。
なので絶対に窓は開けません。

家の中に入る際も、外に繋がる扉を開けたまま絶対に玄関の電気を点けたりはしません。
そんなことをしたら虫が入ってきちゃいますからね!!

それくらい慎重に外部との接触を絶っているにもかかわらず、台所で蟻を見つけてはプチプチ倒していくという終わりのない戦いに明け暮れる日々の再来です。
一体この蟻逹はどこから侵入してきているの?

そんな疑問を持ちつつも黒蟻逹との戦いに興じていたある日、私は気づいたのです。
そう・・・黒蟻逹の侵入口をついに発見したんです。

それは、部屋の換気効率を上げる役割をしている「換気口」だったんです。

この換気口って法律で建築基準法で定められているもので、常に開けておかなければならないらしいのです。
仮に居住者が閉めたとしても罰則があるわけではないみたいですが、開けておかねば何らかの弊害が生まれることは事実。(結露が酷くなったり、シックハウスの原因となるチリが籠ったり、扉が開かなくなったり)

閉ざす事が出来ない換気口から侵入してくるとは卑怯なり!!

と、いうわけで、仕方なく換気口のそばにアリの巣コロリを置くことにしました。
果たしてこれで蟻逹を撃退する事が出来るのか・・・私と蟻の戦いは新たな局面を迎えるのであった。

我ながら何て言うオチの無い話を書いてしまったのか・・・

シムアントの如く、大量の蟻が絶え間なく我が家に侵略してくる_挿絵1

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください