闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

皆さんこんにちは。
リベンジに燃えている伊達あずさです。
そんなリベンジに燃える私が今回プレイするのは「闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光」です!
闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

ヘラクレスの栄光って名前だけなら、ちょっとゲームに詳しい人なら知ってたりすることもあるのではないでしょうか。というのも、良シナリオのゲームとしてヘラクレスの栄光”3″が有名になったからなのですよね。
ただ、その初代にあたる闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光はね・・・ちょっとね、厄介なんですよね。というのも、このゲーム・・・過去の私はかなり序盤ですぐに止めちゃったんですよね。まあ、彷魔が刻の時とは違って、中古品の上、かなりの投げ売り価格(100円ぐらい)で売られていた物だったので、別に大したダメージではなかったんですけど、やっぱり買っておいて遊ばないというのは如何なものか!・・・というわけで、リベンジに燃えているのです。

でもねぇ・・・(闘人魔境伝)ヘラクレスの栄光をプレイすることが、ヘラクレスの選択(敢えて苦難の道を歩んで行くこと)になるであろうことは、ほぼ間違いないでしょう。

では、ゲーム内で多くが語られないファミコンゲームなので、ストーリーを確認するところから始めてみましょうか。

ストーリー(概略)

人々は豊かな土地で幸福な暮らしを送っていた。
天界の神々は地上の人間に平和な日々を与えるため、大神ゼウスのもとに集い、協力して地上の世界を治めていた。しかし、神々によって守られていたはずの平和もやがては破られてしまう。
地上に美と澄んだ心を与えていた美の女神ヴィーナスが何者かによってさらわれてしまった。ヴィーナスがいなくなったことで、地上に溢れていた光は消え、全ての美しい物は影を潜めた。地上の人々は不安に苛まれ、その心は次第に荒んでいった。

神々が世界中を駆け巡りヴィーナスの足取りを追った結果、地獄の魔王ハデスによって黄泉の国に連れ去られていたことが判明する。
この知らせを聞いた大神ゼウスは1人の男を呼び寄せた。

「ヴィーナスは黄泉の国に連れ去られた。魔王ハデスを倒し、女神を救い出すのだ」

ゼウスの命を受けた男はオリュンポス神殿よりギリシアの地に降り立つ。

男の名はヘラクレス。知恵と勇気に溢れ、世界にその名を轟かせた強者だ。
勇者ヘラクレスの旅が今始まる・・・


今回の私は勇者ヘラクレスとなって、美の女神ヴィーナスを救出すべく、黄泉の国へと向かわなければならない様です。ちゃんとさらった理由ぐらいは分かるといいですね。

では、私が書くプレイ日記のスタイルについてはこちらを予めご確認ください!

・・・
・・

神々の国に住む神様達と一緒にミニ四駆を走らせたり野球をしたりして遊んでいると、急に神様達が騒ぎ始めました。
どうやらヴィーナスさんと昨日から連絡が取れなくなっているみたいです。ヴィーナスさんは言わずと知れた美の女神。神様達の間でもマドンナ的存在で、ロマンス多き神様です。そんなヴィーナスさんが行方知れずともなれば、そりゃ~大騒ぎにもなります。

ヴィーナスさんの自称親衛隊を名乗る神様からの情報によると、ヴィーナスさんは今、どういうわけか黄泉の国にいることになっているらしいのです。あの可愛い物好きなヴィーナスさんが、おどろおどろしい黄泉の国に行くはずがないと皆は否定しましたが、自称親衛隊を名乗る神様はヴィーナスさんの持ち物にこっそり仕込んでおいたGPSから得ている情報なので間違いないと反論します。それはそれで大問題ですが、今はそれどころではありません。更に最近、ヴィーナスさんが地獄の魔王ハデスさんからのストーカー行為に悩んでいたなどといった情報まで飛び出してきます。

で、結局・・・何故か私がヴィーナスさんを探しに行くことに。神様達って、言うほど自分では何もしないんですよねぇ・・・その姿はまるで会社を変えようと行動する気もないくせに、文句や愚痴だけは一丁前な居酒屋でくだをまいてるおじさん達みたいです。
でもまあ、最近ちょっと平和過ぎましたし、偶にはいっかな・・・というわけで、何か月かぶりに地上に降りる決意を固めた私なのでした。

闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
到着。何の前触れもなくいきなり地上に到着です。

とりあえず・・・ここどこよ?一応、財政破綻で有名なギリシアのどこかではあるらしいんですけど・・・

闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
その辺にいた人に聞いてみると、ここはポロポネス地方にあるアテネという町なのだそうです。アテネ・・・ギリシアの首都じゃないですか。地理が苦手な私でも流石にそれくらいのことはわかります。
でも、地獄までの道を尋ねても教えてもらえませんでした。ヴィーナスさんが地獄のどこかにいるってことだけはわかってるんですけど、そもそも地獄への行き方が分からないんですよね。まさかとは思いますけど、死ねってこと??でも、行きたまま天界から地上まで来れたんですから、生きたまま地上から地獄へもきっといけるはず。まあ、あせったところで仕方ありませんね。のんびり行きましょう。

とりあえず・・・アテネの町を散策してみましょうか。

アテネ

情報
  • ネメアの谷の祠には美しい宝物が隠されているらしい
  • 北の方にはとても強い魔物がいる。旅にでるなら南にあるペルラの村を訪ねるのが良い
  • カルターゴの南の果てに海の神様が住むミレトス宮殿がある
  • 魔物と戦って傷ついた時は薬が必要だ
  • まほろばの杖は地上、氷室の器は地下で使ってください
  • 祠に入るためにはローソクが必要
  • 先ず南へ旅に出て経験を積みなさい
  • セレネの町の西側の林を歩き回ると何かに出会う。人参を忘れずに
  • 金の角が欲しければ銀の弓だ
  • 砂漠を旅する前に赤いヤシの木の根元を調べた方がいい
  • 心見の窓を持っていれば魔物達の本心を読むことができる
  • パロスは呪われた島だ。今ではガイアの町もすっかり寂れ、魔物が住み着いている
  • ボルクの毒は効く
武器屋(北)
商品 価格
銅の剣 200
革の服 20
鎖帷子 210
木の盾 20
銅の盾 100
武器屋(南)
商品 価格
ナイフ 30
銅の鎧 800
鉄の盾 380
道具屋
商品 価格
蝋燭 25
心見の窓 80
八百屋
商品 価格
大根 2
白菜 4
人参 34
魚屋
商品 価格
サンマ 2
エビ 4
タイ 18
その他の施設

宿屋(1泊20G)、バー(1杯10G)、鍛冶屋(ヘパイトスの雇用料金5000G)

闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
ほとんどの建物は見掛け倒しですが、ショッキングピンクの建物にだけは入れて、中はお店になっているっぽいですね。

アテネは首都だけあってかな~り広く、他にも色々と紹介したいことがあったんですけど、それは次回かな?初回にしては結構進みましたね!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

5 thoughts on “闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光のプレイ日記1:レトロゲーム(ファミコン)

  1. roman

    こんにちは。
    クリア断念したゲームでしたので、クリアまで楽しみにしてます。断念したわりに当時の記憶がすっばり抜け落ちているんですけどね。
    それにしても町中の雰囲気がとてもゾイドを彷彿とさせてくれますので、これからの展開に期待大です。

    返信
  2. オーヤナーギ

    このゲーム懐かしいです。
    ハデスさんは行動的な親衛隊?ストーカー?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.