Blood Magic再び:Minecraft SevTech: Ages#130

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
何を作るにしても必要となる材料が多すぎて、待ち時間が爆増していることを危惧している伊達あずさです。
幾ら放置しておけば済むといっても、Minecraft(SevTech: Ages)を起動すると結構な量のメモリを消費するので、バックグラウンドで動作させっぱなしにしておくと、パソコンで行えることに制限がかかっちゃうのですよ。
ま~嘆いていても仕方ないので、残るCreative Fluid Tankの材料でも作っちゃいますか。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵1
それじゃあ手始めはBlack Hole Tankから。なんか物騒な名前ですね・・・
材料はPlastic×3、エンダーアイ×2、エンダーパール×1、バケツ×2、Machine Case×1です。特に未知の材料はないのですけど、今、自動でガラスを作るのに携帯拠点のアーク炉を使っちゃってたので、拠点に戻らないといけないなぁ・・・

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵2
次はRune of Augmented Capacityを作ります。
材料は黒曜石×4、「Demonic Slate」×1、バケツ×2、「Rune of Capacity」×1、Master以上のBlood Orb(なくなりません)×1です。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵3
Rune of Capacityは石×4、バケツ×3、Blank Rune×1、「Imbued Slate」×1から作ります。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵4
Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵5
Imbued Slateを作るにはReinfored SlateとグレードⅢの祭壇が、Demonic Slateを作るにはImbued SlateとグレードⅣの祭壇が必要になるのですよ。
う、う~ん・・・Blood Magicか。この世界では今までほぼBlood Magicを使ってなかったので、最小限の祭壇(グレードⅡ)しか作ってないんですよね。グレードⅣともなると、祭壇を作るのに11×11×6ものスペースが必要となります。まあ、ぎりCompact Machineの中に作れるか・・・

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵6
グレードⅢまでの祭壇であれば、単にスペースだけの問題で済んだのですけど、グレードⅣの祭壇を作るとなると「Large Bloodstone Brick」という未知のブロックが4つほど必要になります。そして、このブロックを作るには「Large Bloodstone Tile」という非常に手間のかかる材料が必要となるのです。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵7
Large Bloodstone Tileを作るには石と「Weak Blood Shard」が必要になるのですが、このWeak Blood Shardという材料が厄介なのです。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵8
まずは下準備として「Hellfire Forge」を作ります。これはBlood Magic関連のアイテムを作る際に必要となる装置になります。
材料はTin Ingot×2、石×4、Bronze Ingot×1、Block of Copper×1です。これは特に問題ないですね。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵9
そしたらですね、今しがた作ったHellfire Forgeを使ってPetty Tartaric Gemを作ります。
材料はレッドストーン×1、金インゴット×1、ガラス×1、Blue Dye Powder×1、そして、Hellfire Forgeを起動させるのにDemonic Willを使います。Demonic WillはRudimentary Snareを使って集めねばなりません

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵10
次に今さっき作ったPetty Tartaric Gemと鉄の剣、Demonic Willを使いSentient Swordを作ります。これは必ずしもWeak Blood Shardを得るために必要なものではないのですけど、この剣で敵を倒すと倒した敵がDemoric Willを落とすようになります。つまり、この剣さえあればRudimentary Snareが要らなくなるんです。
Sentient Swordを作ったら、追加でPetty Tartaric Gemを2つほど作ります。作ったPetty Tartaric Gemの内の1つをインベントリに入れたら、Petty Tartaric Gemの中のウィルが60以上になるまでSentient Swordで敵を倒します。Tartaric Gemをインベントリの中に入れた状態でDemonic Willを拾うと、拾ったDemonic Willごと中のウィルがTartaric Gemの中に貯まっていくようになります。ウィルを60も貯めるとなるとまあまあの数の敵を倒さねばならないので、Hunting Dimensionなどを活用します。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵11
ウィルが十分に貯まったら、次はPetty Tartaric Gemをパワーアップさせていきます。パワーアップすると貯蔵できるウィルの量が64から256まで増えるのです。手始めにPetty Tartaric GemをLesser Tartaric Gemにします。
材料はPetty Tartaric Gem、Shadow Gem Shard、Bronze Ingot、発酵したクモの目で、これらをHellfire Forgeの中に入れ、燃料には
Sentient Swordを使ってウィルを貯めた方のPetty Tartaric Gemを使います。
Lesser Tartaric Gemを作ったら、今度はそちらにウィルを貯めて、燃料として使用した方のPetty Tartaric GemもLesser Tartaric Gemにします。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵12
更にLesser Tartaric GemをCommon Tartaric Gemにします。
材料はLesser Tartaric Gem、Shadow Gem、金ブロック、Imbued Slateで、Hellfire Forgeを起動させるのにウィルが240も必要となるのです。なので、Lesser以上のTartaric Gemが必要になっちゃうんですよね。
・・・っていうか、Imbued Slateが必要になっちゃいましたね。先にグレードⅢの祭壇を作らなきゃですね。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵13
Large Bloodstone Brickができ次第、すぐにグレードⅣの祭壇となるように作っちゃいました。
グレードⅣの血の祭壇は6段になってます。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵14
一番下の段はこんな感じです。灰色の部分にはルーン(Blank Runeなど)を設置してください。空白の部分についてはブロックを置いてもいいし、置かなくても大丈夫です。まあ、丸石などで埋めておくとよいのではないでしょうか。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵15
2段目はこんな感じです。新たに出現した緑の部分にはとにかくなんでもいいのでブロックを置きます。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵16
3段目はこんな感じ。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵17
4段目。中央の赤い部分にはBlood Altarを設置します。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵18
5段目。黄色い部分にはグロウストーンを設置します。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵19
最後、6段目です。青い部分にはLarge Bloodstone Brickを設置するのですが、今はないのででき次第ということで。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵20
全部Blank Runeで作った祭壇でもBlood Altarの中に満タンまで血を入れてから石を入れれば、Imbued Slateまでは途中に血の補充なしで作れます。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵21
では次に「Binding Reagent」を作ります。
材料はグロウストーンダスト、レッドストーン、金塊、火薬で、このレシピでHellfireを起動させるにはウィルが400ほど必要(実際に消耗するのは10ぐらい)になります。なので、Common以上のTartaric Gemを使用する必要があるんです。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵22
続いて「Arcane Ashes」を作ります。
材料は「Ash」、火薬、White Dy Powder、木炭です。これもHellfire Forgeを使用しますが、燃料部分にはDemonic WillかTartaric Gemのどちらかがとりあえず入っていれば大丈夫です。作成時にウィルも消費しませんしね。

Blood Magic再び:Minecraft SevTech Ages#130_挿絵23
ちなみにAshは適当な原木をかまどやStone Grillなどで精錬すれば作れます。まだ始まったばかりの頃に木炭を作ろうとして誤って幾つかできちゃったりしてるもんですよね・・・SevTech: Agesあるあるです。
次はこのArcane Ashesを使って錬金術魔方陣を発動させるのですけど・・・それは次回かな。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.