ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
このペースだと20話ぐらいにはなっちゃいそうだなと思った伊達あずさです。
地下星座宮は4ルームで1星座分進むので、少なくとも後40ルームあることは確約されています。前回同様、1話3ルームのペースだとそれくらいにはなっちゃうのですよね。しかも、これからどんどん難しくなって手番も増えていくというのに・・・
それでもダークロードには到底及ばないし、ファイアーエムブレムにすら届かなそうなので気は楽です。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
そんなわけで、今回はルーム9・・・そして、ここからは双児宮の領域となります。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
結構シンプルなつくりですね。そして、中央に見える炎のようなものが初登場となります。あれはバーンという呪いの油によって燃える炎で、青白く燃えているやつは落としても消せないそうです。今、タイミングの関係で灰色っぽく見えちゃってますけど、あれは落としても消せないタイプのバーンです。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
鍵がある灰色の石で囲まれた領域に上から侵入した場合、バーンの真上にある石を壊して下から脱出するほかありません。その唯一の出口をバーンに抑えられたままだと中に入れないので、バーンが乗っている石を壊して下に落とし、バーンの上に蓋となる石を置くことで、出口を確保しておきます。
後は中に入るだけなのですが・・・カミーラの鏡からデーモンズヘッドが湧き出しちゃいましたね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
灰色の石で囲まれた領域がデーモンズヘッドの巣窟になってしまうと鍵の入手が困難になってしまうため、この出口となる部分の石を予め壊しておいて、中にデーモンズヘッドが溜まらないようにしておきたいところなのですが、それをやっちゃうと、鍵の横に見えるライラックの鐘が取れなくなっちゃうのですよね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
とりえあず上に行って迂闊なガーゴイルをおびき出して落とします。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
反対側のガーゴイルに炎の弾を吐かれる前に逆サイドに移動します。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
これで上段の安全は確保されました。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
カミーラの鏡から次のデーモンズヘッドが湧き出すまでにはかなり長い時間を要するようで、次のデーモンズヘッドが湧き出すまでには前のデーモンズヘッドが生存限界を迎えてしまうみたいです。であれば、今いるデーモンズヘッドが右へ移動した時を見計らって飛び込めば・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
じゃ、若干タイミングを逸してしまった気もしましたけど、この後素早くデーモンズヘッドの眼前に石を召喚することで難を逃れました。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
これでもう大丈夫!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
後は飛び降りて妖精さんを確保しつつ扉へと向かえば・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
ルーム9リリースです!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
次!ルーム10です。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
特に目新しいものや敵はいませんけど、巻物がありますねぇ・・・なーんて悠長なことをいっていられるのも、私が新米を気取った時を操る凄腕魔法使いだからなのですよ?このルームに侵入してすぐ2匹のゴブリンに発見され、私の命は風前の灯なのです。まあ、その気になればスーパーファイアボールで一掃できちゃうのですが、ゴブリンごときに使うのは勿体ない!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
素早く石を召喚して高い場所に移動します。相当ぎりぎりでしたけどね!!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
せっせと足場を召喚して左に移動します。下に見えるライラックの鐘はゴブリン達が右側へと移動した隙を見計らって入手します。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
カミーラの鏡から湧き出してくるデーモンズヘッドはとても活動時間が短いみたいでこの辺までしかこれません。よって、適当に石を召喚して跳ね返してやれば先へ進むこと自体は問題なさそう。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
デーモンズヘッドを押し返しながらここにも石を呼び出しておきます。上を通るときにこの石がないと下に落ちちゃいそうですからね。後、カミーラの鏡の真下に石を召喚するのはダメです!それをやっちゃうと、カミーラの鏡の左側にある石をデーモンズヘッドに壊されてしまうので、上を渡るときの足場を失いますからね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
でもって問題はここです。基本2ブロック分の幅さえあれば石を召喚して上に移動できるのですが、このバーンがあるせいで、2ブロック幅を確保できないのです。なので・・・とりあえず、一番右端に石を呼び出しておいてから・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
バーンが乗っていた石を消して下に落とし、更にバーンに向かって換石の術を使用するとこんな感じでぺしゃんこになるのです。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
この状態であればバーンの頭上を跳び越して先に作った石の上に飛び乗ることができるのです。いや・・・このゲームはちょっとジャンプがしにくい世界(十字キー上でジャンプ)なので、まあまあなチャレンジではあるのですけどね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
後はパネルモンスターが吐く炎をかわしながら・・・そして、上空に浮かぶ宝石を拾いながら左へ移動します。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
もうクリアしようと思えばできるのですが、やっぱり右奥に見えるライラの巻物を取りたいですよね。うん、取りましょう!ガーゴイルと1vs1の対決です。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
これだけスペースがあればガーゴイルの吐く炎ごとき私の華麗なジャンプで避けられます。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
ガーゴイルは目の前に道さえあればどんどん近づいてくるので、適当なところで落とします。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
あ・・・落ちたガーゴイルが妖精さんになりました。マッチポンプじゃない妖精さんはとても貴重です。少しでも自分のアライメントをLightよりに戻したければ救出しておいた方がよさそうですね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
クリアです!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
よしよし。今回もちゃんと3ルーム進捗は確保できそうです。というわけでルーム11!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
これまた随分と偏った感じのルームですね・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
一先ず、上る際に邪魔となりそうなすぐ左のスパークボールから処理しちゃいましょう。こんな感じで石を置けば右側へと誘導できます。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
迫りくるスパークボールを飛び越えてからすぐさま石で塞いでしまえば省スペースで閉じ込められます。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
次はこの外側を走り回っているスパークボールを処理します。こちらは相当なスピードがあるので、大事をとって少し広めに準備した空間へと誘導します。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
省スペースへと追いやったスパークボールの元住処からはライラックの鐘が出てきました。まあ、これは拾っておくとして・・・問題はどうやって上るかです。カミーラの鏡があるところは、上にスペースがないため、ジャンプで跳び越すわけにはいきません。しかし、そこを石で塞ごうにも下にパネルモンスターがいるため、塞いでもすぐに壊されちゃうのですよね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35
困ったときは物量作戦です。石を二重にしておいて、片方が壊されている間に先へ進むことにします。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
パネルモンスターはそこまで矢継ぎ早に炎を吐いてこないので、二重であれば結構余裕でした。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
天井にいるパネルモンスターの隙をついて石を呼び出し、この細長い場所へと入っていきます。中にはかなり速いスパークボールが4つも要るのですが・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
タイミングを見ながら押し込んでいきます。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
鍵を取ってすぐさま石を呼び出せば何とかなるものです。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
鍵を取ったら、スパークボールが外に飛び出さないよう注意しながら彼らの領域を出来るだけ広げておきます。あれだけの数を狭いところにおしこんじゃったら可哀想ですからね。

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
再びパネルモンスターの隙をついて上へと進みます。ちなみに私の前方に浮かぶ灰色の瓶はエドレムの薬といって、あの量だと・・・私の残り活動時間(Life)が倍増するはずです。薬の名前にもなっているエドレムですけど、妖精の園ライラックにある地名からきてるのですよね。なんでライラックのものがこんな場所に・・・

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
エドレムの薬飲んだことでライフが倍増しました。これで後は妖精さんを回収しつつ出口へと向かうだけなのですが、その前に・・・この石、気になりますよね?気になってなかったら、スパークボール達の住処を広げてあげたりしません!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
思った通りなんか出てきた!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45
すぐさま石で塞ぎます。さっ、これで後は新たにマッチポンプした妖精さんを回収しつつ出口へ向かうだけ!

ソロモンの鍵のプレイ日記6:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
はいっ、クリア!そして、今日はここまででーす。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.