バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

あなたの一票に感謝!
にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
バハムートラグーンのドラゴンって簡単に育ち過ぎる上、勝手に行動するから戦術パートのやり甲斐が無さすぎだと思う伊達あずさです。
何かね・・・戦闘が放っておいても勝手に終わっちゃうんですよ!自分で攻撃指示するわけでもないから、何もしてない感が凄い!
時間も殆どが戦闘以外に費やされちゃってますしね・・・最早ノベルゲームと化してます。
でも、ノベルゲームにしてはテキスト量が少な過ぎるわけですが・・・

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
そんな不満を抱えつつゲーム再開です。この章はサウザー皇帝の話から始まり、以前、サウザーが言っていた神竜の心を知るアテに付いて明らかになるようです。しかし、サウザーが神竜の心を知り、新たな扉を開くと代償として自分の心を失ってしまうみたいですね。
既にオレルスの統一を果たしておきながら、自分を失ってまで彼は何を欲しているのでしょうね。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
そして、謎の魔物達と密会するサウザー・・・彼らは神竜を守護する魔物の一派みたいで、簡単に言うと、ヨヨがあまりにも頼りないので、見込みのありそうなサウザーに与しようと言う話みたいです。
私には話がさっぱりわかりませんが、彼ら神竜を守護する魔物にとっても新たなる時代の扉を開いてもらわねば困る何かがあるようです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
そんな魔物達の力を借りて、遂に神竜の心を知ることができたサウザー・・・っていうか、神竜を守護する魔物達の一存でそんなことが出来ちゃうなら、ヨヨの存在って一体何なんでしょうね。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
ここで「第12章 スパイ大作戦」のタイトルコールと共に話は反乱軍へと戻ります。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
章開始早々、今更になってマテライトが帝国の動きを探らなければならないとか言い出してきます。
普通、そういうのは戦いを始める前から行っておくものなんですけどね・・・こんな行き当たりばったりのダメ指揮官の下で本当に良くこれまでやってこれたもんです。
上が無能でも下が優秀すぎる場合、事が上手く行っちゃう、上はますます勘違いして無能化していくんですよね・・・
何はともあれ、帝国の動向を探るため、死んでも構わないような優秀なスパイを帝国に送り込むんだそうです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
で、そんな選考基準でマテライトが白羽の矢が立てたのは、ドンファン・名もなきクルー・センダックの3人。
う~ん・・・最も要らないと言う意味でいくと、間違いなくドンファンでしょうけど、ドンファンじゃスパイとしての役目を果たせなさそう。
間違いなくこの中で一番まともに働いてくれそうなのはセンダックですが、センダックってぽっぽまるの艦長なんだよ!?さすがにそれはまずくない?

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
・・・マテライトが行けばいいんじゃないの?スパイとしても役に立たないかもしれませんが、運良く死んでくれれば反乱軍の利にはなります。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
私の祈りが届いたみたい!!!
前々からずっと思っていたんですよ。マテライトってドラゴンを強化しても技がまったく増えないんですよね。何て言うか、戦闘でもかなりの足手まといなんですよ。はっきり言ってランサー以上に要らない!もう1人普通の人が入って来たら、私はマテライトを外すつもりです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
が、私の思うようにことは進みません・・・私にスパイを命じられたマテライトはその仕事をタイチョーに押し付けちゃいました。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
そんな無茶振りにもかかわらず、文句ひとつ言わず仕事を遂行してきたタイチョー・・・偉いね。
マハールの最高権力者なのに・・・正直、マテライトより大分格が上なのに・・・

しかし、マテライトの代わりに危険な任務を成功させてきたタイチョーに対し、何のねぎらいも無いマテライト・・・流石のタイチョーもこれには不満を覚えたみたいです。本当にマテライト死すべし!!!もし、この世界がファイアーエムブレムのシステムを採っていたなら、私は喜んでマテライトを死地に送り込んだことでしょう!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
潜入したタイチョーの報告によると、サウザーは神竜の心を知った代償として病に倒れ、これを知った帝国軍は混乱状態にあるみたいです。
しかし、この状況を喜んでいる者も中に入るようで、その1人がレスタットの上官でもあるグドルフ将軍と言う人物。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
タイチョーは何と、グランベロス城に潜入し、グドルフ将軍が帝国を乗っ取ろうと計画を練っている現場を押さえてきたみたいです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
こんなことを言っていますが、まさかタイチョーに隠密行動の才能があったなんて・・・

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
何はともあれ、サウザーが神竜の心を知ってしまった今、サウザーが倒れている今の隙に残りの神竜を仲間に引き入れる必要がありそうです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
しかしここで、敵襲が!
どうやらタイチョーが任務を終えて帰る際、帝国軍に後を付けられてしまったみたいです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19
緊急事態という事で、ホーネットの許可を得て、ブリッジの窓から飛び降り、敵の迎撃に向かおうとする私に、タイチョーが先ほどの場では報告できなかった皆には言いにくい話があるとのこと。迎撃後、ヨヨの部屋まで来て欲しいと頼まれてしまいました。何で勝手に他人の部屋で会う約束とかしちゃってるの!?

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
そのまま出撃しちゃっても良かったんですが、ドラゴン親父に話しかけたら、何か艦内に戻れるみたいなんですよね・・・特に用事はありませんが、戻れると言われると戻ってみたくなっちゃいます。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
艦内で、先ほどマテライトからスパイ候補に挙げられてしまっていたぽっぽまるのクルーが私にお礼を行ってきました。
お礼ということで教えてもらった彼の夢は「何時かドラゴンになりたい」というとんでもないものでした。しかも、それをチェラと約束したのだとか・・・あれ?ひょっとしてドラゴンと話せちゃう系の人??

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
更に、品揃えを確認するため、アイテム屋に立ち寄った際、何時も戦場でお世話になっていた戦場を駆ける商人からお手紙が・・・何と、彼は結婚したみたいです。そういえば、以前、恋する商人にクラスチェンジてましたっけね。とりあえず、おめでとうございます!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵23
とまあ、色々小話を聞けたところで、いざ出撃!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24
今回の戦いの場は敵の生物兵器の体内みたいです。凄いね・・・敵の乗組員達は体内に居るのね。
しかし、敵である私達までいともたやすく体内にはいれちゃったけど・・・この艦の防衛力大丈夫???

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25
偶数ターンに塞がれる道や、留まると毒のダメージを受ける地形などありましたが、地形を無視して高速移動するドラゴン達にはどうでもいい仕掛けでした・・・
しかし、ライトアーマーが居るパーティじゃないと、移動力があまりにも低過ぎて戦場に辿り着けない!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵26
でもって、その夜・・・約束通りヨヨの部屋で落ちあう私達。
待ち合わせ場所をヨヨの部屋にしたのは、ヨヨに伝えたいことがあったためみたいです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵27
タイチョーに促されてヨヨを起こしに行くものの、何か勘違いされちゃいました!
が、そこは優柔不断なヨヨの事、で艇庫とする私は結局引き止められ、テラスに向かうことに。っていうか、タイチョー何処行っちゃったのよ!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵28
結局タイチョーは姿を現さないまま、ヨヨと2人で話し込む羽目に。
で・・・開始早々ポエム力全開です。素晴らしい爆発力(多分+25ぐらい)ですが、天も地も空で出来てるオレルスにおいて、空に近い場所とはどういう意味なんでしょうね。現実世界で考えれば、単にぽっぽまるで一番高い場所というだけで、非常に分かり易い話なんですけどね。
まあなんかその後、「夜空を見てると思いださない?」とか、「私達どうなるのかな?」とか、そんなどうでもいい話を聞かされた後、突然真っ赤になって一人ベッドまで走り出すヨヨ。物凄い挙動不審です・・・

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵29
そしてようやくタイチョーのお出ましです。
タイチョーにはヨヨにどうしても話さなければならなことがあるようです。と言うのは、グランベロス城で偶然会ってしまったパルパレオスの話みたいです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵30
タイチョーはパルパレオスからヨヨ宛てに「お前のことはもう忘れる」と言伝を頼まれたようです。
これを聞いたヨヨは大層ショックを受けたようで、テラスに飛び出して行ってしまいました。
な~んか、ヨヨは一体何がしたいんでしょうねぇ・・・私にせっせとモーションをかけてきたかと思えば、パルパレオスに別れを告げられてショックを受けたり・・・まあ、ヨヨは元々コロコロ良く考えが変わる人ですからね。通常運転なのかも?

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵31
そんなヨヨを残し部屋を出る私・・・すると部屋の外には皆が・・・もろばれジャン!!

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵32
と、色々あった夜を経て「第13章 魔法都市ゴドランド」です。

魔法都市ゴドランドとはあまりにも進んだ魔法文化故、帝国からも自治が認められているラグーンなのだそうですよ?
まあなんか、何で魔法文化が進んでいると自治を認められるのか、さっぱり訳が分かりませんが、ともかくそういう事なんだそうです。
まあ要するに、帝国の直接的な支配下ではないってことですね。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵33
で、どういう訳か私達はそんなゴドランドに向かっているみたいです。
そしてもって、ゴドランドにはプチデビ達の仲間が居るみたいです。でも、命令を聞かないプチデビが増えてもなぁ・・・

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵34
そして、ゴドランドに向かう途中、ラッシュとトゥルースは自分達が戦う明確な目標がないことに気付き始めてしまったようです。
何時もマテライトにわけのわからない持論を押し付けられて振り回されるだけでしたからねぇ・・・そういうことはもっと良く考えた方が良い。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵35
で・・・朝になると理由も分からないまま、出撃することに・・・あれ?何処に出撃するの?

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵36
う、う~ん・・・これはどういうことなの??
反乱軍は帝国から自治を認められており、特に解放の必要も無いはずのゴドランドを何故か攻めるみたいです。
このラディアという人物を倒せば勝利するそうなのですが・・・この人ってそもそも帝国の人?
私達は反乱軍から解放軍、そして、カーナ再興軍を経て、オレルス侵略軍になってしまったみたいです。

バハムートラグーンのプレイ日記9:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵37
敵のボスであるラディアはナイトメアLv99なるフィールド魔法を使って、とんでもないダメージを与えてくるため、かなり肝を冷やしましたが、ひょっとするとこれは割合ダメージ魔法なのかもしれません。(特にHPが多いドラゴンが酷いダメージを受けるので)
しかしながら、この魔法だけでは止めはさせないようですし、1人にしてしまえばどうという事はありません。

ラディアを倒して勝利すると、その後特に何の話も無いまま章終了・・・何か急にテキスト量が激減しましたよ!?
私達は一体なぜ解放の必要が無いゴドランドを攻めたのか・・・その理由は次回明らかになる・・・のかなぁ・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

ランキングへの投票よろしくお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析
伊達あずさ

Studio POPPOのプログラム兼システム担当です。
ウォーキング・デッド大好き!ダリルかっこいいよっ!主食はキノコです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です