道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
三宝は1つも見つかっていませんが、八卦は5つほど集まったのでゲームも大分終盤に近づいたのではないかと考えている伊達あずさです。
まぁ、八卦が8つであるという前提での話なんですけどね。
もし、八卦とか言っておきながら80個ぐらいあったら話はまた変わってくるんですけどね。
ちゃんとカダルカジャマ寺院の大僧正が最初の八卦をくれる時に残り7つっていってましたし、さすがにそれはないでしょう!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
そんなわけで、早速経文を読んでゲーム再開です。
しかし・・・前回、ハットク・マラから言われた通りにトキヨウにある弥勒寺までいったわけなのですが、何だかよく分からない有難いお話を頂いただけで、今後の方針に関係するような情報って得られなかったんですよね。
困った・・・次何処に何をしに行けば良いんでしょう。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
途方に暮れた時はとりあえず現場を洗い直してみるしかありません。
そんなわけでトキヨウを再調査していると・・・何かキラキラ組で問題が起こっているみたいですよ?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
どうやら3年間のお勤めを終えた親分をクロスデンに置き去りにしてきてしまったみたいです。
っていうか、一体何なのこのやり取り・・・部外者である私には全く何の関係も無い話だし・・・でも、これクロスデンに行けって話なんでしょうね。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
別にキラキラ組の人に親分探しを頼まれたわけでもないけど、他にあても無いのでクロスデンに。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
何か殺人事件があったって言ってる人が居ますね。でも、街で話を聞いてみても、この人以外、そんな話をしている人が居ません。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
ひょっとして街の外かな??

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
以前、道草をくれた闇の薬剤師の所に行ってみると、何か薬を売ってくれるようになってました。
ちなみに菩提の実を使うと体力が回復し、甘露を使うとチャンス(戦闘で負けても復活)が増えるみたいです。便利!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
後は民家の人が1999年8月18日に起こるグランドクロスについて話していました。グランドクロスって不吉なんですね。
しかし、外にもそんな殺人事件の情報なんてないよ!どーなってるの!?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
と思ってもう1回クロスデンを探し直してみると、ヨーマスの泉の雰囲気が変わってる!!
警官らしき人が居ますね。私も一応指名手配犯(殺人&脱獄で)だと思うのですが、特に逮捕されそうな感じもないので、様子を見てみましょう。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
観察してみると、殺人事件みたいですね。額に穴が開いちゃってるそうです。
しかし・・・言い方!!!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
でもって、死体の身元は広域暴力団キラキラ組組長おおもとはじめだそうです。
おおもとはじめ・・・え!?私の脱獄を手引きしてくれた人じゃないですか!そんな恩人に対して「きもちわりーい!」とか何て酷い言い草・・・

しかし、そんなはじめちゃんの死体を見た私が、「これはまるで隕石が額に当ったみたいだ」とか警察に提案し始めます。どうやってそんなのわかったんだ私!!!
言われた警官も素直にじゃあ隕石の専門家に相談しようなどと言い出しその場を立ち去ってしまいました。

・・・ん~アンゴルモアに行けってこと?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
折角アンゴルモアに帰ったので家に帰ってみました。
何か母親のセリフが変わってますね。まあ何だかわからないけど、可愛くないと言われて打たれました・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
隕石跡にヤバハマ教授の助手が未だに居るのですが、彼自体は専門家ではないようで、特に何の進展も見られません。
仕方がないのでアンゴルモアの付近を捜索していると・・・

突如民家でバルキのゲラダなる敵が。
彼曰く、森に開いた穴は神ヒスターがこの世に降りた時に誤って顔面から突っ込んだ跡で、その際にタチバナノオドを無くしてしまったんだそうです。
何かシリアスなのかギャグなのかいまいち良く分からないですねほんと。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
まあ、戦闘時のセリフには何のシリアス性も感じられませんけどね・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
敵を倒すと、そこにはあみだまを持った人が。何か変だって言ってますが、どう変なんでしょうね。
何はともあれ変なあみだまを回収しました。
どうやらサライレム教会でこのあみだまを拾ったらしいです。しかし、何でこんなもん拾ってきちゃったんでしょうね。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
そんなわけであみだまの流れを追ってサライレム教会にやってきました。
すると、あの鼻眼鏡を売ってくれた讃美歌奏者の人に異変が!!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
話しかけた途端にバルキのパスオークとして襲い掛かってきたのです!!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
マシンガンで蜂の巣にすると、正気を取り戻したみたいです。
でもって、彼もあみだまを持っていました。このあみだまが人を魔物にしているってことなんでしょうか。

この人からもあみだまを回収した所、私の脱獄の手引きをして、先ほど殺害されてしまったはじめちゃんは、母親のお墓参りをするため、この教会に立ち寄ったんだそうです。
その時、すね毛の無い霊能力者が一緒に居たとか・・・何その変な情報。すね毛が無いって・・・まさか・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
というわけで、やってきたのはクロスデンの外・・・そう、サイキック・パワーの修行をしてくれた人の家です。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
中に入ると「待っておったぞ」の掛け声とともにアジャキのバッカバーニヤなる敵が襲い掛かってきました。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
例の如くマシンガンで蜂の巣にすると、元の姿に戻りました。
で、このすね毛の無い霊能力者さんははじめちゃんの幼馴染のようで、亡き母親のためにあみだまを進めたところ、「そんなもんいらん!」とはじめちゃんに断られてしまったことをきっかけとして、霊力合戦へと発展し、はじめちゃんが未熟な霊力を一点に集め過ぎてしまったせいで自分の額をぶち抜いてしまったんだそうです。え・・・結局隕石関係なかったの!?

でもさ~そうなんだとしても、一緒に居て幼馴染の死体を放置してその場を去るってどうなの?
しかも、事故?とは言え幼馴染が目の前で死んだっていうのにまったく意に介していない様子・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31
で、今度は魔物と化していた自分を倒したことに感心しだすすね毛が無い霊能力者さん。
え?あれってあみだまのせいで魔物化したとかじゃなく、この人の霊力だったの!?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
わけもわからぬまま、マニブラのぶち像を頂きました。何ていうか話の流れがもうむちゃくちゃ過ぎて・・・
結局何だったのよ・・・はじめちゃんの死は何らストーリー上、全くの無関係でした。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33
でもって、今度はトキヨウからビシャマンダ寺院に行けだそうです。
何かもうストーリーとか無いよね・・・適当な単発イベントが何の関係性も無く発生してるだけだよね!?
で・・・今度はトキヨウ経由でビシャマンダ寺院ですか。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
トキヨウによったついでに以前、護摩符を頂いた神社に寄ってみると・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
病気が治るというロクゾンの護摩符とひらめきが湧くというブンキョクの護摩符なる2枚の護摩符を新たに貰う事が出来ました。
結局、護摩符の使い方が良く分かってないんですけどね・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37
ついでにキラキラ組にも寄ってみましたが、はじめちゃんの一人娘が困り果ててました。可哀そうに・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
肝心のビシャマンダにはトキヨウのヘリポートから行く事が出来ました。
で、ヘリコプター(翼竜)で移動した先には2つの鳥居が。とりあえず左から行ってみましょうか。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
左側の鳥居に入ると、物凄く顔色の悪い人が水をくださいと言っていますね。え?これミミズが欲しいって言ってるわけじゃないですよね。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41
そんなわけで、以前水筒に汲んでおいた、ヨーマスの泉の水を飲ませてあげることにしました。
すると、みるみるうちに顔色が良くなっていきます。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
雨が降らなかったせいで飲み水が無かったらしいです。ヘリコプター(翼竜)でトキヨウまで行けばよかったのに。ヘリポートすぐそこなんですから。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43
喉の潤った女性が突如私のあみだまに気づきます。私ってあみだまをこれ見よがしに持ってたのでしょうか。
女性曰く、このあみだまと言うのは、ヒスターが第三の目を得るために魔の法力で竜巻を起こし、世界中の動物をさらい、その目玉をくり抜いて自分の顔に埋め込む実験を繰り返した果てに、人間でなければ第三の目を開く事が出来ないと悟り、自分の家来の人間に同じように埋め込んでみるも結局無駄だったため、余った目玉をプラスチックで固めてお守りとして売りさばいたものなんだそうです。
さらに、このあみだまを使っていると、やがてヒスターの魔力で魔物になってしまうんだそうな。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
そんなわけだから早くヒスターを倒しなさいと手榴弾を手渡されました・・・
何かもう物凄くぶっ飛んだストーリーですね・・・しかし、何だか話が物凄く適当!!
まず、この人なんでそんなヒスターの実情を詳しく知ってるの!?関係者!?
後、急に第三の目とか出てきちゃったけど、何でそんなの必要なの!?もしかして、三宝と何か関係があるの?
後、魔力って言ってみたり、魔の法力って言ってみたり表現がふわっとしてるのどうにかして!!設定はちゃんと固めて!!
しかし・・・余った目玉をプラスチックで固めたとか・・・変な所だけやたら設定が細かいですね。
そして、急に手榴弾とか物騒なものを渡されるし、何かヒスターに自爆攻撃して来いって言われてるような気がしちゃいますよ。
法力とか霊力とか、サイキック・パワーとか、魔の法力とか言っておきながら、結局、マシンガンやら手榴弾で戦うんですもんね・・・変な世界・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45
でもって、今度は右側の鳥居に入ってみました。
こちらは別のフィールドに繋がっていました。何だかインドっぽい感じのお寺がありますね~

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
近くに居た人に話しかけると、場所名を教えてくれました。
じゃあついでにちょっと情報収集でもしてみましょうか。

ビシャマンダ・パゴダ

  • ヒスターを守護する魔界の四天王はとても凶暴
  • 人間には第三の目があるとは想像できぬじゃろう。まだまだ修行が足らん
  • 人間には心眼という隠された第三の目があり、これが開いた時、超能力を超える新たな力、神通力が備わり、永遠の極楽天国へ行ける
  • あみだまはどんな願いも叶えてくれる。ただし、寿命やお徳と引き換えに。天宝教団でサタンが神に成りすまして人々からお徳を奪っている
  • ラウムが魂を産んだ
  • 人々の織りなす罪が積もりに積もってとてつもない災いを招こうとしている。その災いはまっきょうと言い、地上も霊界も全て破壊する
  • 三宝は天の秘密のため、どんなものか人に漏らすと天罰もの

うーん・・・ここに来て急にサタンとか出てきましたね。
あみたまを作ったのはヒスターだって言ってたのに、なんでそれを売りさばいていた天宝教団の神がサタンなの?もう話がわけわからないよ!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵47道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵48
左側の建物の中に居た人から、形あるものは何時かは壊れる・・・ということで、魔物のシールドを破壊する夜叉の独鈷をくれました。
どっこうって書いてありますけど形からみて多分独鈷(どっこ)のことでしょう!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵49道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵50
でもって、右側の建物はどういうわけかスケバン逹のたまり場になっていました・・・ど、どういう世界観なの!?!?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵51道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵52
でもって、あれこれしているうちに、スケバンとの戦闘に発展・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵53
マシンガンで蜂の巣にした結果、スケバンがルーテルなる毒ガスがでる化学薬品を譲ってくれました。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵54
さらに、「いっしかんてん」なる言葉を覚えておけとの事・・・え?暗号か何か?

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵55道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵56
左奥の建物では地獄の閻魔様から払い下げられた亡者の行いを包み隠さず映し出す浄玻璃鏡(じょうばりきょう)が売られていました。
しかも、亡者の行いを映し出す特性を持った鏡だと説明されたのに、魔物の攻撃を反射するという性能を持っているらしいです。
まあ・・・買うけどさ・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵57道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵58
右奥の建物では、突然垢を流して欲しいとお願いされます。展開が急!!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵59
ボタン連射で一生懸命垢を流します。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵60
どうやらこの人がぶち像の作者らしいです!
そういえば恐山の老婆から最初のぶち像を貰った時、ビシャマンダの僧侶が作ったっていってましたっけね。

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵61
自分が作ったぶち像を5つも所有していたお得意様にお礼がしたいということで、上の燭台をくれました。
もちろんこれも八卦!これで八卦は6つ目です!

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵62
でもって、メシアのことならそこの鳥居で聞けるはずとのこと・・・別にメシアのことなんて特に聞いたつもりも無かったんですけどね。
っていうか、話の流れとか本当にありませんね・・・

道(TAO)のプレイ日記7:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵63
でもって、恐らく鳥居ってさっき水を欲しがっていた女性が居たところだと思うのですが、確認するのは次回にしましょう。
八卦も残すところ後2つ・・・このペースなら間違いなく今年中に終わるでしょう!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください