アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
自分でも妙なタイトルを付けてしまったものだな~と自覚はある伊達あずさです。

さて、タイトルに嘘がないのであれば今回中に魔法を使えるようにならなくてはなりません!(現段階ではみなしタイトル)
前回、5つのステップの中の3つまで終了したので、今回はステップ4からでしたね。
というわけで、早速ステップ4「魔法作成に必要となるエネルギーを作る」に取り掛かりましょう!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵1

  • Vinteum Dust×4
  • 石×4
  • 模様入り石レンガ×1

実は魔法作成に必要となるエネルギーにはNeutral、Light、Darkの3種類が存在します。
ですが、どのエネルギーを生み出すにしてもこの「Obelisk」が無ければ始まりません。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵2
作ったObeliskは創造の祭壇のそばに設置しました。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵3
Obeliskを右クリックすると、こんな感じのシンプルなウィンドウが開きます。
ここに燃料となるVinteum Dust(Bucket of Liquid Etheriumでもいい)を入れる事でNeutralエネルギーを生み出す事が出来るんです。
というわけで、このままObeliskにVinteum Dustを入れて使用しても問題ないのですが、このObeliskの周りにちょっとひと手間加えることで、燃料の燃焼効率を上げる事が出来るんです。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵4
Wizard’s Chalkを使って、Obeliskをルーン文字で囲みます。(Wizard’s Chalkを持って、Obeliskの周辺ブロック(地面)を右クリックする)
ここではObeliskが設置してある地面を石レンガにしていますが、別に何のブロックであっても構いません。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵5
そして、ルーン文字のさらに外側の四隅に石レンガを2段積み、その上に模様入り石レンガを積み上げます。
特にエフェクトが出たりはしないのですが、こんな感じに積み上げるとObeliskがパワーアップするんです。
何かちょっと魔法使いっぽくなってきましたね!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵6
折角ですからObeliskの下にアイテム導管を引いて、近くのチェストと接続しました。
これでチェストの中にVinteum Dustを入れる事で自動的にObeliskへとVinteum Dustが補充されます。
将来的には、Magical Cropsの畑で採れたVinteum OreをVinteum Dustに変えて、この箱に自動補充されるようにしたいですね!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵7
それでは早速箱の中にVinteum Dustを入れて、Obeliskを動作させてみましょう!
何やらObeliskの周りにエフェクトが出始めました。これでObeliskにはNaturalエネルギーが溜まり始めました!
ちなみに、Obelisk本体はNaturalエネルギーを幾らか貯蓄することができ、満タンになるとVinteum Dustの消費は自動で止まります。
その辺の仕組みは発電機と一緒ですね。

さて、これでNaturalエネルギーに関しては生産が可能となったわけですが、残り2つのLight、Darkはどうしましょう?
実は現段階ではまだこれらを生み出すための設備を作る事が出来ないんですよね~
まあ、Naturalエネルギーで代用不可能なものが登場するのはまだ後の話ですし、とりあえず今はこれで良しとしましょう。

お次はこのエネルギーを各設備へと伝える必要があります。
電力でいうところのエネルギー導管みたいなものですね。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵8

  • 鉄インゴット×3
  • Cerublossom×1
  • Vinteum Dust×1
  • Desert Nova×1

Ars Magica2の場合は、この「Crystal Wrench」という魔法の杖を使ってエネルギーの伝達を行ないます。
このCristal Wrenchを使って、Obeliskを右クリックした後、使用したい設備を右クリックして「Pairing Successful!」と画面にでれば接続完了です。まあ、いわゆる1つの無線接続ってやつですね!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵9
ちなみにObeliskと創造の祭壇をペアリングする場合は、祭壇のCrafting Alter部分を指定します。

さて、今回はObeliskと創造の祭壇の距離が近かったので直接ペアリングすることができましたが、実はペアリングには距離制限があるんですよね。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵10

  • Chimerite×1
  • 石×4

そんな時に便利なのが、この「Etherium Conduit」です!
これはペアリングする際の中継地点として使用する事ができ、これとObeliskをペアリングすることで、どんどんペアリングの距離を延ばす事ができるんです。

これでステップ4は完了です!
まあ、折角作っておいて何なのですが、実は必ずしも魔法を作るときにエネルギーが必要っていうわけでもないんですよね。
でも、必要な場合も当然あるので作っておくに越したことはないのです。

さて・・・いよいよステップ5です。
といっても、既に創造の祭壇は完成しているので、いきなり魔法作成です!!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵11
前回作成したライトの魔法のレシピ本を創造の祭壇のLecternに置きましょう。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵12
そしたら本を開けて材料を確認します。
まずは「Blank Rune」からですね。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵13
というわけで、Blank Runeのレシピです。
丸石6個をこんな形に並べるだけです。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵14
作ったBlank Runeは祭壇の中央部分に向かって投げ込みます。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵15
すると、こんな感じのエフェクトが出始めて、魔法の作成が開始されます。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵16
魔法の作成が開始されると共にLecternの上には次の材料が表示されます。分かりやすいですね~
というわけで、次々と材料を祭壇の中央部に投げ込んでいきましょう!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵17
Blank Rune、Vinteum Dust、羽、生魚、粘土、White Rune、Cerublossom、グロウストーンダスト、Vinteum Torchと祭壇に向かって投げ込み、最後にSpell Parchmentを投げ入れた所で祭壇から魔法が出現しました。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵18アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵19
ちなみにWhite RuneとVinteum Torchのレシピはこんな感じです。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵20
出来立てほやほやの魔法を最初に使用したときに、名前とアイコンのグラフィックを決める事が出来ます。
ま~名前はライトのままで良いとして、アイコンはライトっぽいグラフィックにしておきます。
ちなみにここで決めた魔法の名前やアイコンのグラフィックは、この魔法自体をInscription Tableに放り込むことで初期化する事が出来ます。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵21
早速覚えたての魔法・ライトを使ってみました。
こんな感じでMPを消費して光源として機能する光の玉を付ける事が出来るようになりました。
ともあれ、後はこの魔法を使い続けて魔法のレベルを上げましょう。
レベルを上げることでスキルポイントを得ることができるはずなので、暫くは頑張ってレベル上げに勤しみます。
今はまだ青いスキルポイントしか得られませんが、レベルが高くなれば他の色のスキルポイントも得られるようになるはず。
ただ、大分後の話ですけどね・・・

それと、魔法のレベル上げは、Obeliskの近くですると良いかもしれません。
エネルギーが溜まっているObeliskの近くに立つと、マナ回復効果のエフェクトが付くんですよね!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵22
無事、魔法レベルも6まで上がったのでOffenseのProjectile、Force Damage、Fire Damageを新たに取得しました。
Projectile(発射体)を取得できたので、先ほどのライトに射程を持たせると共に、新たに攻撃魔法ファイアボールも作っちゃいましょう!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵23
まずはライトの改良から、Shape GroupにProjectile、Componentは前回同様Lightのみです。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵24
ShapeがTouchからProjectileに変わったことで、魔法を作るために必要な材料がちょっとだけ変わってますね。
ともあれ、この本をLecternの上に置いて魔法を作り始めましょう。
そうそう、手に何も持っていない状態で、スニークしながらLecternを右クリックすることで、上に乗った本を取り出す事が出来ますよ!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵25
Blank Rune、Vinteum Dust、矢、雪玉、White Rune、Cerublossom、グロウストーンダスト、Vinteum Torch、Spell Parchmentを祭壇に投げ込んで、新しいライトの魔法が完成しました!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵26
新しいライトの魔法は、光源となる光の玉を発射する事が出来るんです。
発射された光の玉はぶつかったブロックに接着してそこで光源となります。つまり、遠い場所に光源を張り付ける事が出来ちゃうんです!
しかも、松明と違って、光の玉は天井にも張り付くんですよ~これがかなり便利!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵27
お次は射撃によって火のダメージを与える事が出来るファイアボールの魔法を作りましょう。
ShapeをProjectile、ComponentをFire Damageにします。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵28
ファイアボールの材料はこんな感じです。同じように祭壇で作っちゃいましょうね。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵29
この魔法を使えば遠距離から敵を攻撃することが可能に!!MPさえあれば幾らでも撃てますし便利ですね!
・・・まあ、威力は弱いのですが。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵30
さてさて、これで2種類の魔法(初期のライトは捨てた)が出来たわけですが、この勢いで魔法を増やしていくとスロットがかさばって仕方ありませんね・・・
でも、大丈夫!!良い方法があるんです!

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵31

  • 糸×3
  • 革×4
  • 紙×2

この「Spell Book」があれば、複数の魔法を収納しておく事が出来るんです。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵32
Spell Bookを持った状態でスニークしながら右クリックするとSpell Bookを開く事が出来ます。
左側の8スロットに入れた魔法はSpell Bookから直接使用する事が出来ます。右側は収納用です。

アダルトウィッチ☆あずさ誕生!!(第38話):Minecraft_挿絵33
Spell Bookを手に持つと、このようなスロットが画面の左上に表示されます。
Spell Bookを持った状態で右クリックすると、このスロットで現在選択されている魔法が発動します。
また、Spell Bookを持った状態でスニークしながらホイールを回すか、「key.SpellBookNext」に割り振ったボタンを押すことで、Spell Bookから発動することができる魔法を変更できます。

これで私も立派な魔法使いです!
後は魔法を使い続けてレベルを上げて、より便利な魔法を習得していくだけですね!
ちなみに、今回作ったファイアボールの魔法で魔法レベルを上げる場合は、ちゃんと敵にファイアボールを当てないと経験値が入らないので注意してくださいね!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください