リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

前回からの続きです!

皆さんこんにちは!
特に触れることが出来るような面白エピソードも無ければ、レベルで強引に押し切るという攻略とも呼べないプレイスタイル!
彷徨えるプレイ日記er伊達あずさです。
悲しいことにDiaryerっていう英語は辞書を引いても出てきませんでした。
何にせよ既に賽は投げられてしまったのです。
もうこうなったら、諦めて最後まで突っ走るしかありません。

Map 4:猛者達の砦

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1

戦闘前会話

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
武術家「君達は、城の周りで敵の侵入を防いでくれ」

大男「(無言)」

武術家「君は、敵を、偵察してきてくれ。その後また指示をだす」

バードマン「うがッ!」

王子「どうしたのだ?」

武術家「実は、俺達の部族でムーンオイヌ側に付いた奴が居て、この村を明け渡せ、と言ってきやがったんだ。冗談じゃないぜ!ここは俺達の村だ、渡すもんか!」

王子「我々も手を貸そう!」

武術家「それはありがたい!恩に着ますぜ!」

マップ

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
#地図内の座標を示すときは[縦:横]で表記します

マップ詳細

敵ボス:武術家Lv5
制限ターン数:35ターン
増加予算:500

新規兵科

名称費用初期AP初期DP移動魔法
武術家20616なし
大男401074なし
バードマン20417なし

戦闘時特徴
武術家:動きが最も速く、非常に高いジャンプ力を持つ。地上攻撃は隙が無く、連射可能。
大男:使用感はジャンプ攻撃が可能なゴーレム。下+攻撃(B)ボタンで出が早いキックを放てる。
バードマン:高く長い滞空時間を持つ独特のジャンプをする。ジャンプ攻撃は連射可能。動きの速さは中の上。

プレイ内容

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
自分でかってに決めた1兵科1ユニット制限により、これまで少なかった我が軍のユニット数も、今回の3兵科増加により大分解消されたため、今回は王子に頼らない攻略を試みてみましょう。
っていうか、王子って反則的に強いので何となく詰まらなくなっちゃうんですよね・・・
[12:06]の魔法陣を確保するために、移動力に定評がある風の戦士を先行させます。
そして、武術家、大男、バードマンをそれぞれ雇用しておきましょう。
バードマンは移動力に優れるのですが、占領不可ユニットなんですよね。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
敵のバードマンが[12:06]の魔法陣付近までやってきてしまったため、自軍のバードマンで魔法陣の制空権を確保しつつ、次ターンで風の戦士に占領させましょう。
この魔方陣を占領してから一気に攻勢にでます!

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
とりあえずは思惑通りに進んでいますが、バードマンってちょっと癖がありすぎて戦いにくい・・・
しかも、攻撃力がちょっと低すぎるんですよね。
レベルを上げるの大変そう。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
今回は最強王子不在なので、出し惜しみなく全ユニットを占領した魔法陣から展開しました。
魔法陣でもMPが回復できるのを利用して、魔法陣の防衛は魔法使いに任せてしまいましょう。
適当にフィールド魔法で攻撃していればその内レベルも上がりきってしまうでしょう。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
2ターン後には粗方敵が居なくなりました。
やっぱりユニット数が増えると1ターンでの手数が全然違いますね!
今までは反撃で減らすのが殆どでしたからね。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
しかしながら、武術家と大男はとても使いやすい!
やっぱりジャンプ攻撃凄く重要ですねこのゲームの場合!

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
というわけで、すっかり取り囲みました。
後はいつものように制限時間いっぱいいっぱいまで経験値を稼ぎましょう。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
制限ターンまでひたすら生かさず殺さずを繰り返し、最後は武術家でとどめを刺しました。
本気を出せば圧倒出来るはずの敵からわざわざ制限時間いっぱいまで逃げまくり、経験値稼ぎを繰り返していると、自分が何をしているのかだんだん良くわからなくなってきます。
ほんと、好き好んでやっておいてなんですけど、私って一体何やってるんでしょうね・・・

戦闘後会話

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
敵のボス「くっ・・俺達の完敗だ・・この先、大陸の間に半魚人の村がある。魔道士は、そこをも自分の物にしようとしている。この先はまだまだきついぞ。せいぜい頑張るんだな・・」

武術家「次はいよいよ国境だ。心を引き締めていくぞ!何処までもお伴しますぜ!」

自軍の変化

資金1250 → 1170

自軍ユニットとレベル
王子Lv10
火の戦士Lv10
水の戦士Lv10
風の戦士Lv10
僧侶Lv10
魔法使いLv6 → Lv10
ゴーレムLv7 → Lv10
武術家Lv1 → Lv7
大男Lv1 → Lv9
バードマンLv1 → Lv9

Map 5:海峡を超えて

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16

戦闘前会話

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
?「まてーーッ!」

王子「どうしたんだ?そんなに慌てて。」

半魚人「これは、これは、王子様。とても恥ずかしい話。私ら、海の掟、守って生きてる。陸の者には、手を出すな、いう掟。でも、それを破ったやつ、いる。サンオサールの船、襲った。今、ムーンオイヌ岸に、踏ん張ってる。王子、渡らせるな、と。私、悲しい。ゲーー・・」

王子「どのみち、海を渡らねばならぬ。共に戦おうではないか」

半魚人「はい・・!」

マップ

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
#地図内の座標を示すときは[縦:横]で表記します

マップ詳細

敵ボス:半魚人Lv6
制限ターン数:40ターン
増加予算:700

新規兵科

名称費用初期AP初期DP移動魔法
半魚人30826なし

戦闘時特徴
半魚人:火の戦士とほぼ同様の使用感。沼地などでも移動速度が落ちない。

プレイ内容

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
北にある2艘の船に移動力に優れる武術家と風の戦士を乗せ[06:13]と[02:33]の魔法陣を占領すべく出航!
バードマンは地形を無視して移動できるため、単独で南側から攻め入ることにしました。
とりあえず既存ユニットの移動はこんなところにしておいて、早速半魚人を雇用します。
半魚人は戦闘でもなかなか使いやすい方なので、このマップで一気にLv10まで上げてしまえたらいいな~

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21
敵軍からはかなり離れているので、まだまだ遭遇しそうにありませんね。
予定通り[06:13]の魔法陣をまずは風の戦士で確保。
武術家を乗せた船は[02:33]の魔法陣を目指してそのまま進ませることにします。
バードマンを突出させて魔法陣を先に押さえてしまえばいいのですが、バードマンって戦闘時の使い勝手に癖があるので、連戦になると自信がないかもです。
まあ、その時はジャンプ力を活かして逃げに徹することにします。

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
船と船に乗った人は別々に行動権があることを利用し、上手く船を乗り継ぎながら移動距離を稼いでみました。
[02:33]の魔法陣の付近には既に大量の敵が陣取っています。
敵は半魚人が先行しているようで、占領まではできていないみたいです。
しかし、周りを蹴散らして占領するにはちょっと人数が足りなかったかも・・・

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
船はユニットに向けて砲撃することができるのですが、これが結構馬鹿にならない威力なのです。
まともに戦えば負ける気はしないものの、敵の船から集中砲火を受けたため、バードマンが瀕死の重傷に・・・
仕方がないので、近くの船に一時避難させました。
この隙に、武術家と風の戦士で一気に魔法陣を制圧してしまいたいのですが、また砲撃されそう・・・
周りが海の船に対して直接攻撃を仕掛けられないできないっていうのが、またなんとも嫌ですよね。
船を全部押えられた場合、半魚人以外攻撃では直接攻撃できなくなっちゃう。
1兵科1人制だと結構厳しいです・・・

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
船からの砲撃と魔法使いの火球によって敵の船を沈めたり苦心した末、やっと戦況が改善してきました。
直接戦闘なら負ける気はしませんが、フィールド攻撃だけはどうしようもない!

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
やられたらやり返す!
やられて無くてもやり返す!
八つ当たり・・・ではなく、それが戦争です!
と、言うわけで船を集結させ敵に集中砲火です。
画面外からもう一艘こちらへ向かってる途中です~

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
27ターン目にして、やっと敵を追い込みました。
しかし、船って本当に厄介ですね・・・
乗っ取るためには船に乗っているユニットをすべて倒さなければいけないのですが、3人まで乗船出来る上、船に乗っているとHPが微妙に回復しちゃうんですよね。
1ターンで1人倒したとしても、3人乗船していた場合は3回攻撃しないといけません。
船の3方が陸地である可能性なんて皆無に等しいので、1ターンで船を拿捕するのは非常に難しいのですよね。
今後は船を見つけたら優先的に確保することを心がけるとしましょう。
ま、反省はこのくらいにしておいて、残りのターンは得意の生かさず殺さず戦法で、Lv10未満のユニットを全てMaxまで上げてしまいましょう!

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
制限ターン数までには未だ少し余裕があったんですが、遂に全ユニットLv10になってしまったので倒しちゃいました。
これでもう生かさず殺さずのレベル上げ作業からは開放されました!
しかも、半魚人が最後の新規兵科だったので、今後は我が軍のユニット数が増えることはないのです!
これってある意味でいうと、今後一切の戦力増強がないということを示しているわけですが、レベル上げだってしなくていいわけですし、攻略速度は逆に上がっちゃいそうですね。
まあでも、このゲームには蘇生というシステムがないので、折角LV10まで上げても死んでしまっては元も子もないわけです。
狡猾な大人に成長した私が戦闘で遅れを取ることは最早ありえませんが、フィールド攻撃でやられる可能性は未だ残されています。
今後は船と魔法使いを優先的に叩いていかねばなりませんね!

戦闘後会話

リトルマジックのプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
敵のボス「お、王子が、こんなに、強かったなんて・・魔道士の金に目が眩んだ私が馬鹿でした。ごめんなさい・・ゲーーーッ!」

爺「王子!良かった、間に合って。これから先は、ムーンオイヌです。収入は一切ありません。それではあまりにも辛いと思い、軍資金をお持ちしましたのじゃ。くれぐれも使い過ぎぬよう、ご注意下され」

王子「爺・・苦労かけるな。大事に使わせてもらうぞ」

爺「なんの。それでは、良い便りをお待ちしておりまする」

王子「では、いくぞ!半魚人よ!」

半魚人「ゲーーーッ!」

自軍の変化

資金1870 → 1840

自軍ユニットとレベル
王子Lv10
火の戦士Lv10
水の戦士Lv10
風の戦士Lv10
僧侶Lv10
魔法使いLv10
ゴーレムLv10
武術家Lv7 → Lv10
大男Lv9 → Lv10
バードマンLv9 → Lv10
半魚人Lv1 → Lv10

戦い終わって…

遂に全兵科が揃い、且つ、全ユニットがLv10になりました。
話によると今後は軍資金が増えない様子。
まあ・・・欠員が出ない限り新しくユニットを雇用するつもりはないので、別に問題ないですけどね~
しかし、プレイ日記のテンポアップを図るべく、いろいろと途中のターンをカットしてしまいましたが、ちょっとやり過ぎた感がありますね。
なんか、ユニット同士の戦闘がアクション戦闘であるが故に、正に一騎当千の働きをしてしまうので、戦略も何もあったもんじゃないんですよね。
城と王子さえ守れば負けはないわけですし、その気になれば、城を誰かに守らせつつ、王子1人で特攻すれば、敵を殲滅できちゃうんですよ。
そんな戦略もへったくれもない特攻に解説が必要なわけもなく・・・
う~ん・・・プレイ日記には向かないゲームを選んでしまった・・・
でもでも、遊ぶ側からすると面白いんですよ!?このゲーム!
王子無双しなければ・・・ね・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です