赤ちゃんの尻に青あざ…蒙古斑って何なの?

投稿日:

こんにちは!栁澤蘭丸です😄

「蒙古斑(もうこはん)」って聞いたことあります…か?私の尻にも昔々はあったものです。子供のお尻あたりにある、青い(?)斑点のことをいいますよね。実物は「青い」「ブルー」という感じじゃなくて、黒っぽいような、紫っぽいような感じです。日本人ならご存知の方が多いですが、名前についている「蒙古」は「モンゴル」のことですが、この場合の蒙古は国名ではなくてモンゴロイド、という意味です。モンゴロイドにある斑点といいたいんですね多分。海外の病院で子供を診察してもらったら、お尻の蒙古斑を見た医師に「あざがある。この親、虐待しているのではないか?」と疑われてしまった!というエピソードを聞いたことがあります。えー、海外の人は蒙古斑を知らないの?蒙古斑っていうくらいだから、モンゴロイドにしかないの…!?

モンゴロイドとは四大人種のうちのひとつで、他はコーカソイド、ネグロイド、オーストラロイドといいます。いわゆる黄色人種=モンゴロイドなのですが、なぜこのような命名がされているかというと、この区分の命名をしたのがドイツの人類学者ブルーメンバッハさんで、ヨーロッパでは黄色人種=モンゴル帝国の印象が強かったから。「モンゴロイド」=「モンゴルから発生した人種」というわけではありません。さらに、モンゴロイドには「古モンゴロイド」と「新モンゴロイド」がいて、日本はちょうどその混血の人々が住んでいます。縄文人が古モンゴロイドで、弥生人が新モンゴロイド。

そんなモンゴロイドと蒙古斑。蒙古斑はなぜあるんだろう!?英語では蒙古斑って何っていうの?!

英語で蒙古斑は「モンゴリアン・スポット」。ほぼ直訳でした。ていうか蒙古斑って言葉、つい最近できた言葉なのです。意外です。明治時代にドイツ人医師が発見したそうで…それまでは、私達にとっては当たり前すぎて名前をつけるほどの現象ではなかったということなんですね。中国に住んでいるモンゴロイド、東南アジアに住んでいるモンゴロイドにも蒙古斑はあるはずだけど、気づかれなかった模様。
というより、蒙古斑はコーカソイド以外の人間には高確率で出現するそうです💦蒙古斑の正体は「メラノサイト(メラニン生成細胞)」で、皮膚の奥の「真皮」にあるため、青いあざのように見えます(表皮にあると茶色に見える)。メラノサイトが少ない白人には無く、その他の人種にはあるというのは、頷けますね。蒙古斑を虐待を勘違いするのは白人が多い社会で、ということなんですね。
蒙古斑が赤ちゃんの頃は目立って、大きくなると消える原因は未だにはっきり分からないそうです…。蒙古斑自体は病気ではありませんが、大きくなっても消えない場合は他の色素性病変の可能性があるので、病院で一度見てもらったほうが良いそうですな。

とっくに消えてるから存在自体すっかり忘れていましたが、蒙古斑なんてものがあった時代もあったんだなぁー。

ちなみに蒙っていう字は良い意味では無いので(啓蒙とか、無知蒙昧とか…)、未だに蒙古って使っていいんだろうか?という気はします💧でも呂蒙の蒙も同じ字だなぁ。呂蒙の親(?)はなぜこの字を名前に使ったんだろうか…。

栁澤蘭丸でした!ではでは〜。

赤ちゃんの尻に青あざ…蒙古斑って何なの?_挿絵1

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?