【人種現実主義】結局仲良くできないのだろーか?

投稿日:2018年1月20日

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

どうも栁澤です。
絶賛変な投票実施中ですけども、これは、みなさんがどんな記事を読みたいのかなぁということを知りたくて期間限定で設置中アンケートですので、伊達さんに投票してもらえると蘭丸のノルマが減って嬉しいぽっぽブログをより楽しくするためにお気軽にぽちっとおながいします!♡
(アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました!)

ところで今日は何とも危険な匂いのする話題に挑戦しちゃう私。

というのも、トランプ大統領が「白人至上主義者」と「それに反対する人」との衝突に対してのコメントで「誰も言いたくないだろうから敢えて言おう!どっちも悪い!両成敗が止まりません!」と言ってしまったせいで、今アメリカは、南北戦争以来かというほどの、かつてない険悪ムードが漂っているんだそうで。白人至上主義を掲げた人は「お前らも悪いってよ!」とお墨付きを得たし、それに反対する人は「なんちゅーことを言う大統領だ」と憤慨しているわけです。

日本は(本当は違うんだけど)単一民族国家なので、人種同士の衝突が問題になったりはしませんが、アメリカではそうはいきません。度々、デモやら衝突が起こっています。
いわゆる白人…コーカソイドの人たちは、過去に有色人種を虐げてきたという事実があるので、同じことをしてはいけないという思いがあります。が、その余裕も尽きてきてしまったんじゃないか?という感じです。白人の権利を主張させてくれという人はこう言います。「大学の入学にも、就職にも、オスカー俳優にも『黒人枠』があるのに白人枠はない。そのせいで職にあぶれる、大学に入れない人がいる」と。こんなこと今までなら言わなかったのに、今は言わざるを得ない。一体何で?と考えると、それは、白人の人も立場が弱くなってきたからなのではないかなと思います。池上彰さんが白人至上主義の象徴的な存在であるKKK(クー・クラックス・クラン。今でもあるみたい)を取材してましたが、そのメンバーの人は、映像を見る限りほとんどが典型的低所得者体型をしてました(三浦展著『貧困肥満-下流ほど太る新階級社会』によると、所得が少ない人ほど太る傾向にあるそうです)。現代KKKの人たちは、パフォーマンスが過激なだけで「私達だって苦しいよ。有色人種ばかり優遇しないで、こっちにも手を差し伸べてくれ」というのが本音に見えました。

一方そういう過激な活動をせず理性的な態度で白人にも権利をと言う人達もいます。
現代ではさすがにレイシストは白い目で見られちゃいますので、「白人の権利を主張する人」は一見論理的な主義を掲げています。その名も「人種現実主義」…人種の違いは、肌の色が違うだけじゃない。遺伝されてきたものが違うんだから、能力にも差があるんだ。というものです。確かにそうかもしれないなぁ、と思いますよね。

この「人種現実主義」を唱えるジャレッド・テイラーさんが言ってることも、基本的にはKKKと同じ。どうして有色人種が権利を主張するのはよくて、うちら白人が権利を主張すると「レイシストだ!」と言われなければならないのか、という気持ちからの主張です。その根拠は、前述のとおり「人種には遺伝子的に超えられない壁がある」というもの。大学の例にとれば、黒人は枠があるから点数が低くても大学に入れるけど、その人より優秀なはずの白人は「白人だから」、不合格になる…と言っていました(アファーマティブ・アクションってやつ。日本にもあるけど、不利な立場の人をなるべく優遇すること)。「事実として、白人のほうが黒人より平均知能指数が高い」「犯罪率も黒人のほうが高い」と言っていたよーな。しかし………黒人より知能指数が高いという欧米系の人より、さらにアジア系の人のほうが高かったりします…汗 ただし、知能指数が高い=頭が良い・優れた人間…ということではなかったりしますが…(; ・`д・´)さらには、その差は微々たる差です。もしかしたら来年全米で実施したら順位が変動してるかもしれないよ。平均なんだし…。

一見すると「白人大変だなあ」って思うかもしれないけど、本当にそうか?という気もします。誰が一番大変なのでしょうか。奴隷が解放されて、一体何年経ったか?奴隷解放宣言からまだ150年しか経ってません。奴隷だった人は、その宣言の後、教育を受けられるという保障やらはあったのかな?差別はアメリカ中から即座になくなって、黒人の人をなるべく仕事につけられるようにしようとしてあげたのかな?身一つでただ自由になっただけ。白人にとって「モノ」じゃなくて「人間」になっただけです。今ですら国民皆保険じゃないアメリカ。当時、身一つで一応人間として認められた黒人の人たちは、望んでやってきたわけでもない土地で、十分な社会保障もなく、自立した生活をしろって言われたわけです。すでにプランテーションだの、工場だの持って金儲けしに来たヨーロッパからの移民の人達とはまず全く根本が違います。「負のスパイラル」から抜け出すのがものすごく大変ってのは、日本人ですら身に染みて知ってます(負のスパイラル=貧困家庭の子孫が貧困から抜け出せない連鎖)。高度な教育を受けられるような家庭になるまでにどんだけかかるんでしょうか。それなのに、「黒人と合わないのは人種の違いのせい」と結論付けるには早いんじゃないかな?うん。それに大事なのは知能指数の平均ではない。突出して優れてる個体。黒人の人々はまだ、優れていても世に出られない負のスパイラルの中にいるんじゃないのだろうか…。犯罪率だって同じことでしょうね。犯罪率は世帯の所得別に調べて欲しいもんだ。

あと、そんなに「〇人枠」が欲しいなら、オリンピックでも「白人枠」作らないとですよね。それこそ遺伝的な問題だけど。黒人の筋肉がしなやかでスポーツに向いているのは知能と違って確かです。だから100m走に出たい白人選手のための枠を用意してあげないといけないのではないのかな?それはそれって感じ?金メダル欲しいし?ウンウン。……ダメじゃんッッ!

しかし知能とかって言われちゃうとなぁ…。私は、勝手な持論ですけど、一部の大天才は除いて、「一般的な大学受験をする程度」の「頭の良さ」なんて幼少期の親の教育や環境が全てだと思っているんです。もはや頭がいいというか知識量の問題ともいえるし。知能指数が高かったら大学入れるわけじゃないのです。親が中卒でも、その子供の知能が低いとはカスミリも思いません。中卒で働くことにした親御さんを持つ子の学校の成績がもし悪かったとしたら…それは、親御さんは中卒でちゃんと生きられたから勉強には重きを置かなかった。だから勉強するという習慣が子にもつかなかった。結果、学校の成績はあまり良くない、というだけだと思ってます。センター試験くらいの問題ならば誰でも勉強さえすれば普通に解けるはず、と思ってます。何故なら私だって全然勉強ができる血統ではないから。でも、そんな私でも、全問とはいかないけど解けていましたよ。ただただ、私は、親が学研の「かがく」を買ってくれて、それがきっかけで、知的好奇心が旺盛で活字という活字を読み漁るような人間に育ったから、勉強ができただけなのです。教科書も活字だからね。英語の教科書とか暗記するほど読んでいました。ただし活字ならば絵本でも競馬新聞でも何でもよいというところは難でした。「大学入試」程度に求められる「頭」は、環境とかそんなんで整うもんなのです。そりゃその程度の頭じゃ、iPS細胞は見つけられないけど。でも大学には入れる。

というわけで話を戻しますと「人種現実主義」は、まだ決定打を欠くと言えるのではないかと思います。だけど白人の人たちがこうでも言わねばならなくなった現実…黒人の人々に仕事を譲ってあげられる余裕がもはやなくなった、という現実があるのだろうなと思いました(小並感)

それはそれとして。
白人の人々は「確かに人種差別をしました、申し訳ないと思っています。でももうそろそろ許してほしいよ」と思っているんじゃないかなぁ…と思うんですが、それは私達も思っていることのような気がします。私達の日本は、敗戦国です。戦争をしたのは、自分の祖父母世代ですらない、その前の、顔も知らない世代なのに、まだ肩身が狭いですね。しかもなんか相手は証拠をねつ造してるとか何とかっていう話まである始末だったり、爆買いする(今はもうそういうことはできないそうですけど)富裕層が観光客としてたくさんやってこれるまでになったのに、ついこないだまでODAを…え?むしろアフリカを支援して名前売ってたの?んぇ?

イギリスではアヘン戦争のことを歴史の授業で教えなくても差し支えないそうです。二枚舌外交にしてもアヘン戦争、アロー戦争にしてもわざわざ詳しく開戦理由まで教える必要はない。でも私たちは「私たちは悪いことをしたよ!悪いやつらの子孫だよ!謝り続けないといけないよ!」と教育されます。何ででしょうね。別に、悪かったことを否定する気はないけど、この差は一体何なのかなぁ。

最後に…テイラーさん、「人種が違うんだから別々に住めばいい。そしたら争いは起こらない」と言いますけど同じ人種で争ってましたよねヨーロッパ…。私達日本人だって戦国時代には同じ日本人同士で争ってました。まあ結局、人種は見えやすい違いなだけで、人間が2人いれば争いは起こるんですよ。闘争本能があるんだからしょうがないよ人間だもの!!人種が同じでも、出身が違う。性別が違う。趣味が違う。起床時間が違う。好きな三冠馬が違う。それだけでも十分なんですよ争うには。ぺっ(`・ω・´)、
そして、テイラーさんはよい文化は天から勝手に降ってきたわけじゃない、自分たちがそういう人種だったからよい文化をもったんだと言いますがそれこそ人種由来だとするなら「ギフト」ってやつじゃん。論理的に聞こえるけど全然なのですよ!プンスコ!
個人的には、白人の人たちの文化が「ギフト」と呼べるほど野蛮と程遠い良い文化とは言いませんけどね。どんだけ貴重な鳥類を絶滅させてくれたのだと小一時間ほど問い詰めたくなるぞ。私にとってはもう、それだけは恨みに思ってますよ!リョコウバトにドードーに北半球のペンギンッッ!乱獲大好きなのな!あと白人の人たちは忘れてるかもしれないけどコーカソイドはユーラシア大陸(多分インド)から移動していった人類の末裔なので元々は有色人種だよね…(´・ω・`)私たちも、黄色い有色です。人種関係なく、「もう余裕ないし、無理なのです、疲れました」って言ってくれたらいい。それでも感情論で謝り続けろと言われるならば、それはおかしいと私も思う。ただ、「人種」って言われると違うと言わざるを得ないなあ。私も色付き人間だから。逆の立場だったらどうかと考えてもらえれば分かるとは思いますけどね…テイラーさん。人種じゃあないと思うんだよ…もはや世界は5人に1人が中国の人で、つまり、色付きなのですから、そんなことにこだわっていたらマズイと思うの…。

栁澤でした。
この件に関してはきっとみなさん思うところがある人もたくさんいると思いますのでコメントいただけた場合は拝見して心に刻むつもりですが、お返事するのは控えたいと思います、すみません!つって誰もこんな長い上に駄文読まなかったりっていうオチじゃ…。

ではでは!

追伸。ガキ使の「エディ・マーフィ」コスは差別じゃないと思う…だって日焼けしたボディビルダーのコスプレするとしても、お肌を黒くするだろうし。エディ・マーフィの絵を描く時も、塗っちゃいけなかったら実物と違うし誰か分かんない。それはもう、黒ラブラドールレトリーバーなのにイエローラブラドールに描かないと怒られるくらい、わけわからないなあ。

追伸②。人類は、人種が違うとか肌の色が違うと言っても、同じ一種類の生き物と分類されてます…人間以外が人間を見ても、同じにしか見えないってことですね。

【人種現実主義】結局仲良くできないのだろーか?_挿絵1

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
栁澤 蘭丸

Studio POPPOの変な記事担当です。武田信玄の軍配が欲しくて100円貯金しています。ゾンビが来たら軍配で殴るつもりです。(よくないゲームの影響を受けている)

【人種現実主義】結局仲良くできないのだろーか?」への2件のフィードバック

  1. 通りすがり

    いつも読ませて頂いてます。というか、
    ほぼ毎日更新されるこのページを見ることが自分の日課になってます。
    あずささんの記事も蘭丸さんの記事も両方好きで投票できておりません……。
    他にも自分のような人いるんじゃないかな?
    記事内容と直接関係の無い意見でコメントしてしまってごめんなさい。
    これからも一読者として、コラムにファミコン記事に、楽しみにしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です