カラオケ採点機の発展と男女の歌手の音域が気になる!

投稿日:

皆さんこんにちは。
今年の漢字は「北」に決まったそうですが、そんなタイムリーなイベントとは全く無関係のあいも変わらずどうでもいいことが気になりだしている伊達あずさです。

ちょっと?いや大分前にテレビでカラオケの採点機を使った歌勝負の番組をやっていたんですよね。
その番組では対決する2人が同じ曲をカラオケで歌い、採点機の点数を競うという番組でした。
少し?昔までは、カラオケの採点機っていうと、何かいまいち歌の上手さが反映されていないような印象が強かったのですが、今のカラオケ採点機って、ちゃんと人間が聞いても上手!って思う人が高い得点をだせるようになってきてるんですね。凄い!
具体的にどんな仕組みで歌の採点を行っているのか、技術的に凄く興味があります。

と、まあ採点機の技術進歩はとりあえず、一旦置いておいて、この番組のようにまったく同じ歌で勝負するとなると、男女間の採点勝負って非常に難しそうですね。だって、男性と女性の間では、声が違いますもの!

では、同じ曲で勝負するとなった場合、男性と女性では一体どちらが有利なのでしょうか。
何となく女性の方が有利そうな感じがしていたのですが・・・意外にも実はそうでもないみたいなんですよね。
確かに女性の方が男性より一般的には高い音域の声がでるのですが、音域という観点でみると、実は男性の方が有利だったりするみたいです。
というのも、高音を出すより、低音を出す方が難しいかららしいのです。

男性はデフォルトで低音が出ます。確かに高音は女性に劣りますが、練習するなら低音域よりも高音域の方が音域を広げやすいってことですね。
実際、最近の男性ボーカリストにはlowlowからhihi領域という非常に広い音域をもつ人まで居たりしますしね・・・
よって、女性が音域を広げようとした場合、低音に行かざるを得ないため、難しくなっちゃうってことになります。
女性が高音をさらに伸ばして音域を男性同様に広げちゃうと、高周波過ぎて聞く方も辛そう。

そんなわけで、カラオケのようにキーを調整して、自分の声の高さに自由に調整できる場合は、音域を広げやすい男性の方が曲次第では若干有利になりそうです。私的には結構意外~

しかし、こうやって音域について調べてみると、男性は高音に憧れ、女性は低音に憧れているように見受けられました。
実際、低音がウリの女性ボーカルや高音がウリの男性ボーカルって結構多いですよね?
今では、女性でも、男性ボーカルの人の歌が高すぎて歌えないなんてことがあるぐらい高音に寄ってしまっていたりするみたいです。

良い歌と言うのは、聞くのも良いですが、やっぱり自分で歌ってみたくなるものです。
凄く高い音を出したり、凄く低い音を出したりするのも良いですが、誰もが歌いやすい歌っていうのも大事ですよね。

カラオケ採点機の発展と男女の歌手の音域が気になる!_挿絵1

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

3 thoughts on “カラオケ採点機の発展と男女の歌手の音域が気になる!

  1. りゅう(た)

    お久しぶりです
    カラオケというかキーに関する豆知識
    女性ボーカルは+4で男性のキーに
    男性ボーカルは-4で女性のキーに
    個人差はありますがだいたいこれで歌いやすくなりますよ

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA