仕事に行き詰まったときに考えるべきこと~才能と継続力~

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

皆さんこんにちは!
最近やる気の浮き沈みが激しい伊達あずさです。

久しぶりに何か本をがっつりと読みたいな~なんて思って立ち寄った本屋さんで見つけた本にこんなことが書いてありました。
仕事の才能と言うのは、自分にとって楽しくないものの中にある」・・・と。

著者曰く、楽しさと言うのは、出来なかったことができるようになっていく過程に得られることが多い。
逆に言えば、大して努力せずともある程度出来てしまう事というのは本人には詰まらなく感じるものだ。
しかし、大して努力をしなくとも出来てしまうということは才能があるといえる。
仕事なのだから、他人に評価されるもので無くてはならない。
いくら楽しいからといって才能がないことを続けるというのは、評価に繋がらず仕事としては向いていないと言える。
だから、あまり面白いとは思えずとも、何となく続けることが出来る事というものこそが、自分にとって才能がある仕事なのだ。
というお話でした。

そう改めて言われると、な~んだ、じゃあ今の仕事を続けることって案外悪いことじゃないのね!
と、9割ぐらいの人は心が軽くなるのではないでしょうか。

・・・って、これって完璧にバーナム効果ですよね!
今の世の中で働く多くの人は自分の仕事を楽しいなんて思ってないですよねきっと。
とは言え、ある程度の給料(と言う名の評価)は貰えているわけです。
それに今の仕事がつまらないと思いつつも、やりたいことが見つからないと悩むような人がそういった本を読むのでしょうから、ある程度現在の仕事を続けているんでしょう。

つ・ま・り!

読んでいる大抵の人の現状にフィットする上、特に何もすることないよ~っていう最も楽な選択を推奨しちゃってるんですよね。
何となく気分が落ち込んでいるだけで、本気で仕事を変えたいと悩んでいるわけではない人にとっては、何となく救われたような気分になるので悪くはないかもしれませんが、結局何の解決にもなっていない様な気がしちゃうんですよね。少なくても私には。

まあ、仕事としてやるなら「才能があることをしたほうが良いと」いう点については確かに賛同しますけどね。
でも、どんな人だって周りから絶賛されたら何となく楽しくなりません?
絶賛されるってことは才能あるってことですよね?
ってことは、楽しい方が才能ある可能性高くないですか?
じゃあ、今やってる仕事が楽しい上に続けていけるのであれば、それはもう才能があるってことになっちゃいますよね。
それならそっちのほうが断然良いじゃないですか!

とは言え、今楽しくないからといって才能がないとも限りません。
だって、才能があったとしても「自分が望むだけの評価」を得られるとは限りませんからね。
純粋に知られていないから評価されないってこともあるかもしれませんし、あまりにも天才過ぎて周りの人が理解出来ない可能性だってあるし、もしかしたら、ちょっとしたスランプに陥ってしまっているだけかもしれません。
最悪、自分が満足するために必要な評価値があまりに高すぎるなんてことだってあるかもしれません。

じゃ~仕事に行き詰まってその進退を考えた始めた時、どうしたらいいんでしょうね。
私は今の仕事に才能があるのかないのかなんて考えてもしょうがないと思うんです。
考えるべきことは・・・

どうやったらその仕事を続けていけるのかどうか」だと私は思います。

どんなに才能があっても、運次第ではどうしたって成果が見えるまである程度の時間が必要になります。
だから、続けていけさえすれば可能性は増えていくはずです。
そうやって続けていく方法を考えた時に、どうしても続ける方法が見つからない時に初めて止めることを考えればよいのです。

きっと続けられない理由は色々あるでしょうね。
どうしてもその仕事が面白く無い、辛いとか、好きだけど生活のめどが立たないとか・・・
でも、ありとあらゆることを考えた時に「何とかもう少し続けられる」って思ううちはまだまだ止め時ではないってことだと思います。
どんなことでも続けてさえ居れば何時かきっと成功します。
確かに才能の有無や運によって成功の時期は大きく変わるでしょうけど、現在継続できているという実績は十分才能の片鱗だと思うのです。
そして、才能というのは成功という名の他人からの評価を受けて初めてわかるもので、成功していない状態では才能の有無は闇の中なのです。

やっぱりこういうことで悩むと、どうしても「どうやったら上手く行くだろう」とか「どうやったら失敗しないんだろう」なんて考えちゃいますけど、考えて上手くいく方法が浮かぶ状態ならそもそも悩まず行動しているでしょうし、失敗しない方法なんて考えても成功するとは限らないわけです。
それに・・・どんなに悩んだとしても、自分の才能の有無を自分自身で判断出来る人なんて居ないと思うんです。
だから皆さんも「継続するための策」が尽きないうちは諦めずに踏ん張ってみては如何でしょうか!
少なくても、継続したいと思う程にはそのことが好きなことなんでしょうから・・・ね。

仕事に行き詰まったときに考えるべきこと~才能と継続力~_挿絵1
※ピアノの先生は美人で普通にいい先生でしたがどうしても弾けなくてぶちぶち言ってたことはありました…それでも辞めるという選択肢は何故かなかったのです。
by 蘭丸

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です