働く動物たちは幸せか?競走馬の安楽死について

投稿日:

ぽっぽブログのランキング向上に貴方のお力をお貸しください!
(日付が変わると投票権が復活します)
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

どうもです、栁澤です!
この前とても怖い夢見たんですよ…(超どうでもいい話…)
サラブレッドらしき馬が2頭でレースしているのを、私は見ているんですが、1頭が転倒します。レースと言っても私は実際の競馬場に行ったこともなければ馬券を買ったこともないので、これもお金がかかってるわけでもない、単なる競争なので、転んだからって利害がどうのっていう話ではないし、ただただ見ている、という夢だったんですが…

問題はその転んだ馬…カッサカサに乾いたミイラのような馬でした。転んだ拍子に足がもげちゃうんです!そしてじっとよく見ると、その馬は眼窩真っ暗で目玉もありません。まさにミイラです。なので足がもげても血も出ません。一緒に走っていたもう1頭も同じようなミイラ馬でした。もう1頭は走るのをやめて、転んだ馬のもげた足を拾って、まだ倒れている相手の馬に足を差し出していました。2頭には騎手はいません。転んだ馬は、渡された足を受け取るとまた走り出しました。私は、「サラブレッドってミイラやんけ…」とガクブルするという夢なんです。あー。ホントどうでもいい夢ですみません(;゚Д゚)

日曜日にぼーっとテレビを付けてると、素晴らしいプロポーションの馬が走っているのを見ることが出来ますが、私は心の底では彼らをミイラのようだと思っていたのかもしれません。だって、サラブレッドって生物としては、オカシイですよね。あんなにムキムキしていて、減量したり時には泳がされたり(トレーニング)。実際の野生の馬はもっとずんぐりむっくりしていたり、それこそ黒王号やら道産子みたいにがっしりしているものです。ちなみに武田騎馬隊が乗ってたような馬は日本土着の馬なので体高も低くて、大河ドラマなどでかっこよく武将が乗ってるすらっとした馬ではありません。あれは血統的にはアラブ馬とかサラブレッドだろうと思います。具体的な数字を出すと日本の戦国時代の武士が乗っていた馬の体高(地面から肩までの高さ)は、120~130センチくらい、ずんぐりむっくりした体型で、日本は山が多いので足腰が丈夫。対する現在時代劇などで使われている馬はすらっとした、体重が軽くて走ることに特化した馬。体高は160~170センチもあります。

私は、野生の馬の体型を知っているのでサラブレッドがとても綺麗に見えていましたが、同時に不自然さも感じていたのかもしれません。「自然」にこのような、走るためだけに生まれてきたような馬は作られませんし。サラブレッドは転んだりしなくても、ただ走ってただけで、簡単に骨折することがあります。ビックリするほど足が繊細なのですね。レース中に骨折し、そのまま安楽死させられた馬もいます。ミイラ馬の夢では、ミイラだから足なんてなくても平気って顔で馬は笑って(馬なのに(◎_◎;))いましたが、実際のサラブレッドは足がぽっきり折れてしまったらそれまでです。馬は足が4本健在じゃないとならないんです。何故かというと馬は立ったまま寝るため、一本骨折すると眠れなくなってしまうため、と言われています。日本での話ではありませんが、ものすごい強い馬をなんとか生かそうと、数億円の予算を投じて助けようとしたこともありますがそれも失敗しています。日本でも「テンポイント」という馬を生かそうとして失敗しています。手術をして生かそうとしましたが、骨折からたったの43日でテンポイントは亡くなっています。馬は足が骨折したら致命傷と言え、さらにサラブレッドの骨折を治すことは、ほとんど神の業なのです。
ただ、競走馬以外の馬は足が太くてそう簡単に骨折しません。馬は本来はとても頑丈な生き物なのです。
それなのに、同じ馬であるサラブレッドは簡単に骨折して、安楽死させるしかない生き物になってしまっているのは…悲しいことですよね。

近年は、盲導犬が使用者から虐待されていた!?などのニュースもあり、動物の生涯を人間への労働で終えさせることって本当にそれでいいのかっていうような問題も提起されてます。
しかし盲導犬や介助犬、警察犬の仕事は人間の命にかかわっていたり、盲導犬と使用者の間には固い絆が生まれていて、盲導犬本人(犬)も使用者のためになりたいと思っていたりすることがあるので、それでもやっぱり必要…という感じですが、競争馬はどうなんでしょう。競走馬がいないと命が危ない人は…違う意味ではいるかもしれませんが、いませんよね。普通に考えて。もちろん、競走馬関係の仕事で食べている人もいるのは確かですし、その人たちの人生は大切ですけれども。現在の競走馬は不自然な品種改良のため親近交配が多くなるなど、生き物としては欠陥が増えすぎていると言われています。
もう少し自然のままの馬と走って楽しめないものかなあと、純粋に馬が好きな私は思うのでした。ちなみに私が絵を描くきっかけになったのは「馬が好きで馬をうまく描きたい(シャレではない)」という思いでした。うまくなってませんけどももも…。馬は人間に犬みたいになつくし、とても頭が良いのです!いつか馬を飼ってみたいですね。バロン西と愛馬の話なんて最高ですね~。

栁澤でした。

働く動物たちは幸せか?競走馬の安楽死について_挿絵1

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?
ランキングへの投票よろしくお願いします!
↓↓ ぽちっと押して投票 ↓↓
ゲームプレイ日記ランキングへ
にほんブログ村 漫画ブログへ