桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

↓↓↓ 押して頂けると喜びます
にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析

前回からの続きです!

皆さんこんにちは!伊達あずさです。
前回この桃太郎伝説を「蘭丸さんが小さい頃にクリアした珍しいゲーム」と紹介してしまったのですが、詳細を聞いてみると裏ワザ的なものを使って無理やりクリアしただけとのこと・・・
蘭丸さんがファミコンでまともにクリアしたことがあるのは「ドラゴンクエスト4」だけだそうです。

・・・全然ですねそれは。

と、いうわけで、このゲームの難易度がわからなくなってしまいましたけど、今までだって何とかなってきたわけですから、今回だって大丈夫でしょう!

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
という訳で、早速天の声を入れて冒険再開です。
天の声を入れる際の音楽、何かどこかで聞いたことがあるような・・・
私は桃太郎伝説をやったことなかったはずなのですが、なんかこのはかなげな曲には聞き覚えがあるような・・・
でも、何処で聞いたのか思い出せません。
どこでなのでしょう。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
しかし、パスワード形式って打ち込むの面倒くさいですね・・・
まあ、このゲームは結構短い部類だからまだマシな方ですけど・・・

さて、旅立ちの村で手に入る最強の装備を入手できたことですし、少し村から離れた場所を探索してみましょう。
村で得た情報では北に「いっかく仙人」という人が住んでいるという情報を前回得ていますから、その辺りからいってみましょう!

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
村を出て北に進むと思っていたよりもずっと近い位置に建物を発見!
そうですね・・・村から見ると北北東ぐらいの位置でしょうか。
1.5画面分ぐらいのかなり近い位置です。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
中に入ってみると、老人が1人。
どうやらこの人が噂のいっかく仙人みたいです。
話かけるなり、修行するかどうか尋ねられました。
修行って何するんでしょうね。
まあでも、断る理由もありませんし、ここはチャレンジしてみますか!

で・・・
桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
戦闘でした・・・
しかも、不意打ちで先制攻撃されたんですけど・・・
なんて卑怯な仙人なの!?

が・・・
桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
あっさり勝利しました。
っていうか、装備を整え、レベルが上がっていたせいなのか仙人弱すぎ!
いっかく仙人を無事倒すと「きんたんの術」を授けてもらえました。
仙人を倒して魔法を増やしていく系なんですね。
ちなみに「きんたんの術」は体(HP)を回復する術の様です。
修行中に仙人が1回だけ使用してたので効果はわかっているのです。

これで技(MP)を有効に使うことが出来るようになりました。
もう少し早くこの術を手に入れていたら、前回の戦いが楽になったのにな~

さて、次は何処に行きましょうね。
北には花咲か爺さんの村、西にはおむすびころりんの穴があるという話だったので・・・
とりあえず、何の情報もない南と東をおさえてから、そちらへ向かってみましょうね。
念のためです!念のため。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
とりあえず南から探索してみたところ、南端にお地蔵さんを発見しました。
話しかけてみると金太郎の村に「仏のお鉢」があるとのこと・・・
え?これって持ってきて欲しいってことなのでしょうか。
それとも、あるってわかっただけでも良かったでしょ!っていうことなのでしょうか。
まあ、そもそも「仏のお鉢」って何に使うものかも良く分かりませんけどね。
使い方が良くわからないままだったら、ここに持ってきてあげましょうかね。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
東方向へはほとんど進めず、直ぐ北へ繋がってしまっていたので、一旦、旅立ちの村まで戻り、西のおむすびころりんの穴から探索してみ用と思います。
ですが、おむすびころりんの穴というくらいですし、おむすびとか持っていったほうがいいんじゃないかな~ということで、村の道具屋さんにおじゃましてみたわけですが・・・あるじゃないですか「おにぎり」!
まあ・・・「おむすび」ではありませんでしたけど、広義的には一緒でしょう!!
とりあえずお金は足りるので1個だけ買っておきましょう。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
というわけで西!正確には旅立ちの村から南西ぐらいかな?で、お地蔵さんを見つけました。
話しかけてみると、ここで「おにぎり」を転がすと良いことがあるとのこと。
つまり!ここがおむすびころりんの穴ってことです!
やっぱり「おにぎり」買っといてよかったですね!

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
「どうぐ」→「おにぎり」と進めると、ご丁寧にも「たべる」、「つかう」と2種類も使用方法があるではないですか。
普通に考えれば「たべる」を選べば体(HP)が回復しそう・・・
「つかう」でいいのかな?

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
おにぎりを使ってみたところ、見事に転がせられました!
・・・で、結果。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
何と穴が出現しました。
そういえば、昔話の「おむすびころりん」もおむすびが転がって入るとき穴が急に大きくなったりしてたような・・・
そういうこと?

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
とりあえず穴の中に入ってみたところ・・・なんか結構禍々しいような。
そういえば、この付近の敵に「ねずみ」なんていうのもいたんですよね。
昔話みたいに「ねずみ」に歓迎されることはないのかな・・・

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
雰囲気はちょっと不気味で音楽も怪しい感じなのですが、敵出現しないんですよね。
1階は葛籠が2つと、地下2階への階段だけです。
広さも全体で4画面分程しかないので迷うこともないでしょう。
ちなみに葛籠の中身はどちらもおにぎりでした。
おにぎり1つ使用して2つ手に入るわけですから、この時点で既に得してますね。
やっぱり、敵が出てこない所から推測するに、歓迎されてるパターンなのかな?

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
地下2階もほぼ一本道と言っていいような作りになっていました。
最奥にはねずみが1匹!話しかけるとおにぎりのお礼をしてくれるそうです。
・・・1階でおにぎり2つも取っちゃったのにお礼とかちょっと良心が痛みますけど。
ねずみ曰く、かぐや姫が探している5つの宝物を集めると鬼退治に役立つそうです。
その5つの宝物とは、「龍の首飾り」、「蓬莱の玉」、「燕の子安貝」、「金色の毛皮」、「仏のお鉢」ということです。
これを全て揃えてかぐや姫の元に持って行くと鬼ヶ島への道が開けるとのこと。
なるほど・・・仏のお鉢って鬼ヶ島へ行くためのアイテムの1つだったんですね。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
南、東、西と探索が終了したので、後は北にある花咲か爺さんの村に向かうのみとなりました。
レベル上げも兼ねて、北方向を探索しているとフィールドのあちこちに葛籠が落ちているではありませんか。
なんか、こんなフィールドにぽんぽん宝箱(葛籠)が落ちているゲームって珍しいですね。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
フィールドに点々と落ちている葛籠を追うように北へ進んでいくとお地蔵様がありました。
川向うに見えるのが「だいち仙人」の家のようです。
恐らくいっかく仙人の時と同様に修行という名の戦闘に勝つと仙術を教えてもらえるパターンなのでしょう。
いっかく仙人から「きんたんの術」を教えてもらってからというもの、戦闘継続能力が凄まじく向上したので次の仙術にも期待が持てますね。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
葛籠が点在していた旅立ちの村から北西方向はお地蔵様で行き止まりになってしまったので、村の真北に進路を変えてみたところ、程なくして新しい村を発見しました。
花咲か爺さんの村かな~と思っていたのですけど、違うみたいですね。
しかし、村の人の話を聞かずとも村の名前がわかるのは結構便利ですね。
ゾイドの時なんて、最後の最後まで街の名前がわからないこともあったし・・・
とりあえず情報収集しましょう!

  • 雉は宝物のありかを良く知っている
  • この宿の南にはいっかく仙人の家がある
  • 雉は北の方にいる
  • 雀のお宿は全国チェーン
  • だいち仙人は剣の達人

雀のお宿ってチェーン店なんですね・・・
確かに雀のお宿1って書いてありましたから、他にもあるのだろうとは思いましたけど・・・

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
雀のお宿らしく葛籠が関係するお店があったのですが、どうやら賭博っぽいですね。
20両払って大きい葛籠と小さい葛籠のどちらかを選ぶみたいです。
試しに1回やってみたところ「おにぎり」でした。
おにぎりね・・・さっきフィールドで死ぬほど手に入れたんですよね。要らない・・・

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23
とにかくもっと北へ行けってことだけはわかったので、更に北へ進路をとる私。
砂漠の真ん中にいかにも怪しげな場所を見つけちゃいました。
これは何かありそう・・・
試しに、水がある所の前に立って調べてみると画面がぴかっと一瞬光って、技と体が全快!
おぉっと!?これはここでレベル上げをしなさいという神のお告げですか?
仕方ありませんね~もうこの辺で10段ぐらいまであげちゃいますか!

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
と、気合を入れてエンカウント率が高そうな泉の北側にある山に入ったのですが、拍子抜けするような敵に遭遇。
福の神らしいです。
戦闘にはならず、問答無用でクイズを出してきます。
しかも、結構簡単なクイズですね。
クイズに正解すると100両もお金をくれましたよ!
しかも、なんかこの辺結構遭遇率が高いような・・・お金めちゃくちゃ増えちゃいますよ?

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25
その他にも固有のBGMを持つ「あまのじゃく」という敵まで出てきました。
戦闘中に許しを乞うてくるのですが、「はい」と答えるとアイテムが1つ盗まれ、「いいえ」と答えると「はい」と答えるまで質問がループするのですよね。
まあつまり、絶対にアイテムを盗まれてしまうみたい。
でも、倒した際に盗まれたアイテムは全て戻ってくるみたいですから1回攻撃されずに済んだと思えば別に何てことない攻撃かも。
とは言え、倒しても心(経験値)、お金共にものすご~~く少ないので、遭遇自体が既にアンラッキーなんですけどね。
この辺って福の神が物凄く出やすいので、それに対する代償なのかな?

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
挙句の果てには貧乏神まで登場しましたよ。
ほとんどダメージを与えられないし、逃げることもできないし、ただただお金を盗まれてしまいます。
まあ、一度に盗まれるお金は3両程度なので致命的ではありませんけど、何となく一方的にお金を盗られるのはあまりよい気分がしませんね。
しばらく戦うとそのうち逃げていきます。
もしかして、倒せれば何か良いことがあったりするのでしょうか?
しかし、なんかこの辺って変な敵との遭遇率凄い高いな~

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27
しばらく頑張った結果10段になりました!
ついでに歳も1つとっちゃいましたよ。
もう2時間経っちゃったんですね・・・
福の神とやたら遭遇するせいでお金が3601両も貯まっちゃいましたよ!
次の村に行ったら直ぐ最強装備が買えそうですねこれは!
何か年齢という形でプレイ時間が見えてしまうと、レベル上げという行為に自分が如何に時間を裂いてしまってるかまるわかりですね・・・
そろそろ、次の村を探そっと・・・

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29
調べると回復する泉の更に北側に新しい村を発見しました。
今度こそ花咲か爺さんの村っぽいですね。
その名も花咲の村。
が、しかし、なんか様子がおかしいですね。
だって、村のBGMがダンジョンと同じなんですもん。
それに花咲の村と言う割に、村の周りの木も枯れ木だし。
やっぱりこれ、「枯れ木に花を咲かせましょう」ってする必要があるのでしょうかね・・・
早速、情報収集・・・って思ったんですけど、もう今日もまた1つ歳をとってしまいましたし、神社も見えるので、村の探索は次回にしましょうかね。

桃太郎伝説のプレイ日記2:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
次回は、枯れ木に花でも咲かせましょうかね~
ではまた!

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ


Studio POPPOをフォローしませんか?

ランキングへの投票(1日1回まで)よろしくお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析
伊達あずさ
Studio POPPOのプログラム兼システム担当です。 ウォーキング・デッド大好き!ダリルかっこいいよっ!主食はキノコです。

コメントを残す