ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
急に「私はお前の邪な心だ~」とか言われたって困っちゃう伊達あずさです。
っていうか、本当にフィギュア化の犯人が私という可能性がでてきちゃったじゃないですか!
しかも、闇が残したセリフから、あの自称女神がいよいよ怪しくなってきました。私がフィギュアの能力を使えちゃうことといい、胡散臭い人が胡散臭いだけのことはあるところといい、かなりしっかりと練られたストーリーのようです。
これでもし、私が世界から聖人君子たることを強制され続けたせいで、その抑圧された心が闇を生み出した・・・みたいな流れだったら、気持ち悪いぐらいいジャストフィットじゃないですか!まるでエニックス神の手の上で踊らされているかのよう!!

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
・・・でも、最後の最後でおかしくなるのがレトロゲームです。過度な期待はまだ止めておこう。自衛の意味で。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
で、どうやら町の人達は全員フィギュアにされちゃってたみたいですね。今まではフィギュアにハートを戻してから、その人が住んでいた世界にハート入りのフィギュアを持ち込むことで元に戻してましたけど、闇が逝っちゃったからそんなのお構いなしに全員戻っちゃったのかな。闇がフィギュアをどこに隠していたのかわかりませんけど、この世界のどこかに隠していたのであれば、元に戻った人達が勝手に戻ってきたのかもね。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
マッチを売る少女「フィギュアになるときってね。スーッときて、フーーッとして、パンッって感じなの。もちろん、もうヒロインになりたいなんて考えないことにしたわ」

この方にもフィギュア化する瞬間の記憶はあるみたいですね。ただ、王様みたいにフィギュアになっている間の記憶もあるとは断定できませんので、今までの人と異なるとまではいえなさそう。やっぱり、王様だけが特別なのかな。ここまで来ると、そういう些細な仕様の変化も何かしらの意味があるのではないかと怪しく思えてきちゃいます。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
忘れずに依頼主にも報告しておきましょう。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
アリさんの言う通り、闇はどういう目的で皆をフィギュアにしてまわっていたのでしょうね。あ、別にアリさんまでフィギュア化の対象になったことについては疑問を抱いてませんよ?

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
フィギュアから戻った人達が勝手に戻ってきた説・・・ですけど、フィギュア化する前に隠し身の服を作り終えていた仕立て屋さんまでお城に戻ってくるのは少しおかしいかな?

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
牢屋の中の人なんてもっとおかしいよね・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
あれ?王様居ない。まだ寝込んでいるの?

大臣「まさか私までフィギュアにされるとは。あなたが居なければどうなっていたことか。でも、これで町も平和になるでしょう。しかし、ただ王子様だけは・・・」

恋の病ってこと?

王子「フィギュアにされているとき、すぐそばにあの人がいるような気がしていました。どうか、無事でいてくれるといいのですが・・・」

え!?王子にもフィギュアにされていた間の記憶があるの!?王様ほどはっきりとしたものではないみたいですけど・・・もしや血!?王家の血がそうさせているの??

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10
お見舞いにきましたよっと。

国王「な、なんと!闇を倒したとっ!!そっ、そうか!遂にやってくれたかっ!!」

遂にっていうほどには闇と因縁なんてなかったと思うのですが・・・でもまあ、倒しましたよ。普通に。

国王「なるほど、それでフィギュアから元に戻れたんじゃな。良き日だ!実に良き日だぞい!!」

やっぱり、王様にはフィギュア時代の記憶がはっきりと残ってるみたいですね。気になるなぁ・・・

国王「・・・ところで、最近王子の様子が気になるのだが、ゴホ、ゴホ・・・どうだろう。ひとつ相談に乗ってやっては貰えんか」

話をはぐらかされちゃった。なんか急にスケールの小さい依頼になっちゃったな。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
いやまあ、何処の誰か知ってるのですけど、ここに来る直前に立ち寄ったときも絶対に言うなって本人から言われたばかりですし・・・そこまで念入りに口止めしてくるってことは、案外向こうの方が王子のことを気に入らなかったのかもよ?

王子「手がかりはあのとき見つけたガラスの靴・・・お願いです。どうか私と一緒に彼女を探してください!」

え・・・いや、それこそ城の兵士とでも一緒にやりなよ!どういった理由で私に頼むの?・・・って、あっ、王様の差し金か。じゃあまあ仕方ないか。いいよ?一緒に行ってあげるよ。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
そんなところで嘘を吐いても仕方ないですしね。でも、恐らくクライマックスが近いのですから、こんな呑気そうな仕事は手早く済ませちゃいましょう。

王子「では、早速出かけましょう。」

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
引き受けておいてなんですけど・・・王子としてのお仕事って結構暇なのですね。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15
いや・・・もし履けちゃってたらどうするつもりなのよ。正直、靴のサイズが同じ人なんて結構いっぱいいるのですから、自分がこの人だったらいいなって思う人にだけ試せばいいのですよ。手段に固執するあまり、完全に目的を見失ってます。視野が狭くなってるよ!
一見まともそうに思えた王子ですが、やはりあの王様の息子ですね・・・心配だ・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
一緒に行ってあげるとはいいましたけど、本人から直接口止めされている私が積極的に連れて行っちゃうと何かと気まずいので、町にいる女性全員に試すという形にしよう・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
でしょうね。そもそも身長も見た目も違うしね。っていうか、この王子様は記憶喪失なの??

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
なんかもうこの靴さえ履けるなら誰でもいいみたいな勢いになってますね。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20
グレーセルさん、すっかり占い師気取りですね。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
そういえば、赤帽子さんのお父さんって・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
何気にシングルマザー率高いですね。

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵23ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24
むしろ良く割れなかったね・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵26
・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵27ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵28
この王子・・・一体何がしたいんだろう。
ともあれ、これでこの町に残る女性はシンデレナさんだけになりました。あ、アリさんやキリギリスさんが女性という可能性もあるけど・・・まあ、もういいよね、こんな茶番は!!

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵29
あれ、シンデレナさんいない。王子に見つかるのが嫌で逃げたんじゃ・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵30
どういうわけか、例の小人さんがいた家にシンデレナさんが居ました。

王子「いいえ、構いません。どうぞ試してみてください」

シンデレナさんを見た途端にびっくりしてたし、完全に気付いてるよね??

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵31
・・・し、白々しいよぉ。

王子「ぴ、ぴったりだ!!」

このガラスの靴って、原作のシンデレラみたいに魔法で出した完全オーダーメイドじゃないのだから、そんなぴったりだなんてことあるのかな。そういえば、原作のシンデレラではなんで12時過ぎてもガラスの靴だけは消えなかったんだろう・・・

王子「・・・見つけた。やっと、見つけました!あなたですね。あなただったのですね!名前を・・・名前を教えてくれませんか?」

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵32
私、後でシンデレナさんに恨まれたりしないよね?凄く不安です。

王子「シンデレナ・・・シンデレナか、なんていい響きだ。シンデレナ。私と一緒にお城に来てください。そして、いつまでも、いつまでも私のそばにいて・・・ください!」

随分と話が早いな・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵33
い、いいんだ・・・

王子「あずささん。本当に色々とお世話になりました。私達はこれからお城に戻ります。気が向いたらいつでも遊びに来てください。ふたりで待っていますから」

は、はぁ・・・

ミスティックアークのプレイ日記82:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵34
そういって王子とシンデレナさんは去っていきました。

・・・っていうかさ、結局、ここは誰の家なの!?

と、虚空にツッコんだところで今日はおしまいです。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.