ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
結構どうでもいいところでダークロードの世界観が壊されているような気がしてならない伊達あずさです。
組合で紹介してもらえる職・・・何であんな変な感じになっているんでしょうね。
そもそも、君主って職なの?それに、何で君主の1か月のお給料が10Gなのに、その君主に仕える立場であるはずのナイトの給料は20Gなのよ。
もっといえば、司教なんて25Gも貰ってるんだよ?修道士であるモンクですら22Gです。これは農夫の7倍以上の給料に相当します。この国の宗教は凄まじく腐敗してる!!!あっ、でも僧侶の給料は8Gと比較的控え目だから、恐らく腐敗が酷いのは一部の宗教だけなのかも。
それにさ・・・組合で紹介してもらえる職の中にある「りょうし」って、最初漁師だとおもったんですよ。でも、この職業を通じて習得できるスキルがシューティングなんです。ってことは漁師じゃなくて猟師だったのか~・・・って、ちょっと待ってよ。猟師ってハンターだよね!?なんで、猟師とは別にハンターっていう職があるのよ!

もうさ・・・別にシステム的には職業名なんて何だっていいんですから、わざわざこんな世界観をぶち壊すようなトリッキーなものばっかり集めてくる必要ないじゃん。
君主(ロード)とか忍者とかウィザードリィを意識しすぎなんですよ。
きっと、ウィザードリィウルティマこそ至高みたいな人が作ったんだろうなぁ・・・

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
と、職の名前のおかしさについてぼやきながら穴の外へ・・・
ここは、下水道か何かでしょうか。前回倒したモールマウスはこの下水道から侵入したのかな?でも、明らかに穴の幅が足りてませんよね。このサイズだと2本の足で立ち上がった状態からカニ歩きでもしない限り通れなさそうですけど・・・

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
梯子を使えば水の中にも入れるみたい。しかし、胸ぐらいの高さまである下水の中を何の装備もなしに歩くとか・・・ちょっとぞっとしますね。主に衛生面で。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
左端の排水溝につるはしが引っかかってました。
このつるはしがあれば、落盤によって塞がってしまった酒蔵との穴を復旧できるかも・・・

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
そんなことを考えながら戻っている途中、水の中に潜んでいたダストワームなる敵に襲われてしまいます。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
手前にいた1体はウィザードのぽっぽくんですら1撃で倒せたのですが、もう1体のダストワームとは距離が離れすぎていて1ターンでは接近できない!
そのため、蘭丸さんが初のダメージを被ることとなってしまった。結果は2!あっ、もちろん防御してますけどね。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
ダストワームと私達との間にはそれほどの力の差があるわけですから、当然今回も戦闘による経験値は得られません。
あ、それと2体のダストワームの中からはレッドジュエルとブルージュエルが見つかりました。換金用のアイテムっぽいけど・・・

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
残念ながら下水道から外に繋がる道は発見できなかったため、排水溝で拾ったつるはしを使って酒蔵へと続く道の復旧作業を行います。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
やっと戻ってこれた!

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
掃除自体はすでに完了していたので、そのままおばさんに報告。
おばさんは私達が拾ってきた鍵に強い反応を示しています。どっちの鍵?蔵の鍵?それともドワーフの鍵の方?
一旦外に出てから改めて話しかけることで、先ほど拾った鍵の正体について聞くことができました。

おばさん「ほんとよく見つけてくれたね・・・その鍵は私の旦那の形見と思い出を入れてある部屋の鍵でね。この町で生きていくことに一生懸命で・・・その鍵を無くしたのも忘れていたよ・・・死んだ旦那もあんたらと同じく冒険者でね・・・もっとも・・・この町を最期に二度と戻ってこなかったけど・・・ね・・・あら、ごめんよ、しみったれた話をしちまったね・・・さあ!約束のお駄賃を上げようかね!」

ということで、350の経験値と80G、それとおばさんの気持ちということで旦那の形見であるドワーフアクスを渡されました。

おばさん「いいかい。どんなことがあっても命だけは粗末にするんじゃないよ!」

と言った感じで、冒険者としての初仕事「街の掃除屋」完了!
民家にいた普通のおばさんからお駄賃として1人80Gももらえてしまいましたよ。これ、君主が貰える月の給料の8倍ですよ?
しかも、このおばさん・・・総額で240Gもの大金を「お駄賃」呼ばわりですからね。想像を絶するお金持ちです。きっとあの酒蔵にあったお酒で人様に言えないような商売をしているに違いありません。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
次は組合と王様、どっちからの依頼を受けようかな~などと考えながら町を歩いていると、広場を調べ損ねてしまっていたことに気付きます。
幸い広場には誰もおらず、「デミ・ヒューマンを見かけたら城に報告しろ!」と書かれた掲示板があるだけでした。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
で、結局・・・組合の依頼を優先させることにしました。何となく王様からの依頼の方が難易度高そうですし。
え~っと、魔術研究所の重要区画に発生したスライム退治でしたっけ?

組合の人「あそこには儂の息子のミルシアもいるんだ。もしものことがあったらと思うと・・・くれぐれも頼んだぞ」

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
「リトル・ネオファイト」スタートです。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
早速、問題が起こっているという魔術研究所にやってきました。

ダークロードのプレイ日記5:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
建物の中に入ると直ぐ、だぶだぶのローブに身を包んだ見習と思われる少年が出迎えてくれました。

ミルシア「組合から派遣された方ですね?お待ちしておりました。ただいま先生が不在ですので、私ミルシアが留守を守っています。それでは早速モンスター駆除をお願いします・・・今、地下への扉を開けますので・・・」

ミルシアが「イルメク!」と叫ぶと地下へ続く扉が自動的に開きました。
しかし、この緊急事態の中、見習い1人に現場を任せて責任者がいなくなってしまうとは・・・もしかして、組合の人が大げさだっただけなのかな?
まあ、かれこれ14年間も地下にスライムを閉じ込めまま、今の今まで現状を維持し続けてきたのですから慣れてしまうのも無理はないか・・・

地下へ降り、スライムの駆除を始める前に、もう少しミルシアから状況を聞いておこうと思うのですが、それは次回。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.