北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
直接犯人が見える事件が起こったことで、クライマックスが近いことを確信した伊達あずさです。
とは言え、まだ連鎖殺人とさらわれた野村さんの関連ははっきりしませんけどね。でも、この事件を解決したら一気に真相が明らかとなりそうな気がします。もちろん単なる勘ですけど・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1
というわけで、ゲンさん宛ての脅迫状に書かれていた炭鉱にやってきました。
来る途中、電気屋さんで懐中電灯や電池も手に入れておいたし、例え中が真っ暗でも大丈夫でしょう!
では、突入~

・・・って思ったら、猿渡から「ボス。あの靴どうします?持って行った方が良いんじゃないでしょうか?」などと言われてしまいました。
む、そこまで言うなら持って行けばいいけど・・・何でそんなものにこだわるのさ。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
多分私の考え過ぎだと思いますが・・・野村さんの温もりを楽しんでたりはしませんよね?猿渡くん?

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3
では今度こそ炭鉱の中へ!
・・・って思ったら、今度は中が危険だから入る前に捜査メモを取っておいた方が良いと進言されちゃいました。
まあ、中が危険だからメモを取っておいた方が良いという理論は常識的に考えればおかしいのですが、ゲーム的には何らおかしくありません。
ダンジョンに入る前に冒険の記録を取っておいた方が良い的なあれですね。つまりあれです。炭鉱内部には何かしら取り返しのつかないことがあるってことですね・・・
でもまともに答えるならば、中が危険なら捜査メモなんてとってないで応援を呼んだ方が良いと思いますよ。うん。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
そう思いながらも中へ入ると・・・早々に罠にかかってしまいました。
炭鉱の入り口で隠れていたらしい誰かに石を落され出入り口を塞がれてしまいました。逃げる間もなく一瞬で塞がれてしまったわけですから、相当大きな石を落されたんでしょう。そこまで大きい石となると、予めテストするのも難しそうですし、一発で上手く行って良かったですねぇ・・・と、私が呑気に犯人側の事を考えていると猿渡が懐中電灯を点けてくれました。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5
炭鉱内部は迷路になっているみたいです。
とりあえず辺りを調べてみようと思ったら、「そんなことより外に出るのが先決だ!こんなところで調べたって時間の無駄だ!」と猿渡に怒られてしまいました。閉じ込められたからってそんなテンパらないでよ・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
でもって、炭鉱内はこんな感じになってました。
何か変な構造になっていたせいで、地図を描くの凄く大変でしたよ。赤い線で結ばれたところは繋がってるのですが、ちゃんと、赤い線通りに進んだかのように向きも変わるんですよね。例えば、[01:06](横:縦)を左に進むと、[01:03]に出た時の向きは右になってるんです。この妙な構造が地図にすると案外狭い炭鉱を無駄に複雑にしているのです!

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7
先ず1の場所[04:04]にはつるはしが落ちてました。石のつるはしに見えてしまうのは単にマインクラフトのやりすぎでしょう。(普通に考えれば金属製のはずです)
特に私が指示したわけでもないのに猿渡が勝手に拾ってしまいました。まあいいけど・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
2の場所[02:05]では天井から水滴が落ちてきます。
猿渡曰く、この辺りの天井は多くの「ずいぶん」を含んでいるらしく、落盤の恐れがあり危険だそうです。北海道の方言でしょうか。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9
でもって、3の場所[01:03]には野村さんの物と思われるハイヒールが落ちています。
猿渡は野村さんのハイヒールが本当は欲しくてたまらないみたいですが、迷わないための目印とするために我慢するそうです。まあ、入り口で片方拾ってるんですから、我慢しなさい。・・・って、こんな変な部下と一緒に洞窟に閉じ込められた私の身にもなって欲しい。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
そして、4の場所[00:00]には漫画みたいにぐるぐる巻きにされた野村さんが横たわっていました。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11
どさくさに紛れてめっちゃボディータッチしてます。いや、普通ならそんな風には思わないのですが、猿渡があまりにも野村さんのハイヒールを欲しがるものだから・・・
というわけで、意識を失った野村さんを抱え、何とか出口を探します。って言っても、既に地図を描き終えた私には出口なんてないことは分かってるのですが・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
無駄とは思いつつも、入り口まで戻ってみると急に懐中電灯の電池が切れてしまいました。おかしいよ!電気屋さんで色々買ったから予備の電池だって結構貰ってたはずなのに・・・
しかし、真っ暗になったおかげで、微かに光が漏れている箇所を見つけ出すことができました。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13
最後はつるはしで天井の石ブロックを破壊して脱出しました。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
野村さんは空気の薄い洞窟に長時間いたせいで、酸欠寸前の状態だったそうです。
むしろ私達は良く平気でしたね・・・野村さんの意識が無かったのは酸欠が原因ではなかったということなのかもしれません。
野村さんは意識不明の面会謝絶状態のようで、今は詳しい話を聞くことができません。病院にゲンさんの姿も見えませんし・・・
猿渡が病院の電話番号(0152-45-1122)を調べてきたので、暫く時間をおいてから電話でもかけてみましょう。猿渡はちょくちょく電話をかけたいとか言ってますが・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15
急に彼氏面し始めた猿渡を何とか説得し、別の場所へと移動することにしました。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
とりあえずゲンさんの勤務先であるコロポックリへ行ってみました。
既にゲンさんが申請した休暇の期間は過ぎているらしいのですが、お店には未だ何の連絡もないようです。今度はゲンさんが行方不明ですか・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17
そうなると、残された私の手札は網走刑務所内に収容されているうらたじんごろうのみとなります。
野村さんのアパートで、うらたが野村姉妹と共に写っている写真を手に入れましたし、これを見せればきっとうらたの気も変わるでしょう。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
というわけで、網走刑務所内でうらたじんごろうとの面会に挑んだわけですが・・・

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19
クライマックスへ向けて話が長くなりそうな予感がするため、今日はここまでとします!
毎度おなじみ全く当てにならない私の勘ですが・・・次回で終りそうな気がするぅ~~

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆのプレイ日記8:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください