スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間を観た感想と評価:映画考察

投稿日:2015年9月16日

こんにちは、栁澤蘭丸です。

今回ご紹介する映画は・・・
スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間(CONTRACTED)」です。

まず邦題の副題につっこまないと…(´・ω・`)原題の「CONTRACTED」の意味は「契約された」とかそういう意味なので、ゾンビになることが確定しちゃったよぉ(´Д⊂ヽっていうことを仄めかしているのかもしれないけど、仄めかしてるだけだよね。邦題は………ネタバレですね。もうネタバレ注意も何もあったもんじゃないです。
で、ゾンビがわさわさ大挙して襲ってくる系じゃないので伊達さんの担当ではないとバッサリ言われてしまい、私が担当しているわけです…。うう…。私はゾンビ自体がそもそも趣味じゃないよ…。

悲しみに包まれつつ作品情報から。

スリーデイズ・ボディ
彼女がゾンビになるまでの3日間

原題:CONTRACTED
ジャンル:サスペンスホラー
製作国:アメリカ
公開年:2013年
監督:エリック・イングランド

概要:美しいレズビアンの主人公サマンサは、愛するパートナーとうまくいっておらず、つい友達のホームパーティーで知り合った行きずりの男とセックスしてしまう。その次の日からみるみる体調が悪化し、身体がおかしくなってゆくサマンサ。自分はどうなるのか不安に思いつつも、パートナーの愛を取り戻したいことが一番の優先事項である主人公は体調の悪さを隠して行動する。しかしその努力虚しく、主人公には最悪の結末が訪れる…。
*この映画には「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界」という続編があります

うん。もうゾンビになることは副題で分かってるんで。助かるのかな?なんていう希望も一切持たず、美しい主人公がどんどん腐っていき、思考もおかしくなっていく(元からおかしかったのかもしれませんが)様子を見ていくという映画です。主人公がかわいそう、その一言に尽きる…なんかおなじようなことをも言ったような…。

そんな、ビックリ邦題の「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」に対するおすすめ度は・・・

おすすめ度(5段階):★★

副題でネタバレっていう、結末が分かりきった映画なんですが、「大事なのは過程」っていう珍しい映画ですからそれも許されると思いました。
実際、手に取って伊達さんにお勧めしてみたのも私ですし。(ただ、ゾンビ大量発生中のゾンビ社会で、ゾンビがどうゾンビとして行動するようになるのかみたいな感じかなって思ってたけど………あぁぁゾンビがゲシュタルト崩壊した)
人間がゾンビになっていくときにどういう風に感じているのかとかちょっと興味がありませんか?「かゆうま」では片付かない何かがあると思ったんです!実際は、特殊な主人公だったので………ゾンビになったのは主人公がちょっと変わってる人だったせいともいえなくもないような…。しかしゾンビ側にも人間としての生活があったっていうことがよくわかる映画となっております。いつもゾンビを狩りまくっている伊達さんの情操教育になったかもしれません(?)今もゾンビ倒したいって言ってるしだめかな。うん…

もうネタはバレているのですが、何一つ先入観を持ちたくない人はここから先は「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」を見終えてからにしてくださいね!(プレステのバイオハザード1のちょっとしたネタバレはあるかも)

映画考察記事一覧へ

<以下ネタバレを含みます>

登場人物

主人公:サマンサ
主人公の恋人:ニッキー
主人公の友人(レズ):アリス
主人公の友人(ノーマル男子):ライリー
行きずりの男:BJ(ブレンド・ヤフィー)

考察・感想(ネタバレ含む)

ゾンビになるパターンにはいろいろとありますよね。
大体は、そのゾンビに変異するウイルス等に感染している人が人間としての死を迎えると(心臓が止まるなど)、ゾンビとして動き出して活動開始って感じです。
または、極端に弱った場合(多くの場合はゾンビに噛まれた場合)も、死亡した場合との区別がつきづらいですが、ゾンビ活動開始します。
どちらも、ピンシャンしている人が、急にゾンビになり始めたりはしないわけです。

でも、「バイオハザード1」ではゾンビウイルスの研究に携わっていた人が徐々にゾンビになっていってしまったことが分かりますので、ピンシャンしている人がだんだんゾンビになってしまう作品も中にはあります。このバイオ1の登場人物は知らぬ間にゾンビウイルスに感染していたみたいなのです。
で、このスリーデイズ・ボディもこっちのパターンです。サマンサは元気だったにもかかわらず、ウイルスに感染したと思われたその直後から体に変調をきたしています。

しかしホント、サマンサはどこかのタイミングで絶対に病院で精密検査を受けるなり何なりできたはずなのに最後の最後までそれをせず、ゾンビになってしまいました…。(病院に行ったからって治るとも限りませんが…)
皆さんならどのタイミングで病院に駆け込むでしょうか?サマンサの3日間を追ってみましょう!

0日目

BJと接触(ゾンビウイルスに感染?)

1日目

  1. 夜おなかが痛くなって終了

2日目

  1. 朝起きたら、下腹部の皮膚が青く痣のように変色し、さらにシャワーを浴びている最中も下腹部から血がどばどば
    ↑本人は生理だと考える
  2. 味覚がおかしくなる
    ↑野菜を食べたら吐き出してしまう
  3. 聴覚もおかしくなる
    ↑頭の中にうるさい音が鳴るように
  4. 尋常じゃない量の血が尿に混じる。尿というよりもう血
  5. うずくまってしまうほどの腹痛に見舞われる
    ☆ここで婦人科を受診するが重篤な病気とは思われず。
    ↑症状は?と聞かれて、「なんだか体が変なんです」と答える。血尿のことも言わず、味覚、聴覚の異常も訴えず。大量の出血は生理だと結論付けられ、「外耳道炎と鼻かぜ」と診断される。下腹部の皮膚の異変は「壊死」と判明するが、ローションを塗っておきなさいで終了
  6. 恋人に「顔色が悪すぎる」と言われる
  7. 右目が真っ赤っ赤に充血し白目がほぼ血の色
    ↑本人「ゴミでも入ったかアレルギーかも」
  8. 壊死した部分から蛆がぽとりと1匹
    ↑本人気づかず
  9. 歯磨きしたら歯が抜けちゃった
  10. 少量の吐血(喀血?)
  11. 就寝するも飛び起き大量の吐血(喀血??)

3日目

  1. トイレにもたれた状態で目を覚ます。下腹部、口から大量の出血+黒目まで真っ赤状態
    ↑(市販?)目薬で対処
  2. お湯の温度を感じることが出来なくなり、熱湯を手にかけても平気状態
  3. 体のいたるところに青い血管が浮き出る
  4. シャワー中、髪の毛がごっそりと抜ける(お約束)
    ↑後頭部の髪の毛全滅( ゚Д゚)
    ☆さすがに病院に行こうとするサマンサを職場の人手不足が襲う!仕方なく病院ではなく職場へGO
  5. 爪が簡単にはがれるようになる
    ↑職場でサマンサが調理したサラダに爪混入
    ☆人手不足がどうとか言っていられないので、病院へ行く
    ↑血液検査をするも、結果が出るには当然時間がかかる…。真っ赤になった目などを見せるも、「何らかの性感染症」であるが正確な検査結果が出るまではろくな治療は出来ないと言われてしまう。「原因がわかるまで人との接触を避けろ」と、医者は感染拡大のほうの懸念をする。サマンサおわた
  6. もうやめたはずの薬仲間のところへ行って、また薬に手を染めてしまう
  7. 視界もぼやけておかしくなる
  8. 片目が真っ赤どころか、今度は黒目がない真っ白になる
    ↑目が良く見えないため、花が枯れてしまっているのに気付かず、花の展覧会に出展しようとして拒否される…顔もIDの顔写真と違うと判断されてしまった??(としても、どっちにしろ花がダメになってるので展覧会は…)
  9. 思考がソンビ的に狂暴化しているのか?男と寝たことがバレたため振られてしまったのでニッキーを絞殺
  10. ニッキーに男とのことをバラしたアリスに激昂するも、ニッキーを失った悲しみからか、アリスとキス。…の最中に大量に吐血(しつこいようだけど喀血かも?どっちでもいいけど)
    ↑アリスにも嫌われ、通報されそうになったので伝家の宝刀「首筋に噛みつき」でアリス殺害。もう立派なゾンビ
  11. ライリーをアリス宅に呼び出しセックスするも、サマンサの膣内は蛆虫だらけだった
    ↑ライリー、トラウマもの(´・ω・`)
  12. 錯乱状態から意識を失う
  13. 完全にゾンビ化し、理性を失う

サマンサがゾンビになる過程でこのように段階を踏んでいました。が、サマンサはレズビアンであること、薬中だった過去があること、自傷癖があることなどから、普通の人と判断が同じだったと考えてはいけないかもしれません。
男を毛嫌いしているニッキーに知られたくない一心で、自分におかしな感染症をうつしたと考えられるBJと接触を持ったことも警察に言おうとしませんが、普通の人は死ぬよりましだと思って警察に事情を話しに行くでしょう…。
BJはすでに警察に捕まっているので(サマンサもアリスからそれは聞いた)、もしかしたら治療する術があったかもしれないのです。
極端にニッキー(自分を想ってくれる人?)を失うことを恐れる性格だったため、結局ゾンビになるしか道がなかったと思われます。

それにしても3日でゾンビ完成はかなりのスピードコースですよね。
歯が抜けたり目が真っ赤っかな時点でもう救急車じゃなかったら間に合わなかったかな…?でも、倒れでもしない限りなかなか救急車を呼べないのが人の常。まだ一応身体が動く上、親に心配されると反発してしまうサマンサには存在しない選択肢だったようです。
終盤は、ゾンビになりかけてるのに一生懸命それを隠して人に好かれようとするサマンサの行動は「今そんなことしてる場合じゃないだろ!」と思うようなことでしたが、普通の判断力を持った人でも、3日間しか時間がないんじゃ最善を尽くそうが駄目だったかもしれない…と思うとサマンサは最後まで自分を貫き通したので偉いと言えば偉かったのかも…(・_・;)

セックスやらドラッグやらのシーンが多かったこの映画ですが肝心なものは何も見えていないのでR-12ですらない…よねこれ。
でもあんまり教育的には良くない気がしました。

で、肝心なBJさんの正体は不明のままでした。映画の冒頭シーンで、死体に対して何かしている…ということしか分かりません。アリス宅でのパーティー以来、一切出現しないし、サマンサもBJが捕まっても警察に行かないので。
何だったんでしょうねぇ…。警察に追われるということは政府の組織が秘密裏にゾンビウイルスを開発していて、一般人をひそかに実験台にした、とかじゃないので、テロリスト…だったのかなぁ。

映画考察記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?